告白手記『カフェオーナーの秘密』第2回

告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』第2回

初めてのフェラチオは、どこまでも僕を気持ちよくしてくれる。

こんなにも気持ちいい体験があるのだと、感慨深くなるのである。

「んぉ、桜さんの口の中、温かくて、ヌメヌメして気持ちいいです」

「んじゅ、じゅる、じゅるん。秀樹君のおち×ぽ、とっても美味しいわぁ。クセになっちゃいそう」

ち×ぽが蕩けそうになっていく。

ずっと口唇愛撫を続けていると、何というか射精感のようなものがせり上がってくるのであった。

「んちゅ、ちゅぱ、ちゅぱん、んじゅる。秀樹君、おち×ぽがビクビクしてるわよ」

「はい、それだけ気持ちいいんです。あぁ、このままだと、あんまり持ちません」

「イキたい時にイッていいからね」

「く、口の中に、出してもいいんですか?」

「んじゅる、口の中に出したいの?」

「はい。できれば」

「わかったわ。なら口の中に出してもいいわよ。私が受け止めてあげるからね」

「ありがとうございます」

断続的なアクメの感覚がやがて詰まってくる。

フェラチオは、オナニーとは全く違う。

自慰行為では味わえない快感を、生み出してくれる。

僕はグッと下半身に力を入れて耐えていたが、どんどん耐えるのがしんどくなってくる……。

「うぉ、ダメだ、由美子さん、イキます! 精子が出ます」

「うぐぅ、精子出してぇ、たくさん口の中に……」

とうとう、僕の中で何が始める。

途端、オルガスムスという名の快楽が襲ってきて、僕は射精をしてしまった。

ビュルビュルドビュ!

「うぉぉ、精子がたくさん。止まらない……」

「ん、ァツー……、んんー」

桜さんは、僕の精液がすべて口で受けて止めていく。

ぬるりと舐めらかな口腔内の粘膜が、淡く僕のペニスを包み込んでいくのであった。

「んん、ンッ……、あぁん、ゴックン」

なんど、桜さんは僕の精液を飲み下してくれた。

彼女の咽頭が震える音が、僅かに聞こえたような気がする。

「桜さん。精子飲んでくれたんですか?」

「うん、あまりに量が多くて飲むしかなかったの……。でも、秀樹君の精液、とっても濃かったわよ」

「ありがとうございます。ホント嬉しいです」

「ねぇ、私もムラムラしてきちゃった。今度は私を気持ちよくしてくれない?」

「いいんですか?」

「女の人のあそこが見たいでしょ?」

「はい。見たいです」

「見せてあげようか?」

「お願いします」

「ウフ。正直な子は好きよ。じゃあこっちにいらっしゃい」

そう言うと、由美子さん店内の方に出て行った。

僕もそれに続く。

そして、開いた席に座ると、足を左右に広げた。

パンツを穿いていないようなので、くっきりとあそこが見える。

僕はおま×こを見るのが初めてだ。

今の時代、無修正のアダルト動画とかがあるけれど、僕はそんなものは見てこなかった。

だからこそ、初めて見る女性器に、純粋に感動していたのである。

「こっちの太いお肉が、大陰唇って言うの」

「はい」

「その奥には、小陰唇って言うビラビラがあるのよ。さらにおち×ぽを挿れる穴があるわ……」

僕は食い入るようにおま×こを見つめる。

桜さんのあそこは、とてもキレイで、淡いピンク色をしていた。

それがまたかなり卑猥で、僕を強く興奮させていく。

「そんなにじっと見て……、見られると恥ずかしいわ」

「もっとよく見たいです」

「んん、あぁん。ダメよ、それ以上近づいちゃダメ」

「で、でも、触らないと気持ちよくできませんよ」

「フフ。なら、手を出して」

「こうですか?」

僕はスッと手を伸ばす。

すると、桜さんはその手を取っておま×こに押し当てた。

(あぁ、熱い)

と、僕は体温の熱を感じる。

桜さんのおま×こは、火傷しそうなくらい熱くなっていた。

「どう、おま×この感じは?」

と、桜さんが聞いてくる。

僕は正直に答えた。

「すごく、熱いです」

「そうよ。それだけ興奮してるの……、だって、さっきまでオナニーしてたし、あなたのおち×ぽを舐めながら」

「あの。もっと触ってもいいですか?」

「うん。その代わり乱暴にしちゃダメよ。優しく扱うの」

「もちろんです」

僕は手の指を膣口の押し当てた。

ぬるりとした淫蜜が噴き出しており、それが指に付着した。

「おま×こ、濡れてます」

「女の人が、興奮するとあそこを濡らすのは知ってるでしょ?」

「一応ですけど」

そのくらいの知識はあったが、実際に目の当たりにするのは初めてであった。

だからこそ、興奮が高鳴り、僕はますますクラクラしてきた。

「おま×この中に指を挿れてみて」

「はい」

僕は膣内に指を挿れる。

しっとりとしている。

それに、じわっとした潤みを感じるのであった。

「ンッ……、んぁ」

桜さんの口元から桃色の吐息が漏れる。

「気持ちいいんですか?」

「うん。おま×こクリクリされるの気持ちいいのぉ。もっとしてぇ」

僕は必死になって、桜さんのあそこを弄った。

弄るほどに、女の部分は潤みを増していき、指先にしっとりと淫蜜が付着する。

「桜さん、どんどんおま×こが濡れていきます」

「はぁん、だって気持ちいいんだもん。秀樹君、初めてのクセに触るのがとっても上手よ……」

自分でも、上手いか下手なのかはよくわからない。

でも、褒められたみたいで、僕は嬉しくなった。

指を膣内の奥深くまで入れると、膣ヒダの、ねっとりとした感触が指先を覆っていくのであった。

「桜さんのおま×こ、なんかヒダがあるみたいです」

「うん。そうなの、私のあそこって独特みたいなのよね。えっと、確かカズノコ天井って言うらしいわよ。知ってる?」

僕はその単語は知らなかった。

だけど、何となく卑猥なフレーズであると感じる。

「わかりません」

「んとね。なんかおち×ぽを挿れると、とっても気持ちよくなるみたいよ。ピッタリと吸いつくんですって」

「そうなんですか?」

「挿れてみたい?」

「いいんですか?」

「いいけど、私をもっと気持ちよくさせてくれたら、ご褒美でセックスしてもいいいわよ……」

僕はその言葉を聞いて、心の底から嬉しくなった。

憧れである桜さんとセックスできる。

それは、大きな悦びである。

「あの、おま×こ舐めてもいいですか?」

「舐めたいの? でもおトイレにも行ったし、臭うかもしれないわよ」

「桜さんのカラダに、汚い場所なんてありませんよ。舐めさせてください」

僕は必死だった。

すると、桜さんはにっこりと笑い、

「じゃあ舐めて……、舐めなめして気持ちよくしてほしいの」

「ありがとうございます」

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました