連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第7回

「おま×こから俺の精子があふれ出している。なんて卑猥なんだろう」

「あぁん、せっかく注いでもらった精子が……、もったいないですわぁ」

「また注いであげるから問題ないよ。たくさん出そうなんだ」

「嬉しいです。もっとたくさん精子をください」

蜜壺にペニスを押し当て、そのままゆっくりと挿入していく。

ヌムヌムヌムと、イチモツがめり込むように吸い込まれる。

トロトロになった陰部は、精子や蜜液が入り混じり、独特の質感になっている。

温かくて、ヌルヌルで、とにかく心地いいのである。

「ふぉ、やっぱりおま×この中って気持ちいい。美奈子……、あぁ、堪らないよ」

健介がそう言うと、美奈子も桃色の吐息を漏らしながら反応を示す。

「はぁん、私もですわぁ。健介さんのおち×ぽ、何度味わっても新鮮な感じがしますから……」

「ふぉ。何度だってイケそうだ」

「ひぁ、あぁん、おま×こがどんどん気持ちよくなっていくのぉ……」

「もっと気持ちよくしてあげるよ。こんなのはどう?」

健介は、そう言うと、姿勢をやや前傾にさせていった。

そして、覆い被さるような体勢を取ると、強引に乳房を揉み始める。

たわわに実ったバストを揉んでいくと、何だか堪らない気分になるのである。

同時に美奈子も心地よくなっていく。

「んんぁ、きゃん。おっぱいを触るなんて……」

「おま×こ突きながら、おっぱいを弄られると気持ちいいでしょ?」

「ン、ァツ、気持ちいい」

「でしょ? もっと触ってあげるからね」

健介は、円を描くように乳房に触れて、揉みしだいていく。

すると、淡い快感が美奈子を襲ってきて、彼女を心地よくするのであった。

「ハァハァ、ダメェ、気持ちよすぎますぅ……」

「これで終わりじゃないからね」

「ンンー。んぁ。あぁん」

健介の愛撫は、とてもやさしい手つきであった。

その繊細な動きは、かなり巧みであり、美奈子を感じさせていく。

「ハァン。ダメェ。感じすぎちゃって、変になってしまいますわ」

「変になっていいんだよ。たくさん気持ちよくなろうね」

乳房への愛撫は続けるが、当然、あそこへの一撃も忘れない。

一定のリズムを刻みながら、健介は抽送を続けるのであった。

「おっぱいを弄ったら、おま×こがキュッと締まったような気がするよ。連動しているみたいだ」

「ん。あぁん、だって、あまりに気持ちよくて……、あぁ、んんー。そ、その、勝手に締まってしまうんです」

「美奈子はホントに可愛いなぁ。たくさんイタズラしたくなっちゃうよ」

健介は、気分がよくなってきた。

ここまでカラダの相性がいい女性と結婚で着て、心の底から嬉しくなったのである。

「うぉ、今度は乳首を責めてあげるよ」

「ふぁ、あぁん、乳首を……、そんなに弄られると、私」

「たくさん感じさせてあげるからね」

健介は、乳首を指でこねくり始めた。

すると、胸の突起は、花の蕾のように硬くなる。

コリコリとゴムを揉んでいるような感覚が、指先に広がっていく。

「乳首、硬くなってきたね?」

「はい、感じてるんです」

「乳首を弄られながら、おま×こ突かれると、もっといいもんでしょ?」

「あぁん、ダメなのぉ、感じすぎてしまうわぁ」

「もっと、奥の方まで突いてあげるよ」

「んぁ、ハァハァ、奥がいいのぉ、おま×この奥をずちゅっと、突いて欲しいんです」

「うん、わかった、奥をたくさん突いてあげるから」

バックからの挿入は、正常位に比べると深くなる。

それ故に、先程よりも、女壺の深部までペニスが届くのであった。

「ほら、どう? 奥までち×ぽが入っているよ」

「はい、入ってますぅ……、深いのぉ、おま×この壁をどんどん侵食してます」

「奥まで挿れると、おま×このヒダにち×ぽが包まれて気持ちいいよ」

「赤ちゃんの部屋をノックされてる……。んんぁ、ハァハァ、ダメェェー」

高らかに淫声を上げる美奈子。

その声を聴いていると、健介の興奮のボルテージもどんどん上がってくのであった。

「おま×この奥。ガンガン突いてあげるからね」

「はぁん、気持ちいい……、こんなの味わっちゃうと、もう元には戻れませんわぁ」

「俺が何度だって相手をしてあげるから大丈夫だよ」

「嬉しい……。健介さんと一緒に慣れて、ホントによかったです」

「俺も、美奈子と結婚できてよかった。最高に幸せだよ」

天にも昇るような快感を覚えていると、同時に、幸福感も湧き上がってくる。

健介は、恋人にフラれて心の傷を負っていたが、そんなことはもうどうでもよくなった……。

美奈子に会えて、心の底から幸せであると感じたのだ。

「美奈子、ち×ぽが気持ちいい……、奥を突くと、膣ヒダを擦っていって、堪らなくなるんだ」

「私もです……、んんぁ、あぁ。ンッ、はぁぁ……、ダメ、感じすぎちゃって、足が震えてしまう」

後背位から挿入している関係上、女性のカラダは不安定になる。

それを察した健介は、美奈子の臀部をギュッと支えて、彼女のカラダを安定させていった。

「これでどう? ガクガクしないでしょ?」

「はい、大丈夫になりました。色々すみません」

「いいんだよ。俺も、まだまだ楽しみたいからね」

後ろからガンガン突いていると、何というか征服感のようなものが浮かび上がってくる……。

美奈子を手に入れたような、独特の感覚が覚えるのである。

「美奈子、バックから挿入だと、犯してる感じがするよ」

「はい。私も、強引にされているような気がします。でも、それが心地いいんです」

「犯され願望があるのかもしれないね。俺が、たっぷりと犯してあげるから」

ここで、健介は美奈子の片手を取ると、自分の方に引き寄せていった。

こうすると、美奈子のカラダが反り返り、たわわに実ったバスト、プルプルと震え始めた。

「また、少し不安定になるけど、ちょっと我慢してね」

「何をなさるの? 健介さん、きゃー」

カラダを弓なりさせると、先程とは違った角度でペニスが挿入される。

これはこれで気持いいのである。

「うぉ、この体位もなかなかいいね。美奈子はどう?」

「はぁん、わかんない……、もう気持ちよすぎて、どれも最高なのぉ」

「美奈子はよくばりだね。どの体位も好きなら、もっと開拓しないとね」

そう言い、健介は腰をガシガシと動かしていった。

膣襞を剛直が擦り上げていき、淡い快感が襲ってくる。

じわじわと、心地いい悦楽を感じながら、彼は必死になって抽送を続けた。

「はぁん、気持ちいい……、健介さん、もっと突いてぇ」

「うん。突きまくってあげるよ」

ここでも健介は、浅く突いたり、深く突いたりを繰り返した。

こうすることで、刺激に変化を与えたのである。

一定のリズムで突かれるようも、変則的な形で突かれた方が、快感のレベルは上がる。

それ故に、美奈子は耐えるのがしんどくなるのであった。

「ハァハァ、健介さん。私、ダメです……、何か出そうです……」

「え? 出る? 何が出そうなの?」

「あの、おしっこが出てしまいそうです、はぁん、一旦やめてもらえますか?」

「ダメだよ、ここで止められるもんか。おしっこ出してもいいよ、きっと多分、潮吹きだと思うから。美奈子は潮吹きとかしたことあるの?」

「いえ、そのような経験は……」

「女の人も何度も絶頂を迎えると、潮を吹くんだよ。うわぁ、楽しみだな。とりあえず突き続けるからね」

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました