連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第4回

「ンッ。んんーあぁん。気持ちいい……、おま×こが感じちゃう」

「もっと感じていいんだよ。色んな顔を俺に見せてくれ」

「恥ずかしいけど、見てください。淫らになった私の姿を見てぇ」

「うん。見てあげるよ。俺の指使いで感じまくっている美奈子……、ホントに卑猥だよ……」

「はぁん、ダメェ、ゾクゾクしちゃうのぉ……」

美奈子は小刻みにカラダを痙攣させながら、快感に浸っていくのであった。

指を奥深くまで挿入し、カリカリと膣壁を引っ掻いていく。

ヌメヌメになった膣道は、健介の手指をキュッと甘締めしていくのであった。

「美奈子のおま×こ、ホント卑猥だね。生きてるみたいだ」

「んぁ、はぁん、気持ちいいです、もっとしてください」

「うん。たくさん弄ってあげるからね」

そう言い、健介は手マンのスピードを少しずつ速めていく。

ただ、あまりに動きが単調になっても、快感は得られない。

だからこそ、持てる知識を総動員して、健介は愛撫を続けるのであった。

まずは、強弱をつけてみる。

一定のリズムで手指を動かしていると、どこかマンネリ化してしまう。

そこで、指を奥に挿れる時と、浅く挿れる時を作り出し、それを交互にしていったのである。

「ッ、ん、んぁ、あぁん、健介さんの指使い、とってもいやらしいですわ」

「ちょっと動かし方を工夫してみたんだけどどうかな?」

「はい、とても気持ちいいです。優しさを感じますわ」

「この調子でやってあげるよ」

健介は気をよくしながら愛撫をしまくる。

そして――。

「今度はクリを弄ってあげるよ」

「クリトリスですか? そこは敏感だから……」

「敏感だから気持ちいいはずだよ。たっぷりと可愛がってあげるからね」

膣口の上方部に視線を滑らせると、包皮に包まれた一角がある。

プクっと膨らんだ突起を、指で器用に押していくと、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してきた。

「あぁ、クリトリスが飛び出てきました。うぉ、意外と小さいですね」

「はぁん、敏感な部分を……、あぁん、弄ってくださいまし」

「もちろんだよ、たっぷり刺激してあげるから」

外気にさらされた雌芯は、小動物のように小刻みに蠢いている。

その姿は、どこまでも妖艶であり、健介を満足させていくのであった。

「可愛いクリトリス。イタズラしたくなっちゃうなぁ」

指で突くように、陰核を刺激する。

途端、張り裂けるような刺激が美奈子を襲っていく。

「きゃー、んぁ、ァァツ。刺激が強すぎる……、感じてしまうわぁ」

「もっと感じていいんだよ」

「ハァん、んんー。感じる。おま×こが気持ちいいです」

「ヌルヌルになったおま×こ、魅力的だよ……」

「もっと、もっと弄ってください、クリが気持ちいいです」

「わかった、たくさんクリトリスを弄ってあげるからね」

執拗に陰核を刺激する健介。

その愛撫は、美奈子を心の底から心地よくさせた。

ぷっくりと膨らんだ雌芯は、ヒクヒクと小刻みに蠕動し、うっすらと充血してきた。

白かった陰核は、キレイな薄紅色になり、健介を興奮させていく。

「クリが膨らんできたね?」

「はい。とっても気持ちよくて……」

「美奈子はクリトリスが好きなの?」

「あぁん、そんなこと」

「教えて、オナニーとかするでしょ?」

「しますけど……、あぁん、恥ずかしいですわ……」

「とってもエッチなんだね。クリが感じるなんて」

「女は誰でもそこが感じるものですよ。んあぁ……」

「ヒクヒクとして、生きてるみたいだ」

「ハァハァ、健介さんの手つき、ホントにいやらしですわ」

「美奈子が俺をエッチなしたんだよ」

「ンッ、んあぁ、はぁん。気持ちいい……、クリを弄られるとおかしくなっちゃう」

「おかしくなっていいよ、色んな表情を俺に見せてごらん」

「エッチな女でごめんなさい。でも、感じてしまうんです」

淫声を轟かせて、美奈子は感じ続ける。

カラダがビクビクッと震え、心の底から気持ちよくなっているようである。

「ンッ、あぁん、ダメェ、気持ちよすぎて変になるぅ」

「ねぇ、もっと変にしてあげようか?」

「何をされるんですか?」

「おま×こを舐めてあげるよ。舐めてほしいでしょ?」

「はぁん、でも、そんな部分を舐めるなんて……」

「舐めたいんだ。舐めさせてくれるかな?」

「はい、好きにしてください。私のあそこをペロペロしてぇ」

「わかった、してあげるからね」

そう言い、健介は顔を淫裂に近づけていった。

すると、ツンとする性臭を感じる。

その香りは、熟れた果物のようで、健介をますます興奮させていくのであった。

「おま×こ、いい匂いがするね」

「そんなところの匂いを嗅がないでください……、恥ずかしすぎますわ」

「大丈夫、全然臭くないよ。むしろ興奮を誘う高貴な香りだ」

健介はクンカクンカと、犬のように鼻を動かし、女の部分の匂いを嗅いでいくのであった。

馨しい香り……。

たっぷりと息を吸い込み、女の性臭を感じ取っていく。

「んちゅ、ちゅぱん」

舌先をスッと伸ばし、膣口に触れていく……。

すると、温かな質感が、舌先に広がっていくのであった。

「んじゅる、んじゅ、おま×こ美味しいよ……」

「はぁん、気持ちいい……、おま×こ舐められるのゾクゾクしちゃうわぁ」

「美奈子のおま×こ、トロトロになっているよ」

たっぷりと蜜が噴き出した淫裂は、こってりとした味わいがあった。

少しだけ塩気を感じるものの、仄かな甘みもある。

その独特な感触に、健介は虜になりつつあった。

「じゅる、んじゅ、ちゅぱちょぱ」

「あぁ、んんぁ、ダメェ、感じすぎちゃうわぁ」

「ホントにエッチだね。おま×こがどんどん濡れてくる」

「いやぁん、勝手におま×こが濡れてしまいますぅ」

「もっと濡らしてもいいんだよ。ヌレヌレになった方が美味しいから」

にちゅ、くちゅと、淫猥な音を上げて、陰部を吸いあげていく。

美奈子自身、こんな風に気持ちよくなれて驚いていた。

彼女もそれまでに性体験があるが、そこまで感じたことはなかったのである。

それ故に、こんな風に感じられて、心底嬉しくなったのだ。

「んんぁ、ンッ、んんー。はぁん、ダメェ、感じちゃうわぁ」

「ヌルヌルだ。おま×こが大洪水になっているよ」

「はぁん、もっと、もっと舐めてぇ、ベロベロにしてほしいのぉ」

「クリも舐めてあげるよ。優しくしてあげるからね」

雌芯を舌先で触れてみる。

ズキズキとした悦楽が、美奈子を包み込んでいく。

「んんー、刺激が強い。健介さん、とっても気持ちいいです」

「俺も、嬉しいよ、美奈子が悦んでくれて……」

「ハァハァ、クリをチューチューされるの最高なのぉ……、ホントに堪らないわぁ」

「たっぷりと舐め上げてあげる。イキそうになったらいつでもイッていいからね」

「あぁん、イキたい、ゾクゾクって気持ちいのがカラダ中を襲ってくるのぉ」

ガクガクとカラダを震わせながら、美奈子は快感を表現していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました