連載官能小説『温泉宿』最終回

連載官能小説

連載官能小説『温泉宿』最終回

「エッチなおしっこがどんどん出てくるね」

「あぁん、興奮しちゃう……、そんな風に弄られると、感じてしまいますわ」

「女の人ってクリトリスが感じるんでしょ? 触ってあげようか?」

「そこは敏感な部分だから、なるべく優しく弄ってください」

そう告げた小夜子は、自分の指で陰核をさした。

そこは包皮に包まれており、ぷっくらと膨らんでいる。

正樹は指で包皮を押し出す。

すると、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してきた。

「あぁん、クリちゃんが飛び出しちゃう」

「これがクリトリスなんだね。すごく小さくて可愛い。今触ってあげるから」

正樹は、クリトリスを指で軽く突いてみた……。

途端、小夜子のカラダがビクビクッと跳ねる。

「んん、んぁ、あぁん、感じてしまいますわ……」

「今度は、おま×こを舐めてあげるよ。舐めさせて」

「はぁん、そんなとこ、舐めるなんて……、卑猥すぎますわぁ」

「舐めたいんだ。いいね?」

正樹は、淫裂に顔を近づけていった。

すると、熟れた果物のような香りがするのがわかる。

かなり興奮を誘うような匂いであり、正樹はおかしくなりそうであった。

「んちゅ、ちゅちゅん」

舌先で、膣口をそっと舐め上げる。

僅かに塩気を感じるが、全く不快ではない……。

もっと舐めたいという希望が湧き出してきた」

「んじゅる、じゅるん。あぁ、小夜子のおま×こ、美味しい……」

「ハァハァ、ダメェ、そんな風に舐められたら、イッてしまいますわぁ」

「イッていいんだよ。ほら、クリも同時に舐めてあげる」

露出し、ヒクヒクと震えている陰核を、舌でなぞりあげ、刺激を加える正樹。

小夜子は断続的なアクメを覚え、ガクガクとカラダを震わせて感じ続ける。

「ンンン……。んぁ、んぅ。ッあぁ……、ダメ、イク、イッちゃう」

小夜子が強く叫んだ。

その瞬間、女壺がヒクヒクと震え、痙攣を始めたのである。

そして、彼女は長いオルガスムスを感じ、昇天を迎える。

「小夜子、イッたんだね?」

「はい。とても気持ちよかったですわ」

「ねぇ、このままセックスしたいよ。いいよね?」

「もちろんです。私もセックスがしたくて堪りませんわ。早くおち×ぽを挿れて下さいまし」

温泉内での情事のため、寝そべっての行為は難しいだろう。

そこで、正樹は後ろから挿入してみることにした。

初めての体位が立ちバックというのは、かなり難易度が上がるが、興奮しきった正樹は、早くペニスを膣内に挿れたくて堪らなかったのである。

「小夜子、後ろから挿れてもいいかな?」

「はい、好きにしてください。それに、後ろから挿入されるのは興奮します」

「お互い初めてだけど、気持ちよくなろうね?」

そう告げ、臀部の双肉を掴んだ正樹は、くいっと左右に押し広げ、ヌラヌラ光る、女の部分めがけて、怒張を押し当てていくのであった。

「挿れるよ。小夜子」

「はい、お願いします」

ペニスを女壺に押し当て、ゆっくりと挿入していく。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにイチモツが埋没していく。

小夜子の胎内は、蕩けるほど温かく、さらにヌメヌメとしていた。

「うぉぉ、気持ちいい……。小夜子、最高の気分だ」

「はぁん、あぁ、んぁ。おち×ぽが入ってきましたぁ」

「うん、これがおま×この中なんだね。うぉ。興奮するよ」

「動いてください。おち×ぽでおま×こをズボズボしてくださいまし」

「いくよ。動くからね」

初めて感じる膣内の感触は、本当に素晴らしいものがあった。

動くほどに快感が迸り、正樹を心地よくしていく。

「おま×この中、ヌルヌルだ。それに温かいよ」

「はぁん、気持ちいい……、おま×こ突かれてます」

「うん。俺も気持ちいい……。少しずつ動いていくからね」

ゆったりとしたペースで、抽送を始める正樹。

あまり速く動くと、たちまちイッてしまいそうになるのだ。

「後ろから挿れてていると、何だか征服したような気分になるよ」

「はい、私も無理矢理犯されてるみたいな感じがします。んんー」

「立ちバックってすごいね。奥まで届くような気がするよ」

「あぁん、深い……、おち×ぽが奥まで届いて気持ちいいのぉ」

正樹は、なるべく動きが単調にならないように、工夫してピストン運動を続けた。

浅く突いたり、さらに深く突いたりと、刺激に変化を加えて行ったのである。

「小夜子……、おぉ、すごく気持ちいい……、堪らないよ」

「私もです……、あぁん、ンンッ……んぁ……」

小夜子は、トロンとした目つきで、高揚感に浸っていく。

対する正樹は、一層ピストン運動を速めていくのであった。

「おっぱいも、おっぱいも揉んでくださいまし」

「わかった。揉んであげるよ」

正樹は姿勢を前傾にさせていき、たわわに実った小夜子のバストを揉み始める。

(うぉ。おっぱい揉みながら、ち×ぽを突くと、すごい絶頂感だ。これは素晴らしい)

と、正樹は感じていた。

初めてのセックスは、どこまでも彼を恍惚とさせていく。

「小夜子のおっぱい柔らかいよ。それに、本気のセックスをしているみたいだ」

「はぁん。おっぱい弄られながら、おち×ぽ突かれると、興奮してしまいますぅ……、ハァ、ハァ、もっと、もっと突いてくださいまし……」

「わかった。たくさん突いてあげるよ。どんどん突きまくるからね」

ここで、さらに抽送のリズムを上げていく正樹。

だが、同時に限界もそこまでやって来ていた。

初体験であるため、ペース配分が上手くいかず、たちまち射精感に襲われていく。

グッと、下っ腹に力を入れて耐え忍ぶのであるが、それも限界が近い。

「あぁ、小夜子、俺、そろそろイキそうだ……。我慢できないよ」

「たくさん出してください。我慢しないで精子を出してぇ」

「中に出してもいいのかい?」

「もちろんですわ。夫婦の交わりは、中出しが基本ですのよ。思う存分出してくださいまし」

「わかった。たくさん精子を出すからね」

最後の力を振り絞って、正樹はピストン運動を続ける。

そして、とうとう臨界点を突破した。

「うぉぉ、ダメだ! イク! 出る」

次の瞬間、牡の欲望が炸裂した。

ビュルビュルドピュ!

「あぁん、出てる、精子がたくさん私の中にぃ。ハァハァ、中出しされるの気持ちいいのぉ……」

「俺も気持ちいい、どんどん精子が出る」

スペルマを一気に吐き出した正樹は、ゆっくりとペニスを結合部分から引き抜いた。

すると、ゴポリと注ぎ込まれた精液があふれ出してくる。

「あぁん、精子が流れ出てしまいますわ」

「うん、たくさん出したからね」

「正樹さん。最高のセックスでした。これからも一緒ですよ」

「もちろんだよ。何度だってできるから。またしたいよ」

「何度も抱いてくださいまし」

そう言い、二人のまぐわいはエンドレスに続いていく。

正樹は、心地いい射精の余韻に浸りながら、ヒシっと小夜子を抱き締めるのであった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました