官能小説レビュー 第99回『堕とされた美姉妹~どうかその娘だけは助けて下さい~』

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第99回『堕とされた美姉妹~どうかその娘だけは助けて下さい~』

画像引用元:https://ebook-assets.dmm.co.jp/

こんにちは、蛞睡々です。

今回は、凌辱系の官能小説をご紹介します。

 

その名は――。

 

「堕とされた美姉妹~どうかその娘だけは助けて下さい~」

 

と、いう作品です。

著者は、黒瀧糸由さん。

 

コチラの作品は2020年の5月に、ぷちぱら文庫のオトナ文庫というレーベルから発売されました。

 

姉の秘密を守るために、幼気な妹が脅迫男に抱かれていきます。

本記事では、「堕とされた美姉妹~どうかその娘だけは助けて下さい~」の詳しい構成や、主な見所などをまとめます。

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は、全4章の構成です。

ぷちぱら文庫の作品には珍しく、プロローグやエピローグがつきません。

それでは、主な登場人物と、詳しい章の構成を見ていきましょう。

 

登場人物

 

  • 神野恵司(じんのけいじ)……学園の用務員をする主人公。兄からひどい仕打ちを受けている
  • 神野省吾(じんのしょうご)……恵司の兄 女癖が極めて悪い
  • 綺瀬優花(あやせゆうか)……学園の教育実習生 省吾が好き
  • 綺瀬花澄(あやせかすみ)……学園の生徒 省吾に憧れている

 

ストーリー

 

第1章

 

神野恵司は綿貫学園という高校の用務員をしています。

ただ、そこでは本名ではなく、偽名である野神恵司と名乗っているのです。

 

その理由は、兄である神野省吾にあります。

省吾は学園の教師であり、ルックスがよくかなりモテるのです。

その結果、教育実習生である綺瀬優花をものにしてしまいます。

 

省吾は、とにかく女癖が悪く、たくさんの女子たちと関係を持っているのです。

恵司は、そんな兄を軽蔑しています。

 

ですが、あまりに境遇が違い過ぎて、兄の省吾からは家族の縁を切られているのです。

用務員としても差別され、底辺の生活をしている中、彼には癒しがありました。

 

それは、綺瀬花澄と話をすることでした。

ですが、花澄は省吾に憧れています。

ただ、省吾は女癖が悪いので、このままいけば花澄は傷ついてしまうでしょう。

 

それを知った恵司は、花澄にすべての真相を話すのですが、信じてもらえず、逆に軽蔑されてしまいます。

 

全てを失った恵司は、省吾を始め、優花や花澄に復讐することを誓うのでした。

 

第2章

 

恵司は、省吾と優花がセックスしている映像をスマホに撮っています。

それを使って、花澄を篭絡しようとするのです。

 

花澄に向かって、姉のことを助けたければ言うことを聞けと告げます。

仕方なく、花澄は命令を受け入れるのです。

 

恵司は失うものがないので、とにかく貪欲に花澄を虐げていきます。

実は、花澄は省吾のことを考えてオナニーしていたのです。

それを知った、恵司はより一層花澄に近寄り、強引にペニスをしゃぶらせます。

嫌がる花澄でしたが、弱みを握られているので抵抗できません。

結局、言われるままにフェラチオをして、耐えるしかありませんでした。

 

ただ、当然これだけで終わるわけはありません。

興奮しきった恵司は、花澄が処女だと知り、純潔を奪います。

必死に抵抗した花澄ですが、姉を守るためにセックスを受け入れるのです。

 

こうして、恵司は花澄をものにして、満足感に浸っていきます。

しかし、これで終わりではありません。

今度は、花澄とのセックスの映像を撮りおさめ、それを使って優花を陥れようとするのです。

 

花澄のセックスをバラされたくなければ、いうことを聞けと優花を脅迫します。

優花も妹が大事なので、泣くなく要求を受け入れます。

恵司は、パイズリさせたりフェラさせたりして、最終的にはセックスをして、陥れていくのです。

 

彼は、優花、花澄の二人を手に入れるのですが、これで復讐が終わったわけではありません。

恵司の欲望はとどまることを知らなかったのでした――。

 

第3章

 

相変わらず、恵司は省吾に虐げられています。

その恨みを、優花と花澄を使って晴らしていくのです。

 

いつものとおり、優花を呼び出した恵司は、夜の学校の廊下で、オナニーをさせます。

誰か来るかもしれない環境の中、嫌々オナニーをする優花でしたが、カラダは正直であり、感じてしまうのです。

 

それを見抜いた恵司は、そのまま、優花を犯していきます。

中出しではないのですが、屈服させるようなセックスをしていくのです。

同時に、優花は少しずつ恵司に対し省吾にはない精力みたいなものを感じていきました。

 

また別の日、恵司は花澄を呼び出し、全裸にさせます。

そして、シックスナインを強要していくのです。

嫌がる花澄ですが、抵抗しても無駄なので結局は受け入れます。

 

彼女も、少しずつ変化していき、犯されている環境に悦びを見出していくのです。

嫌がっている割に感じてしまい、犯され続けるのでした。

 

一方、優花も変化していきます。

並行して省吾にも抱かれるのですが、どこか満足できないのです。

どうしても、恵司とのセックスを思い出してしまいます。

 

その結果、恵司に抱かれることを悦びつつあったのです。

優花は、恵司に抱かれ、省吾からでは得られない快感を覚えていくのでした。

 

こうして、優花と花澄の二人は、着実に恵司の手中に堕ちていきました。

 

第4章

 

花澄は着実に恵司の中に堕ちていくのですが、優花は結構粘ります。

最後まで、省吾を信じているのです。

 

恵司は優花を屈服させようと、色々骨を折ります。

セックスは確実に自分の方が気持ちよくさせている。

その自覚はあったのですが、最後の一歩が出ないのです。

 

そんな中、花澄は省吾の真の正体を知ります。

そして、恵司が言っていたことがすべて正しかったと悟るのです。

そこで、彼女は自分から恵司の下へ行き、謝るのでした。

 

恵司は謝罪の代わりにセックスをさせ、気持ちよくなっていきます。

ここで、花澄は完全に堕ちました。

同時に、恵司は花澄ともう一人、優花を手に入れるために動きます。

 

なんと、優花を犯している映像を省吾に送りつけるのです。

そして、喘ぐ姿を見せつけ、自分の方が優っていると印象付けます。

省吾は怒りまくるのですが、とうとうボロが出てしまいます。

 

何人もの女子をつまみ食いしていため、ある女子生徒から訴えられるのです。

その結果、学園にはいられなくなり、さらに、さかのぼっての罪が暴かれたため、刑務所行になりました。

 

恵司はというと、相変わらず用務員を続けていましたが、変化が生まれます。

実は、彼は優花と花澄と一緒に暮らし始めるのです。

 

最終的に、三人で幸せなセックスライフを送ると示唆されたところで、物語は終わりを迎えます。

 

「堕とされた美姉妹 〜どうかその娘だけは助けて下さい〜【電子書籍限定特別増量版】」の購入はコチラから

「堕とされた美姉妹 〜どうかその娘だけは助けて下さい〜」PCゲーム版の購入はコチラから

 

□凌辱度はそこまで高くないが興奮できる官能小説

 

本作品は、一応凌辱系の官能小説というくくりです。

ただ、本格的な凌辱モノと比べると、ややソフトな印象がします。

 

比較的、堕ちるまで時間がかかるので、その点は高評価。

虐げられながらも、徐々に快感を見出していく、二人の女性が素晴らしいです。

 

まずは、姉の秘密を守るために、妹の花澄が恵司の餌食になります。

花澄は最初、嫌がっているのですが、次第に恵司とのセックスの虜になっていくのです。

 

徐々に女を開発されていく花澄が、本当に魅力的で読み応えがありました。

また、もう一人のヒロイン、優花も恵司の餌食になっていきます。

 

優花は結構長く省吾の呪縛にかかったままなのですが、最終的には恵司の手に堕ちます。

省吾を想い続けながらも、イヤな恵司に抱かれる姿は、見ていて興奮できました。

 

凌辱モノですが、決して女の子にひどいことをしまくるような小説ではないので、読み心地は悪くないです。

 

楽しいだけでなく、スッキリと読めるので、凌辱モノが苦手な人でも大丈夫だと感じました。

 

□読後感は良い! 理不尽な兄を蹴落とす下克上ストーリー

 

本作品の悪役である省吾は、かなり嫌な奴です。

ですが、女性受けはよく、手あたり次第女を抱きまくっています。

 

そんな省吾に虐げられるのが、弟の恵司です。

彼らは兄弟なのですが、実質的には絶縁状態になっています。

 

省吾の秘密を握った恵司は、少しずつ復讐をしていきます。

省吾の女である優花を奪い、さらに、セックスの技術で彼を上回るのです。

 

その結果、優花も花澄も、最終的には手に入れます。

また、省吾は最後に恵司に復讐され、地に落ちていくのです。

 

嫌な相手を蹴落としていく下克上的なストーリーなので、読んでいて爽快感があります。

これが、凌辱モノの中でも、読後感がいい形に仕上がっている要因だと感じました。

 

本作の著者、黒瀧糸由さんは、いちゃラブ系の作品に強い作家さんだと思っていましたが、凌辱系でも力を発揮する、素晴らしい作家さんだと感じました。

 

爽快感のある官能小説が読みたい方は、この作品を絶対にオススメします。

 

□ゲスな兄貴に復讐し大団円を迎えるオススメの官能小説

 

いかがだったでしょうか?

今回は、黒瀧糸由さんの「堕とされた美姉妹~どうかその娘だけは助けて下さい~」という作品をご紹介しました。

 

コチラの作品は、ジャンルとしては凌辱モノですが、そこまで痛烈な感じではないので、多くの方に受ける作品だと感じました。

 

また、ゲスな兄貴に復讐し下克上を起こすストーリーなので、読んでいて爽快感があります。

凌辱モノの中には、読後感が悪いものもたくさんありますが、この作品はそんなことありません。

 

スッキリ読めるので、ぜひ、堪能してみてくださいね。

 

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。

「堕とされた美姉妹 〜どうかその娘だけは助けて下さい〜【電子書籍限定特別増量版】」の購入はコチラから

「堕とされた美姉妹 〜どうかその娘だけは助けて下さい〜」PCゲーム版の購入はコチラから


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました