連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第3回

「ふぅ、うぉ、口の中、とっても温かい」

「んぐ、むぐぐ、大きいので口に含むのが大変ですわ」

しゅぼしゅぼと淫音を上げながら、フェラチオを続けていく。

「美奈子……、あぁ、フェラチオ、いい感じだよ」

「はい、もっと気持ちよくなってくださいまし」

途端、美奈子は口をすぼめて、ペニスを吸引し始めた。

チューチューとイチモツを吸い込んでいくと、キュッと甘締めされて新しい快感がやってくるのがわかる。

「うぉ、それもいい。美奈子ぉ」

「んちゅ、じゅる、じゅるん。はぁん、おち×ぽがビクビク動いていますわぁ」

「それだけ気持ちいんだ……、あぁ、最高の気分だよ」

健介は、結婚して本当によかったと感じ始めた。

こんなに気持ちいい体験ができて、幸せをかみしめていく。

「健介さん、どうしたらもっと気持ちよくなれますか?」

「えっと、どうだろう? 亀頭を中心に責められると、気持ちいいかもしれない」

「わかりました。健介さんは亀頭を弄られるのがお好きなんですね。では、亀頭を中心に責めさせていただきますわ」

そう告げると、美奈子は照準を亀頭の中心に映していく。

ねっとりとした口腔粘膜で、亀頭を包みこむと、ふわっと愛撫し始めた。

これには、健介も驚いた。

今まで以上の快感がやってきたのである。

「はぐぅ、そ、それ、いいよ。とても気持ちいい……」

「はぁん、おち×ぽがビクッて動きましたわぁ。悦んでくださっているのね。私も嬉しいですわ」

亀頭を舐り、弄んでいく美奈子。

彼女もヒートアップしてきたのか、フェラチオの勢いが増していく。

上目遣いで健介を見つめる瞳は、仄かに潤みを帯びており、キラキラと輝いて見えた……。

(あぁ、美奈子のフェラ。凄く気持ちいい……。俺、結婚してよかったよ)

と、健介は感じていた。

やがて、彼は強い射精感を覚え始める。

これまで、ずっと耐え忍んできたのであるが、限界が近いようであった。

グッと下腹部に力を入れて、何とか耐えるのであるが、それもなかなか難しい。

ぐぅ、と短い嗚咽を吐くと、彼のカラダは小刻みに震え始めた。

「あぁ、美奈子、俺、そろそろ限界かもしれない」

鋭い吐精感が襲ってくる。

もうあまり持たない。

悲痛な声をあげながら、必死になって快感に耐える健介。

その声を聞いた美奈子は、より一層ペースを速め、最後の仕上げにかかっていくのであった。

「イッてください。好きな時に」

「ねぇ、口の中に出してもいいのかな?」

「もちろんです。私の口の中に、たくさん精液を出してください」

「わかった。たくさん出すからね」

もう、我慢する必要はない。

健介は自分を介抱するように、解き放っていく。

すると、次の瞬間、圧倒的なオルガスムスに包まれた。

「あぁ、ダメだ! イク! イクよ! 美奈子!!」

ビュルビュルドピュ……、ビュピョプ、プヨピョ……。

ドクドクと、白濁色のスペルマが美奈子の口腔内に注ぎ込まれる。

「んご、もごぉ、おっぉ……」

美奈子は、吐き出されたスペルマを、口いっぱいに広げて受け止めていく。

しかし、あまりに量が多い。

意識が遠のきそうになりながら、彼女は必死になって精を受け止めた。

「うぉ、精子がどんどん出てくる。もう、止まらないよ」

尿道を精液が駆け巡る感覚は、素晴らしいものがある。

痛烈な悦楽を覚えながら、健介は最後の一滴まで精子を絞り出す。

「んんー。ンッ、んぐ……、んぁ、ゴックン……」

美奈子は、躊躇なく精液を飲み下していく……。

ゴクリという咽頭を駆け巡る音が聞こえると、美奈子はチューチューと、最後にペニスを吸いあげていくのであった。

「じゅる、しゅぱ、しゅるん」

「美奈子、精子を飲んでくれたの?」

「はい、そっちの方が嬉しいでしょう。それに、健介の精子なら、悦んで飲みたいと感じますわ」

「ありがとう。ホントに嬉しいよ」

「んぁ、とっても濃い精子でしたわ。クセになりそう。

ペニスから口を離すと、ツツツ―と、白い糸が口元から伸びた。

その光景は、どこまでも淫らであり、健介を悦ばせる。

「美奈子、次は俺が君を気持ちよくする番だよ」

「はい。あそこが疼いて仕方ありません。早く弄ってください」

「もちろんだよ。さぁおま×こを見せてくれ……」

そう言い、健介は美奈子のそばにより、ゆっくりと足を広げていった。

すると、くぱぁと、膣口が顔を出し、妖艶なムードが漂っていく。

「おま×こ、濡れてるね」

「はい、おち×ぽを舐めて、興奮してしまいました」

「たっぷり弄ってあげるよ。ちょっと、触ってもいいかな?」

「もちろんです。可愛がってくださいまし……」

その言葉を受け、健介はスッと指先を淫裂に伸ばしていった。

秘部に指を押し当てると、にちょっとした淫蜜が付着する。

それはヌメヌメとして、煌びやかな光沢がある。

「すごい、熱くなってる」

「んぁ、健介さんの指があそこに」

「こんなにヌレヌレになって。俺のち×ぽを舐めただけなのに」

「はぁん、だって、健介さんのおち×ぽが逞しすぎるからぁ、あそこが興奮してしまうんです」

「どうして欲しいの?」

「触ってほしいです。指先でクリクリとしてください」

「よし、してあげよう」

健介は、指先を使って、女壺を弄り始めた……。

ぬらついた淫蜜により、指先はスムーズに動いていく。

「たっぷりと濡れてるから、触り心地がいいね」

「んんー。んぁ、あぁん、気持ちいいです。触り方がとってもエッチで」

「美奈子は可愛いなぁ。もっとイタズラしたくなってしまうよ」

「たっぷり可愛がってください」

膣口をスリスリと摩ってくと、じわっと蜜があふれ出してくる。

それを潤滑油にしながら、健介は、膣内に指を挿入していく。

胎内は、しっとりとしており、それでいて温かい。

「おま×この中も、トロトロだ」

「はい。興奮してしまっているんです」

「もっとたくさん弄ってあげるからね」

健介は、指をどんどん奥まで挿れて、クチュクチュと音を上げながら刺激していく。

対する美奈子も、淡い快感を覚え始めていくのであった。

「美奈子のおま×こ、指にピッタリと吸いつくね」

「あぁん、自然とおま×こが締まってしまうんですの」

「そう。ホントに美奈子は可愛いなぁ。おま×こをこんなに濡らして」

「んぁ、あぁん。ハァ、健介さんの指が私の中に、んー。気持ちいいぃ」

「おま×こを、弄ると、どんどん濡れてくるね」

「ンンッ、だってぇ、気持ちよすぎるんですもの。こんな風にされたら、誰だって濡れてしまいますわぁ」

「ピタッと指に吸いついて離さないよ。それに、おま×この中は何だか独特なヒダがあるみたいだ」

美奈子の淫裂内は、仄かに肉ヒダのようなものがあり、指に絡みついてくる。

もしも、ここにペニスを挿れたらどうなるか?

考えるだけでも、心は浮き立ってくるのであった。

「ハァハァ、私のおま×こってドクドクみたいなんです」

「ち×ぽを咥えこむためにあるみたいんだね……。フフ、早く挿れたいなぁ」

「んんぁ、あぁん、私もおち×ぽが欲しいですぅ」

「でもまだ、我慢するよ。お楽しみは最後までとっておかないとね」

そう言いながら、健介は手マンを続けていく。

にちょにちょと、淫猥な音を鳴り響かせながら、蜜壺の感触を味わっていくのであった……。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました