連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第8回

止めてほしいと懇願する美奈子を無視し、健介はひたすらにピストン運動を続けた。

すると、美奈子の淫裂がキュキュっと痙攣し、やがて陰部からピッピッと淫水が噴き出してきた。

「ぁ、ぁん、きゃぁ、んぁ、あぁん、ダメ、出ちゃう、エッチなおしっこが出ちゃうのぉ……」

淫水が迸り、結合部を濡らしていく。

熱い蜜液を噴き、美奈子は小さな絶頂を迎えたようであった。

「あぁん、あぁ、ダメ……、またイッちゃう……」

「イッていいよ。たくさんイカせてあげるから」

カラダを小刻みに震わせながら、美奈子はアクメを迎える。

どこまでも気持ちよく、心の底から優越感が湧き出てくるのであった。

「美奈子、今度はもっと大胆に行くよ」

「え? 何をされるんですか?」

「こうするのさ?」

そう言い、健介は次の行動に移る。

こちらに引き寄せていた美奈子の腕を、元の位置に戻すと、今度は、片足を持ち上げたのである。

こうすると、牡犬がおしっこをするような姿勢になり、結合部分がよく見えるようになった。

「きゃー、な、何を、こんな体勢、恥ずかしいです」

と、顔を真っ赤にさせながら、美奈子は告げる。

その言葉を聞いた健介は、嬉々としたなら、突き続ける。

「この体位、一度してみたかったんだ。挿入の角度が変わるでしょ?」

「はい、さっきとは違った種類の刺激が入ります」

「イッたばかりの敏感なおま×こを、これまで以上に突いてあげるから」

「んんぁ、あぁん、ダメェ、イッてるのにぃ、そんなに突かれたが、もう耐えらない」

「大丈夫、俺が支えてあげるから」

「はぁん、おま×この奥におち×ぽが届く……、ンッ。んぁ、あぁん」

「イッてるからかな? おま×こがヒクついているよ。なんだか、ち×ぽにピッタリと吸いついて、とにかく気持ちいい」

下から上に向かって突き上げるように抽送を生み出していく健介。

彼は、この体位は初めてであったが、エッチなビデオなどで見たことはある。

完全に見様見真似であったが、それでも上手くいっている。

「うぉぉ……、気持ちいいなぁ、この体位は癖になりそうだ。おま×こもよく見えるし、興奮しちゃうよ」

「あぁ、んぁ、私も……、私も興奮してしまいます。こんなエッチな体位で恥ずかしいはずなのに、どうしてか興奮してしまうんです……」

「恥ずかしい体勢の方が興奮もんだよ。これからどんどん恥ずかしい体位を試すからね」

「んんー。あぁん、そんな、どんどんエッチなカラダになってしまいますわ」

「エッチになっていいんだよ。俺も、そっちの方が嬉しいから」

ズンズンと勢いよく突きまくる健介。

すると、徐々に射精感を覚え始めた。

じんわりとした熱の塊が、ペニスを包み込み、じわじわと、心地よくなっていくのである。

ただ、もう少しこの快感を味わっていたい……。

イクのは簡単だが、それでは終わってしまう。

彼は、必死になって吐精感を抑え込んだ……。

グッと下腹部に力を入れると、幾分か余力が生まれる。

(よし、まだできるぞ。もっと頑張らないと……)

そう感じ、健介はピストン運動を連続して行うのであった。

「美奈子、イキたくなったら、俺もイッてもいいかな?」

「もちろんですわ。たっぷりと中に精子をください」

「わかった。もう少しでイケそうだから、たくさん精子を注ぐからね」

抽送の動きを速めていき、最後の仕上げにかかる健介。

一突きごとに快感の塊が全身を貫き、いよいよ、耐えるのがしんどくなってきた。

「健介さん、おま×こ、どんどん気持ちよくなっています」

「俺もだよ、ち×ぽが蕩けそうだ、本当に気持ちいい。最高の気分だよ」

やがて、射精感は耐え難くなってくる。

ゾクゾクとする、悦楽が全身を包み込んでいくのであった。

同時に、ペニスが熱く反応を示し、小刻みに蠕動を始める。

その微かな動きに、美奈子も気づいたようである。彼女は、キュッと陰部を締め上げると、ペニスをキュキュッと包み込んでいくのであった。

「うおぉ、おま×こが締まる……、美奈子、俺、そろそろ限界かも……」

「我慢なさらずに、イッてしまってもいいんですよ。私も何度もイッてしまいましたから、今度は健介さんがイク番ですわ」

「ありがとう。うぉぉ、気持ちいい……、あぁ、最高の気分だ」

とうとう、我慢の限界を迎える。

圧倒的なオルガスムスを迎え、彼は牡の欲望を発射させる。

ビュルビュルドピュ……、ピュピョ……ブピョプ……。

白濁色のスペルマが、勢いよく膣内に注がれていく。

熱いスペルマは瞬く間に女壺の中を侵食し、美奈子と恍惚とする気分で満たしていった……。

「あぁん、熱い……、精子が注がれてますぅ……、はぁ、中出しされるの、やっぱり気持ちいい……。んんぁ、ンッ」

「はぅ、あまりに気持ちよくて、精子が止まらないよ」

「はい、どんどん出してください。私を孕ませてぇ」

濃厚な中出しを放った健介は、深い満足感に包まれていった。

正常位と後背位で交わいによって、気持ちよくなっていく。

こんな風にセックスできて、健介は心の底から嬉しくなった。

もちろん、美奈子も嬉しく感じている。

この瞬間、確かに二人は愛し合い、夫婦になったと言えるだろう。

精を解き放った健介は、ガクリとうなだれ、美奈子に覆い被さるように、崩れ落ちた。

二人はギュッと抱きしめ合いながら、セックスの余韻に浸っていく。

「美奈子、すごく気持ちよかったよ」

「私もです。素晴らしいセックスでした」

「うん、俺たち、ずっと一緒だからね」

「もちろんです、あなたは私の夫ですわ」

「君は僕の妻だ。毎日でも抱いてあげるからね。確実に孕ませてあげるよ」

「あぁん、嬉しいですわ。健介さんとの間の赤ちゃんが欲しい。それに、もっと濃密なセックスがしてほしいですわ」

「もちろんだよ。これからたくさん抱いてあげるからね」

健介がそう言うと、にっこりと美奈子は微笑む。

そして、甘く切ない口づけをかわしていく……。

「んちゅ、ちゅぱ」

キスの水温が、静かな室内に染み渡っていく。

二人はこってりとしたセックスの余韻に浸りながら、いつまでも抱き合っていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました