連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第10回

「美奈子のおっぱい、すごく大きいね」

「そうでしょうか? Dカップくらいですけど」

「十分だよ。変に大きすぎるより、このくらいがちょうどいいと思うし」

「そう言ってもらえると嬉しいですわ。さぁおち×ぽを挟んで差し上げますね」

美奈子は胸の谷間でペニスを挟み込んだ……。

プニプニとした弾力のある肌の質感が、ダイレクトに肉竿に伝わっていく。

何かこう、温かい膜につつまれていくような感覚が広がるのであった。

「これがパイズリ……。あぁ、なんだか優しい感じがするよ」

「んしょ、あぁん、おち×ぽがどんどん大きくなって、胸の中が熱いですわ」

「早く動かして。俺、堪らないよ」

「落ち着いてください、ちゃんとして差し上げますから」

クスッと笑みをこぼすと、美奈子は早速パイズリを始めた。

彼女自身、このような体験は初めてであったが、本などを見て、知識として知っていたので、それとなく愛撫することができた。

「うぉ、気持ちいい……、胸の柔らかさが最高だよ」

「はい。お胸で挟んでシコシコしてあげますからね」

「うぁ、堪らない、こんなに気持ちいいなんて知らなかったよ」

感動した声をあげる健介。

自分の予想していた以上に、パイズリは気持ちいい。

美奈子は、せっせとペニスを愛撫していき、胸の谷間をフルに使っていくのであった。

「あぁ、美奈子、すごいよ。こんなの味わっちゃうと、もう普通にオナニーができないよ……」

「オナニーなんてしなくてもいいんですよ。私がいつでも相手をして差し上げますから……」

「ふぅ、ハァ、ち×ぽが熱い……、あぁ、このままだと直ぐにイッてしまいそうだ」

初めてのパイズリを受け、健介は射精感を覚えつつあった。

しかし、ここでイクわけにはいかない。

プレイはまだまだ始まったばかりなのである。

だからこそ、健介は必死になって耐え始める。

下腹部にグッと力を入れると、幾分か余裕が生まれてくる。

(よし、まだいけそうだ)

と、健介は感じていた。

ペニスがピクピクと動いているので、美奈子も彼の射精が近いことを察していた。

それを受け、さらにプレイ内容を濃くしていく。

「健介さん、パイズリしながら、おち×ぽを舐めて差し上げましょうか?」

「え? そんなことできるの?? うん、やってもらいたいよ」

「わかりました。してあげますよ」

美奈子は、スッと顔をイチモツに近づけていく。

泡塗れになった怒張を、軽くシャワーで洗い流しキレイにすると、舌先をスルっと伸ばして、亀頭の先端に舌を押し当てる。

そして、そのままレロレロと舐め始めた……。

「んちゅ、ちゅちゅん」

美奈子の口元から、僅かに水音が漏れる……。

その音は、淫らな響きがあり、健介をゾクゾクさせるのであった。

「うぉ、美奈子の舌先がち×ぽに当たってるよ」

「ちゅちゅん、ちょぱ、ちょぱん、あぁん、エッチなお汁がどんどんできますわぁ」

カウパー腺液を舌でぬぐい取ると、僅かに苦みのある味わいが広がっていく。

しかし、それは決して不快な味ではない……。

むしろ、興奮を誘うというか、女としての悦びを感じるのであった。

「逞しいおち×ぽ、あぁん素敵ですわ……、健介さん」

「美奈子、ち×ぽをしゃぶって、ただ舐めるだけじゃ物足りないよ」

「わかりました、しゃぶって差し上げますわ……」

そう言い、美奈子は口腔をいっぱいに広げ、カプッとペニスを咥えこんだ。

彼女は、たっぷりと唾液を含ませて、いきり立った剛直を包み込んでいく。

ねっとりとヌメヌメして、それでいて温かい。

天にも昇る心地よさを感じながら、健介はガクガクとカラダを震わせる。

「うわぁ、美奈子、最高だよ、気持ちよすぎる」

「んじゅ、じゅるん、じゅるる、あぁんおち×ぽ、とっても美味しいですわ……、癖になってしまいます」

「お、俺、もうダメかもしれない。精子が出そうだ」

「我慢しないでください。いつでも好きな時に出してもいいですからね」

必死にアヌスに力を入れて耐え忍んでいたのであるが、どうやら限界が近いようである……。

段々と吐精感がせり上がってくる。

「あぁ、ダメだ……、美奈子、俺もう限界だよ」

「はい、出してください。お胸にたくさん精子を」

「うぉぉぉ……、出る!」

次の瞬間、激しく牡汁が炸裂した。

ビュルビュルドビュ……プピョプ、ブッピョップ……。

「うわぁぁ、どんどん精子が出てくる。気持ちいいよ」

尿道を、一気に精が駆け巡り、耐えがたい快感が発生する。

ドクドクとスペルマを放つと、それはキレイな放物線を描いて、美奈子の乳房に降りかかっていった。

「あぁん、熱い、精子、とても熱いですわぁ……」

「精子がどんどん出てくる……、うぉぉ、堪らないよ」

昨日もセックスをして、あれだけ精を放ったのに、今日もまた同じくらいの量の精子が出ている。

たっぷりと射精すると、心地いい疲れが襲ってくるが、それだけではない。

美奈子のあられもない姿を見ていると、再び肉棒が隆起してくるのであった。

健介はシャワーを使って、美奈子に注がれた白濁色のスペルマを洗い流していく。

キレイになった乳房は、キレイな肌色をおり、透明度の高い質感であった。

「美奈子、おま×こを気持ちよくしてあげるよ」

「そんな……、でも」

「俺が気持ちよくなったんだ。次は君の番だろ?」

「しかし、お仕事がありますし」

「いいじゃないか、少しくらい、二人で楽しもうよ」

健介の言葉を聞き、美奈子はそれに従った……。

今は閑散期。

しばらく仕事を離れても特に問題はないであろう。

「わかりました、お供いたしますわ」

「ありがとう。じゃあこっちへおいで」

従業員用の浴槽はそれなりの大きい。

恐らく寝そべってのプレイもできるであろう。

健介は、湯船の淵に美奈子を座らせると、その状態で足を広げてもらった。

「美奈子、おま×こを見せて」

「あぁん、恥ずかしですわ……」

「恥ずかしがる姿も可愛いね」

「ハァハァ、あそこを見られるのって恥ずかしいですけど、興奮してしまいますわ」

「どれ、どうなっているか見せてもらおうかな?」

足を広げると、淫裂がくいっと押し広げられ、大陰唇の奥にある小陰唇がくぱぁと顔を出した。

そこを指で押し広げると、ヌラヌラと光る膣口が見える。

「おま×こ、濡れてるね? これは水滴じゃなない」

「はい、健介さんのおち×ぽをパイズリしていたら、感じてしまったんですわ」

「ホントに君はエッチだね。でもね、そんな美奈子も好きだよ。よし、俺がおま×こを触ってあげるから」

「はぁん、仕事中にこんなことをするなんて……」

「大丈夫。俺たちだけの秘密だからね」

健介はスッと指先を伸ばし、ヌルヌルになっている女壺に触れた。

「うん、熱い……。熱を帯びているね」

「はい。感じてしまったんです」

「こんなに蜜が噴き出して、すごくおいしそうだ」

指先でクリクリと膣口を刺激する。

すると、どんどん淫蜜があふれ出し、彼の指先を濡らしていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました