連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第5回

キュッと女壺が縮み上がったような気がした。

「美奈子。イキそうなのかい?」

「はい、もうイキそうです。イッてもいいですか?」

「いいよ、激しくイクんだ」

「はぁん、ダメ、気持ちいいのが来たのぉ……」

途端、美奈子は激しく淫声を轟かせるのであった。

「きゃー、あぁん、イク! イッちゃう!!!」

ガクンとカラダが震えたと思うと、じわっと長い悦楽が襲ってくる。

オルガスムスという名の快感が、じっくりとカラダ中を支配していく。

キュキュッと秘唇が収縮し、ドプっと子宮経験粘液があふれ出してきた。

「すごい、美奈子のおま×こからたくさんお汁が」

「あまりに気持ちよくて失禁してしまったのかもしれません」

「そう。そんなに気持ちよかったんだね。俺も嬉しいよ」

そう言い、健介はチュチュッと淫水を吸いあげる。

それ淫らな液体を飲むのに躊躇はなかった……。

むしろ、飲みたくて堪らなくなったのである。

「あぁ、エッチな味がする。これが美奈子の味なんだね」

「はぁん、そんな飲まないでください、恥ずかしい……」

「だって美奈子は僕の精子を飲んでくれたからね。そのお返しだよ」

すると、美奈子は顔を赤らめた。

その変身が、まるで少女のようで、思わず健介は彼女を抱き締めた。

「素敵だよ、美奈子……」

「あぁん、苦しいですわ、健介さん」

「ゴメン、あまりに可愛くてギュってしたくなったんだ」

「あの、キスしてくださいまし」

「うん。いいよ」

健介はそっと顔を近づけていく。

そして、そのまま唇を奪った。

ぷるると水分を含んだ唇は、しっとりとしており、プニプニとした弾力があった。

「美奈子の唇、柔らかいね」

「んんぁ、キスされるの素敵です。蕩けてしまいそう」

「俺もだよ、もっとしてあげる」

健介は、チュッチュッとキスの雨を降らせていく。

その愛のしるしを感じていくと、美奈子も心底幸せに包まれるのであった。

「温かいですか。ホントに嬉しい」

「俺も最高の気分だよ、美奈子に会えてよかった」

「私もですわ。とっても気分がいい……、あの、もっとしてほしいです」

「うん、俺もこのままじゃ終われないよ。エッチしたいな」

「はい」

美奈子はそう言うと、トロンとした瞳を向けた。

ウルウルと水分を含んだ瞳は、まるで宝石のような輝きがある。

「美奈子、あぁ、すごく可愛い。愛し合いたいよ」

「私もです。抱いてくださいまし」

美奈子との言葉を聞いた健介は、ゆっくりと彼女を押し倒していった――。

足を広げて結合部分を見つめる。

既に、陰唇はたっぷりと濡れており、キラキラと輝いて見えた。

これだけ濡れていれば、挿入も問題ないであろう。

と、いうよりも、健介は早くペニスを挿れたくて仕方がなかった。

「美奈子、それじゃ挿れるよ?」

「はい、お願いします」

女の部分に、イチモツを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように、怒張が胎内に吸い込まれていった。

「うぉぉ、おま×この中、トロトロだよ」

それは感動的な程気持ちいい。

ヌルヌルで、温かくて、とにかく彼をトリコにするのであった。

「はぁん。おち×ぽ入ってきましたわぁ」

「うん。少しずつ動いていくからね」

「キャー、おち×ぽが私の中でどんどん大きくなってる……。おま×こがぐいぐい広げられますわ」

健介は、ぬるりとペニスを動かし、最初はゆっくりとしたペースで抽送を始めた。

既に一度イッているため、余力は多いが、あまり気を抜くと、たちまちイッてしまいそうになるのだ。

どうせなら、長く楽しみたい。

そんな思いがあったため、彼は最初から飛ばす真似はしなかったのである。

「美奈子のおま×この中、すごくトロトロになってるよ」

「はい、感じすぎて、変になりそうですわ……」

「俺も、変になりたい。それだけ気持ちいいんだ」

一定のリズムで、健介はピストン運動を続けていく。

にちょ、くちょと、結合部分から淫猥な音がこだまし、静かな室内に染み渡っていくのであった。

「美奈子のおま×この中、何だかヒダがあるみたいだ」

「はぁん。はい、私のおま×こって独特みたいなんです。たっぷり味わってくださいね……」

彼女の女壺は、いわゆる、「カズノコ天井」という名器であった。

そのため、膣道に無数のヒダがあり、それがペニスに絡みついてくるのである。

その時の気持ちよさと言ったら、形容しがたいものがあるのだ。

「うわぁ、すごい感覚だなぁ。やっぱりセックスは気持ちいいよ」

「はい、私もですわ。とても気持ちよくなっています。おま×こをおち×ぽでシコシコされるの素敵すぎます」

体位は正常位。

つまり、ベーシックな体位である。

二人の初夜を支える体位としては、これ以上ないくらい優秀であろう。

「ふぉ、美奈子のおま×こ、ピッタリとち×ぽに吸いついて、堪らないよ」

「あぁ、ン、んぁ、あぁん、赤ちゃんの部屋をノックされてるぅ」

必死になって突きの一撃を加えていくと、どんどん気持ちよくなっていく。

健介にとって、セックスは久しぶりの行為であった。

それ故に、感動はひとしおであり、ピストン運動にも一段と力が入るのであった。

「奥を、奥を突いてください」

「奥がいいんだね? よし、たくさん突いてあげるからね」

健介は、ペニスを奥深くまで突き上げていく。

にゅりゅぬると、膣道をペニスが擦り上げていくと、堪らない快感が降り注いでくるのであった。

「美奈子、おま×こ締めすぎ……、ち×ぽが噛み千切られそうだ」

「はぁん、だって、あまりに気持ちよくて、自然とあそこが締まっちゃうんですぅ。わざとじゃありません」

「あぁ、ち×ぽに絡みついてくる。奥を突きまくってると、どんどん締め付けが強くなるよ」

「はぁん、気持ちいい……、健介さんのおち×ぽ最高なのぉ」

腰のグラインドさせて、なるべく奥まで届くように工夫していく。

しかし、ただ、それだけではない。

単純に奥を突いているだけでは、動きが単調になってしまう。

だからこそ、奥深く突くときと、浅く突き時を交互に繰り返し、刺激に変化を加え始めた。

すると、美奈子も手を伸ばし、健介の首元に手を回していく。

ギュッと抱きしめると、本気のセックスをしてくるような気がしてくる。

「美奈子……」

「健介さん、ギュッと抱きしめてくださいまし」

「うん」

健介は姿勢を前傾にさせていき、美奈子を熱く抱きしめる。

たわわに実った美奈子の乳房が、健介の大胸筋の上でぐにゃりと潰れた。

その感触は素晴らしく、マシュマロを抱いているような気分になってくる。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました