連載官能小説『喫茶グーテンベルク』最終回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』最終回

「由美子さん、そろそろ、体位を変えてみましょうか?」

「え? 体位を変えるの?」

「はい。バックでお尻を突きたいです」

「わかったわぁ。後ろからたくさん突いてぇ……」

学は一旦バイブとペニスを引き抜き、由美子を四つん這いにさせると、お尻を高く上げてもらった。

アナルはくぱぁと広がりを見せ、内部の様子までがよく見える。

学は、尻穴にペニスを押し当てる。

ぬるりと怒張は吸い込まれていくのであった。

「うぉ、後ろからだと、また違った刺激がありますね」

「はぁん、深い……、お尻の奥までおち×ぽが届くのぉ」

「奥から一気に引き抜いてあげますからね」

「ンッ、んんぁ、あぁ、アァッ。ダメェ、これ以上されたら、ホントに変になってしまうわぁ」

「変になってもいいですよ。俺もトコトンやりたいですから、一緒におかしくなりましょう」

「んぐ、あぁん、お尻が熱くて……、おち×ぽも太くて、アァァツ、気持ちいい、何度もイッちゃうわぁ」

学は腰をリズミカルに降り続け、ピストン運動を続けていく。

由美子の尻穴にずっぽりとペニスが吸い込まれていき、内部をメリメリと開拓していくのであった。

「由美子さん、おっぱいも弄ってあげますよ……」

「んんー。ンッ……、はぁん、おっぱいも弄ってくれるのぉ? やってぇ、たくさん揉んでほしいのぉ」

姿勢を前よりにすると、学はたわわに実った乳房を揉み始めた。

マシュマロのように柔らかい乳房は、学の手のひらの中でぐにゃりと潰れる。

「きゃん、おっぱい揉まれると、興奮しちゃう……、お尻におち×ぽ突っ込まれてるのにぃ。どんどん変な気分になっていくわぁ」

「由美子さんのおっぱい、触り心地がいいですね。揉み応えがあります」

「んん。んぁ、あぁ、ァツ。はぁん、もっと、もっと、お尻を突いて欲しいのぉ」

「もっとですね。さっきよりも強めにいきますからね」

「うん、強くしてぇ、お尻を思いっきりズボズボって掻き回してほしいのぉ」

学は、乳房を揉みしだきながら、さらに腰の動きを速めていく。

恐ろしいスピードで抽送を続けると、彼も素晴らしい快感に包まれていった。

「んぉ……。気持ちいい……、おっぱいを揉んだら、お尻がキュッと締まったような気がします」

「んぁ、わかんないけど、お尻がビクビクって震えちゃうのぉ。それだけ気持ちよくなってるわぁ」

「もっと気持ちよくなってください。俺も気分がいいですよ。由美子さんのアナルを犯せて最高の気持ちです」

圧倒的な征服感が学を覆っていく。

バックから挿入すると、由美子を屈服させたような気持ちになり、牡の欲望が刺激されるのである。

「はぁん、学君、おち×ぽでお尻が……、んん、あぁ、たくさん突かれてるぅ」

「そうですよ。どうですか? 俺は気持ちいいですよ」

「うん、とっても気持ちいい……、お尻をズボズボされると、あぁん、ンッ……んんぁ……」

「由美子さん。後ろから挿入ずると、やっぱりいいですね。犯している感じがします。アナルを無理矢理している感じがして、なんというか、素敵ですよ」

「うぅ、そうなの、無理矢理されてるみたいで、私も興奮しちゃう……。あはぁ、んん、んー」

由美子はカラダをブルリと震わせながら、快感を表現していく。

甘い桃色の吐息が漏れていき、かなり興奮している様子が見て取れる。

「バックからだと、奥まで入りますね。そこから一気に引き抜いてあげますから」

「きゃん、引き抜いてぇ、そうされると、もう耐えられないのぉ」

「わかってますよ! よし、いきますよ、ほら!」

と、学は告げると、深く挿入したペニスを、ずちゅっと素早く引き抜いた。

この時の快感は素晴らしい。

排泄するときに、若干の快感があるものだが、今回のそれは、段違いにすごかった。

とにかく痛烈な悦楽が、降りかかってくるのである。

「んんぁ、きゃー、ダメェ、そ、そんな風にされたら、おかしくなっちゃう。イキ狂っちゃうのぉ」

「イキ狂ってもいいですからね。俺もトコトンしますから」

「ダメェ……、イキまくっちゃうわぁ……、あん、っ、んあぁ」

腰の動きを一層強めていく学は、ガンガンと突きまくる。

すると、彼も心地いい射精感を覚え始めた……。

ゆっくりと、染み渡るような快感が、カラダ中を広がっていく。

「うぉ、由美子さん、気持ちいい……、俺も、イキたくなってきました」

「学君、一緒に来てぇ、一緒にイキたいのぉ……」

「わかりました。由美子さん、一緒にイキましょう!」

学は最後の力を振り絞って抽送を続けていく。

にちゅ、くちゅ……。

直腸内を掻き回す淫音が、室内に流れ込んでいく。

突きまくるほどに、淡い悦楽が発生し、学を心地よくしていくのであった。

同時に、由美子も強いアクメを覚えている……。

既に何度もイッているのであるが、再び絶頂感が襲ってくるのであった。

「きゃん、ダメェ、気持ちいいの来たぁ……、あぁん、ゾクゾクしちゃうのぉ……」

菊穴を鋭く突かれ、由美子は卒倒寸前になっていた。

だが、それが心地いい。

ここまでアナルで気持ちよくなってしまうと、もう元には戻れないような気がした。

「学君、最後……、最後にもっと突いてぇ……」

「はい、いきますよ!」

腰の動きを最大にまで高めた学も、とうとう限界を迎えつつあった。

断続的だったアクメが、やがて短い感覚になり、絶頂感を覚えていく。

「うぉ、由美子さん、ダメだ、イキます! 精子が出ます」

「お尻の中にたくさん精子を出して欲しいのぉ……、ビュルビュルってちょうだいぃぃー……」

「出る! お尻の中に精子を出します! うおぉぉぉー」

高らかに吼える学。

次の瞬間、牡の欲望が一気に放出された……。

ビュルビュルドビュ。

白濁色の子種が、勢いよく直腸内に放出される。

「んんー。出てる、お尻の中に精液がたくさん出てるのぉ」

「はい、気持ちよすぎてどんどん出ちゃいます」

「私もイクゥ……、ダメェェェ」

同時に、由美子もアクメを迎えた。

ガクンとカラダを震わせながら、目を半開きにして快感を味わっていく。

たっぷりとスペルマを吐き出した学は、そのままベッドの上に崩れ落ちた。

結合部分からペニスを引き抜くと、アナルからゴポっと白濁色の精液があふれ出してくる。

それは、どこまでも淫靡な光景であり、学を満足させた。

「由美子さん、ありがとうございます。すごく気持ちよかったです」

「私も、お尻がこんなにいいなんて知らなかったわ。とっても気持ちよくなれたの」

由美子はそう言うと、学をギュッと抱きしめた。

そして、甘く切ない口づけをかわしていく……。

「んちゅ、ちゅ」

「由美子さん……、あぁ、最高ですよ」

「学君、まだ物足りないの……、もう一回してぇ」

「もちろんです。俺、何度だって由美子さんとしたいんです」

二人はアナルセックスの余韻に浸る間もなく、次のプレイに移行しようとしている。

肉欲の続く限り、学と由美子は愛し続けるだろう。

喫茶グーテンベルクは、今日も平和である――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました