告白手記『家庭教師』第1回

告白手記

告白手記『家庭教師』第1回

私は、いわゆるブラック企業に勤めていたのですが、精神を病んでしまったため、退職しました。

無職になった私を待っていたのは、家庭教師という仕事でした。

仕事を辞めてから最初の数週間は、リラックスしてすごせていたのですが、あまりに長く休んでいると、どうしても気分が焦ってしまうのです。

そこで、近所の高校生の勉強を教えるということになり、私は家庭教師になりました……。

「こんにちは、優希君。私は眉村冴子。年齢はナイショよ。これからあなたの英語を教えます」

私が教えることになったのは、佐々木優希君という高校三年生です。

一応大学進学を希望しているらしく、みっちりと教えてもらいという両親の希望がありました。

私は大学時代、英文科を出ているので、それなりに英語には自信があります。

高校生くらいの英語であれば、問題なく教えられるでしょう。

ただ――。

「めんどくせぇー」

家庭教師として優希君を教える初日、彼はそんな風に呟きました。

どうやら、優希君はあまり勉強が好きではないようです。

「とりあえず教科書を開いて。さぁ、やってみましょう」

「冴子先生。俺、英語が苦手なんです。全然よくわからないから」

「そうなの。でも大丈夫。基本的なことから教えてあげるから」

「うん。だけど……」

優希君の英語力は、正直に言うと全然ダメでした。

高校一年生レベルの基礎ができていないので、応用が全く効かないのです。

それでも、少しずつ勉強を進めました。

すると、優希君も慣れてきたのか、段々朗らかになっていきます。

そして――。

「ねぇ冴子先生。先生っておっぱいが大きいですよね?」

「な、何を言っているの急に」

「いや、すごく大きなって思って」

「とにかく勉強に集中しなさい。まったく何を考えているの」

「あの、先生、一つ提案があるんです」

「提案?」

「はい。今日の勉強が終わったら、ご褒美におっぱいを見せてください。そうすれば、俺もっとやる気になります」

「そ、そんなこと」

私はどうするべきか迷いました。

優希君にはやる気を持ってもらわないとなりません。

そうしないと、大学進学は難しいでしょう……。

また、仮に優希君が大学受験に失敗すると、教えた私の責任問題にもなりかねないのです……。

「冴子先生、お願いです。ちょっと見るだけでいいですから」

「だけど、そういうのってやっぱりよくないわよ」

「でもそうしないと、俺やる気にならないんです。生徒のやる気を挫くんですか?」

「そう言うわけじゃないけど」

「なら、約束してください。勉強が終わったら、おっぱい見せてください」

「見るだけよ。ホントに見るだけだからね……」

「もちろんです」

「じゃあ、勉強が終わったら少しだけ見せてあげます。だから、ちゃんと勉強するように……」

私は流されるままに、そのように約束してしまいました。

すると、優希君はウキウキしながら勉強を始めます。

やがて、授業時間が終わり、次の授業の説明を終えると、優希君が言いました。

「冴子先生、約束覚えてますよね?」

「う、うん。でも、ホントにするの?」

「当たり前じゃないですか? ここで裏切られたら、俺もうやっていけません」

「見るだけよ、それにちょっとだからね」

私は仕方なく、上着を脱ぎ、ブラウスのボタンを外して、その隙間から胸の谷間を見せました。

優希君も言うとおり、私は胸が大きい方です。

Eカップあるので、とにかく肩がこってしまいます。

「ほら、これでいいでしょ?」

「ダメですよ。ちゃんと見せてくれないと」

「どうしたらいいの?」

「ブラウスを脱いで、ブラジャーを外してください。そうして、完全におっぱいを見せてください」

「え、でも誰か来たら……」

「大丈夫ですよ。勉強の時間は、親は来ませんし。第一、今は誰もいませんから」

私は仕方なく、ブラウスを脱ぎました。

「先生のブラ、可愛いですね。もっとセクシーなのも似合うような気がしますけど」

「お、大人をからかわないの」

「すみません。とにかく、ブラを外しておっぱいを見せてください。これは約束ですからね」

優希君は本気でした。

私は仕方なくブラを外し、たわわな乳房を露出させました。

だけど、恥ずかしいです。

咄嗟に私は胸を手で覆い隠しました。

「冴子先生、手をどけてください」

「でも見えちゃう……」

「見せてくれるって約束ですよ。約束を破るのは違反です」

そう言うと、優希君は強引に私の手を振りほどきました。

「きゃぁ、ちょっと、何をするの」

「冴子先生のおっぱいを見せてください」

「こ、こら、もう、止めなさいったら」

「やっぱり、先生のおっぱいって大きいですね。俺、女の人の胸って始めてみましたよ……」

「ほら、見たでしょ。ならもう満足じゃないの?」

「あの、ちょっとだけ触らせてもらえませんか?」

「触る? それは約束とは違うわ」

「いいじゃないですか? ちゃんと勉強しますから」

「ホントに勉強するのね?」

「もちろんです。テストも頑張りますし、大学受験だってばっちりなはずですよ」

なぜか自信満々に優希君は言いました。

彼がやる気になっている。

なら、胸を少し触らせるくらいいいかもしれない。

私はそんな風に考えました。

「じゃあ、ちょっとだけよ」

「うわぁ、ありがとうございます」

心底嬉しそうに、優希君は私の乳房に触れました。

その触り方は、初々しく、私をドキッとさせます。

「うぉ、これがおっぱい、かなり柔らかいんですね」

「ほら、もう終わり。これで満足しなさい……」

「ちょっと待ってください。まだですよ。まだ……」

「まだって、ちゃんと約束を守ってくれないと」

「わかりました。今日はこれで止めます。ただ、毎回授業が終わったら、ご褒美の時間をください」

「え? ご褒美の時間?」

「そうです。毎回授業が終わったら、エッチなご褒美が欲しいんです」

「そんなのダメよ。だって、私は先生で、あなたは生徒なのよ」

「でも、ここには俺たち以外誰もいません。だから、黙っていれば問題ないと思いますけど。お願いします。何か目標があると、俺頑張れるんです」

優希君の言葉は、本気でした。

私はどうするか迷います。

ここで断るのは簡単ですが、そうすると、私は再び仕事を失ってしまうでしょう。

それはイヤでした。

少しエッチなことをするだけで、優希君のやる気が出るならば、それでいいではないか?

そんな風に思えました。

「わかったわ。してあげるけど、絶対に秘密だからね」

「もちろんです。二人だけの秘密です」

こうして、私たちは奇妙な密約関係になったのでした――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました