連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第6回

「健介さん、キスも、キスもしてください……」

「わかった。キスもしてあげるよ」

顔同士を近づけ、チュッと唇を奪う健介……。

「んちゅ、ちゅちゅん」

「はぁん、キスされながら、おま×こ突かれると気持ちいいのぉ……」

「俺もだよ。愛し合っているような気がするよ」

「気がするじゃなくて、ホントに愛し合っているんですよ。んんぁ、あぁん」

キスの雨を降らせる健介は、やがて自分の舌を絡めていった。

舌同士がねっとりと絡み合う、ディープなキスが展開されていく。

「んじゅ、じゅるん、じゅるる」

美奈子の唾液は仄かに甘みがあり、健介を満足させていく。

(うわぁ、美奈子さんの唾液、ハチミツみたいな甘さがあるよ)

と、健介は感じていた。

対する美奈子も、ディープキスの濃厚な味わいに、頭がクラクラとしてくるのであった……。

「んじゅる、じゅるん、じゅる、チュチュン……」

やがてキスを終えると、姿勢をそのままに、激しい突きを開始した。

最初はかなりゆっくりなペースで抽送を続けていたが、次第にヒートアップしていき、恐ろしいスピードになっていく。

速く動く分、快感のレベルは上がっていき、健介は心底驚いていた。

以前の彼女とも、何度も交わっている。

しかし、今回のまぐわいは、その比ではなかった。

圧倒的な悦楽が襲ってくるのである。

「あぁ、美奈子、最高だよ。こんなセックスをしたのは初めてかもしれない」

「ン、ッン……、ァッ……、あぁん、私もです。私もこんな風に気持ちよくなったのは初めてです」

「俺たち、カラダの相性がいいのかもしれないね?」

「はい。そうだと思います。嬉しい……、あぁん、健介さんで感じられて」

美奈子の淫裂は、突くほどの締まりを見せて、ペニスを甘締めしていく。

その時の快感が素晴らしく、健介は満足感に包まれていくのであった。

「ふぉ……、美奈子……、あぁ、ち×ぽが蕩けそうだ」

「あぁん、もっと、もっと突いてぇ、激しく私を犯してぇ」

「うん、おま×こヌルヌルで、とにかく気持ちいい……。うぉぉ、もっと突いてあげるからね」

力を振り絞って、健介は抽送を続けていく……。

ずりゅ、めちゅ、と結合部からは、淫猥な糸が引いている。

「美奈子……、おま×こ突きながら、クリも弄ってあげるよ」

「え、クリトリスを? そんなことされたら、私……」

「たくさん感じさせてあげるから」

健介は姿勢を起こして、陰核を指で弄り始めた。

陰核の包皮を剥くと、ピュッと白い豆が飛び出し、ヒクヒクと震えている。

その雌芯を指で丹念に刺激していくと、美奈子のカラダがガクガクと痙攣し始めた。

「ふぁ、ぁん、刺激が、刺激が強すぎますわぁ……」

「クリを弄ると、おま×こもヒクつくね? 連動しているみたいだ」

「んぁ、ンッ……、はぁん、ダメェ、気持ちよすぎますぅ」

淫声を轟かせながら、美奈子は快感の極み達していく。

先ほどイッたばかりなのに、またイキたくなってくる。

「健介さん、私、また、イッちゃいそう。ダメです。これ以上は……」

「いいよ。イッてごらん。俺が見届けてあげるから」

「でも私ばかりイッてしまっては」

「そんなこと気にしなくていいよ。たくさんイッてくれた方が、俺も嬉しいから」

「あぁ、アッ、ダメ! ホントに、んんぁ、イク! イッちゃうのぉ」

途端、美奈子のカラダがブルリと震える……。

同時に、秘唇がヒクヒクと痙攣を始め、そのまま激しく昇天してしまった。

ピクピクと震える美奈子のカラダを、健介はヒシっと抱きしめる。

彼女は、イッたが、まだ行為は終わっていない。

だからこそ、健介は突きの一撃を緩めず、継続してピストン運動を続けた。

「はぁん、イッてるおま×こを、そんなに突かないでぇ」

「イキ狂わせてあげるからね」

「はぁん、ホントに狂っちゃう……。んぁ、あぁん」

「うぉぉぉ……、美奈子のおま×こ、最高だよ」

ガンガンと、勢いよく健介は怒張を突き続けた。

グチョヌレになった淫裂は、ヒクヒクと小刻みに蠕動し、ペニスをキュッと締めつけていく。

その時の快感が素晴らしく、健介も気分よく剛直を突き続けた。

「うぉぉ、俺も、気持ちいい……、美奈子のおま×こ、ち×ぽにぴったりと絡みつくよ……」

「んんー。ンッ、あぁん。イッて敏感になっているおま×こをそんなに突かないでぇ……。はぁん、狂ってしまいますわぁ」

「狂っていいよ。狂った姿を俺に見せてくれ……」

突きまくる健介であったが、次第に射精感を覚え始めた。

いきり立った肉棒が、ズキズキと脈打ち、心地いい刺激が襲ってくるのである。

「美奈子、俺もそろそろ、限界かもしれない。ねぇ、イキたくなったら中に出してもいいかのかな?」

「もちろんですね。中出しは夫婦の交わいの定番ですから、遠慮せずに中にたくさん出してください」

「ありがとう。そしたら、中にたくさん精子を出すからね。うぉぉぉー、気持ちいい……、蕩けてしまいそうだ」

淡い悦楽が健介のカラダを包み込んでいく……。

じわじわと快感の塊に取りつかれて、突くほどに痛烈な刺激がやってくる。

下腹部に力を入れて、グッと耐え忍ぶ健介であったが、やがて限界がやってくる。

ゾクゾクとカラダを震わせながら、とうとう彼は牡の欲望を発射させる。

「うぉぉ、ダメだ! 出る! 精子が出るよ!!」

「はい、出してぇ、私のおま×この中にたくさん精子を出してほしいのぉ」

ビュルビュルドピュ。ドピュピュ……、ピュピョ……。

勢いよく白濁色の子種が、女壺内に放出されていく。

熱いスペルマが尿道を駆け巡る快感は素晴らしいものがある。

「あぁん、出てる、私のお腹の中にたくさんの精液がぁ……、んんぁ、気持ちいい、熱くて満たされていくぅ」

つい先ほどイッたばかりなのに、中出しされて再び絶頂感を迎え始めた。

ガクガクとカラダを蠢かすと、彼女も中出しの快感をじっくりと味わい始めたのである……。

「わぁ、すごい、どんどん精子が出ていく……、もう止まらないよ」

圧倒的な射精量。

既に一回イッているとは思えないほど、濃密な牡汁が注がれていく。

「ハァハァ、中出しされるの気持ちいいです……、癖になってしまいそう」

「俺も、トリコになっているよ。すごく気持ちいい……」

ドクドクと精液を放った健介は、ガクリと崩れ落ちた。

そして、そのまま美奈子に抱きついていく……。

「美奈子、好きだよ」

「私もです。もっと愛してください」

「何度だってできるよ」

「嬉しい。もう一回愛し合いたいですわ」

「そうだね。もう一回しよう」

「はい」

美奈子の豊満な裸体を見ていると、ムクムクとイチモツが隆起していく。

通常、男性は一度射精してしまうと、賢者タイムに入るが、健介は何度だってできそうであった。

いきり立った剛直を手で扱くと、残っていた精液がコポっとあふれ出してくる。

「ねぇ、美奈子、次は後ろから挿れたいんだけど」

「後ろからですか? もちろん大丈夫です。好きにしてください」

「ありがとう。そうしたら、次はバックから挿れるよ」

「あぁん、何だか興奮してしまいますわぁ……」

「そうだね。俺もすごい興奮してる。また気持ちよくなりたいんだ」

健介の言葉を胸に、美奈子は姿勢を四つん這いさせた。

お尻をツンと高く上げると、くぱぁと淫裂が顔を出す――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました