告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回

告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回

僕は、桜さんのおま×こに顔を近づける……。

初めて、生のあそこの匂いを嗅ぐ。

一体、どんなニオイがするんだろう?

鼻を膣口に近づけると、ツンとした香りが鼻を突いた。

リコッタチーズのようなやや熟れた香りである。

しかし、決して不快な香りではない。

むしろ逆に、興奮を誘ってくれる香りだと感じた。

「桜さん、おま×こからエッチな匂いがします」

「やぁん、そんな、匂いとか嗅いじゃダメェ……」

「ものすごくいい匂いですよ。堪りません……」

僕は必死になって、クンカクンカとあそこの匂いを嗅ぎながら、さらに舌を突き出した……。

そして、滑っている膣口を、レロレロと舐め始める。

「ンンン……ァツ。ぁん」

僅かに塩気を感じる。

これが、おま×この味なのか?

「んちゅ、ちゅちゅ」

あそこを吸い上げるように舐めると、桜さんの口元からよだれがツツっと垂れた。

それが電球の光に照らされて、煌びやかに光って見える。

「おま×こ、美味しいです」

「んんぁ、あぁん。ダメェ、そんなに舐められたらぁ」

「はむ、んちゅ」

「ねぇ、秀樹君、クリも……、クリも弄ってくれない?」

「クリってクリトリスですよね? えっと……」

正直僕は、クリトリスの場所がわからず困った。

すると、桜さんが指で陰核の場所を指さした。

「クリトリスはここよ」

膣口の上方に、包皮に包まれた箇所がある……。

どうやら、そこがクリトリスのようであった。

「包皮を剥いてみて」

と、桜さんは告げた。

言われるままに、僕は陰核を指で押してみる。

すると、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してきた。

「んんぁ、あぁん。そこを、そこを弄ってぇ……」

「んちゅ、レロレロ。ちゅぱ」

僕はクリトリスを舌で転がした。

プクっと膨らんだ雌芯は、生きているかのようにヒクヒクと動いている。

「あぁ、ダメェ、我慢できないぉ……、もう、イク! イッちゃうのぉ」

途端、桜さんのカラダがガクッと震えた。

そして小刻みにカラダを震わせると、そのままイッてしまったようである。

おま×こがヒクヒクと痙攣したような気がした。

「桜さん、イッたんですか?」

「うん。そうみたい、すごく気持ちよかったわよ」

「よかったです」

「そうしたら私をイカせたご褒美をしないとね。セックスをしてあげる。したいでしょ?」

「はい、したいです」

「なら、おま×こにおち×ぽを挿れて……。そしてズボズボするの」

そう言うと、桜さんは立ったままお尻を突き出し、くねくねと動き始めた。

店内である関係上、寝てセックスはできない。

つまり、必然的に挿入は立ちバックになるのだ。

「後ろから挿れてぇ……。挿れる場所はもうわかるわよね」

「はい、大丈夫です」

僕は腰を落とすと、桜さんのお尻のお肉をくいっと左右に開いた。

そうすると、秘部がくぱぁを顔を出し、挿れやすくなる。

「桜さん、挿れますよ?」

「うん、来てぇ」

僕は迷わずイチモツをあそこに突っ込んでいく。

初めてのセックスの体位が、立ちバックというのは、なかなかの難易度かもしれない……。

だけど、意外とスムーズに挿入できて、僕は一安心する。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが膣内に吸い込まれていく。

「あぁ、すごい、これがおま×この中ッ!」

それはとてつもない快感であった。

ぬるりと滑っている膣内は、トロリと蕩けそうで、それでいて熱を帯びている。

同時に、ピタッとペニスに吸いつき、キュウキュウと甘締めをするのであった。

「おち×ぽでおま×こをズボズボしてぇ……」

「はい、わかりました。いきますよ」

僕はおま×この中の感触を味わいながら、徐々に抽送のスピードを速めていった。

「うぉぉ、すごく気持ちいいです。これがセックスなんですね」

「勢いであなたの童貞を奪っちゃったけど……、ホントによかったのかしら?」

「はい。俺、桜さんで童貞を卒業できてうれしいです」

「フフ。嬉しいわ。おち×ぽをシコシコして気持ちよくなってね」

膣内は、ヌメヌメして温かく、それでいてペニスをピッタリと包み込んでくれる。

この感触は、オナニーでは味わえない。

とにかく、ゾクゾクしてしまうのだ。

「ぐぅ、あぁ、桜さん、ち×ぽが蕩けそうだ……」

「あぁん、私も気持ちいい……、秀樹君のおち×ぽ、とっても大きいからぁ」

「気持ちよすぎて、変になりそうですよ……、セックスって素晴らしいです」

「ハァハァ、秀樹君、奥に、奥におち×ぽを当てて、突き上げてほしいのぉ」

「奥がいいんですね? わかりました。深めに挿入していきますよ」

「赤ちゃんの部屋の入り口をノックされると、とっても気持ちいいのぉ。だから、もっと突いてぇ……」

僕はリズミカルに腰を動かし、なるべく奥深くまで挿入できるように工夫していった……。

グッと桜さんの臀部を抑え、下から突き上げるような形で挿入していくと、何となく奥まで入るような気がした。

「きゃん、あぁん、それ、いい! すごく気持ちいいのぉ」

「僕も気持ちいいです……、あぁ、ホントに最高の気分だ」

「秀樹君のおち×ぽ、すごく大きいから奥深くまで刺さるわぁ」

じゅる、めちゅ……。

結合部分から、淫らな糸が伸び、さらに淫音が鳴り響いていく。

僕はますます興奮し、力いっぱい腰を動かし続ける。

とにかく、気持ちいい……。

興奮しきった僕は、姿勢を前傾にさせていき、顔を近づけた。

ぽってりとした桜さんの唇が視界に映る……。

堪らなくなった僕は、思いっきりキスをした。

「んちゅ、ちゅちゅん」

「あぁん、キスされてる……、キスされながら、おま×こを突かれてるのぉ……」

「桜さん、あぁ、堪りません……」

「もっと、もっと突いてぇ、キスされながら、ズボズボされると気持ちいいからぁ」

「はい、わかりました」

僕は、力の限りを尽くして抽送を続けていく……。

気持ちよさが段違いで、僕を包み込んでいくのであった。

「あふぅん、秀樹君、あぁん……、ダメェ、私、またイッちゃう……」

「桜さんイキそうなんですか?」

「うん、思いっきりイキたいのぉ」

「僕もイキたい。桜さんの中に精子を出したいです」

「中に出したいの?」

「はい、ダメですか?」

「いいわよ。特別に許してあげる。でも、最高に気持ちよくさせてよね」

「はい!」

僕は最後の力を振り絞って突きの一撃を繰り出す。

すると、強いアクメが襲ってきて、やがて耐え切れなくなる。

途端、牡の欲望が弾けた!

ビュルビュルドビュ!

勢いよく、白濁色の子種が放出された。

「あぁ、出てる、おま×この中に精子がたくさん。んんぁ、中出しされるの気持ちいいのぉ……」

「僕も気持ちいいです。どんどん精子が出ていきます」

僕はたっぷりと吐精し、満足感に包まれた……。

最後の一滴まで精子を絞り出し、ゆっくりとペニスを引き抜く。

すると、ドロリと結合部分からスペルマがあふれ出した。

「あぁん、精子が流れ出ちゃう」

「おま×こから流れる精子が、ホントに卑猥です」

「秀樹君、今日のことは二人だけの秘密だからね」

「もちろんです。あの、これからも僕、桜さんと関係を続けたいです」

「そうね。内緒の関係を続けるものいいかもしれない、それに、私たちカラダの相性もいいみたいだし」

こうして、僕らは今後も関係を続けることになった。

僕の憧れである桜さん。

これからもずっと一緒にいられると思うと、僕は心の底から嬉しくなった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました