連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第11回

「おま×こ、すごく濡れてるね。感じてるんだね?」

「あぁん、そんな風に弄ったら、ますます感じてしまいますわぁ」

「もっと感じさせてあげるよ」

指の腹を使って、淫裂を刺激していく健介……。

弄るほどに、ぴちょくちょという水音が響き渡る。

「んぁ、あぁ、健介さんの指先、いやらしいですわ」

「おま×こがたっぷり濡れて大洪水だ。美奈子ってエッチなんだね?」

「健介さんが私をエッチにしたんですのよ。本当はこんなふしだらな女じゃないのに」

「ふしだらでもいいじゃないか? 俺はエッチな女の方が好きだよ。前から言ってるけどね」

「はぁん、おま×こが気持ちいいです……、耐えられない」

「今度は指を挿れてあげるよ」

そう言い、健介は胎内に指を挿入していく……。

蜜壺の中は、しっとりとしており、それでいて温かい。

ヌルヌルになった粘膜が、指先に絡みついてくるのであった。

「美奈子のおま×こ、トロトロになってるよ……」

「はぅ。指が私の中に……、あぁん」

「キュッと締まるね。指が噛み千切られるみたいだ」

「指を挿れられてクリクリされると、自然とあそこが締まってしまうんです」

「ねぇ、美奈子、おま×こって言ってみて」

「そ、そんな恥ずかしいですわ」

「お願いだよ。いつもは言ってくれるだろ?」

「お、おま×こ……」

卒倒しそうなほど恥ずかしくなる美奈子。

それでも、彼女は淫語を口走った。

「きゃっ、恥ずかしい」

「生娘みたいだね。美奈子、ホントに可愛いよ」

「あまりからかわないでください。イジワルですわ、健介さんったら」

「ゴメンね、ただ、エッチな言葉を、君の口から聞きたかったんだ。ありがとう。満足したよ。そしたら、そのお礼に、クリを弄ってあげるから」

「ぁぁん、クリは敏感だから、優しく弄ってください……」

「もちろん、丁寧に弄るから安心してよ」

健介は親指の腹を使って陰核を覆っている包皮を押し出した。

すると、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してくる。

雌芯である。

ヒクヒクと震えているクリトリスは、さながら小動物のようにも見えた。

「クリ、小さくて可愛いね。少し大きくしてあげようかな」

「はぁん、早く弄ってぇ、感じさせてください」

「わかった。今してあげるからね」

片方の手を、淫裂に押し挿れ、開いたもう片方の手で陰核を刺激する。

ダブルで秘所を刺激された美奈子は、堪らない気持ちになっていくのであった。

「んんぁ、はぁん、ダメ……、そんな……、感じちゃう……。あぁん」

「クリが飛び出してきたね。それに赤く充血してる。擦ると大きくなるよね?」

「ンッ、ぁぁ、ぁん。クリちゃんが感じる……、とっても気持ちいいのぉ……」

カラダを小刻みに蠕動させながら、美奈子は歓喜の声をあげていくのであった。

執拗に陰核を弄っていくと、美奈子の淫声も強くなっていく。

彼女の淫らな声を聴いていると、健介もやる気に満ちてくる。

「美奈子、クリが膨らんで、花の蕾みたいになったよ。あぁ、感動的だなぁ」

「んんぁ、あぁん、ダメ、そんなに弄られたら、たちまちイッてしまいますわ」

「まだイクのは我慢しないとダメだよ。まだまだこれからだからね」

そう言い、健介は淫裂に顔を近づけていった。

すると、馨しい女の性臭を感じる。

リコッタチーズの匂いというか、とにかく峻烈な香りが漂ってくるのである。

クンカクンカと匂いを嗅いでいくと、健介も興奮に包まれていくのであった。

「美奈子のおま×こ、いい匂いがするね」

「やぁ、そんなところの匂いを嗅がないでください」

「無理だよ。だってこんなにいい匂いなんだもん。あぁ、堪らない、もっと嗅がせて」

「んんー。あぁ、健介さん、そんなに意地悪しないで」

女臭をたっぷりと感じていくと、健介は舌先をペロッと伸ばし、淫裂に押し当てた。

そして、にちょにちょと音を上げながら、クンニリングスを開始したのである。

「んじゅ、ちゅちゅん、ちゅぱ、んぉ、おま×こ美味しい……、エッチな味がするよ」

「あぁん、汚いです。そんなに啜らないで……」

「美奈子のカラダに汚い場所なんてないよ……」

「ふぁ、んんー。あぁ、ダメ、そんなに舐められたら、我慢できない……」

「もう少し我慢してね。たっぷり我慢すれば、イクときにそれだけ気持ちよくなれるから……」

断続的なアクメが、美奈子を包み込んでいく。

じわじわとした悦楽がカラダ中を覆い尽くし、気持ちよさのピークを迎えるのであった……。

「あぁん、ハァハァ、健介さん、気持ちいい……、おま×こ舐めなめされるの気持ちいいです」

「もっと、感じさせてあげるから。んじゅる。じゅるん」

蜜液を啜り上げるように、健介はクンニを続けていく。

淫らな味わいは、若干の塩気があるものの、甘露のような味が広がっていくのであった……。

「け、健介さん、あぁん、ダメです、このままじゃ私、イッてしまいます」

「そう。そうしたら、イッてもいいよ。最後にクリも舐めてあげるから」

舌を伸ばし、陰核に押し当てる。

そして、ペロペロと犬のように舐め話していくと、美奈子のカラダがビクビクッと跳ねた。

どうやら、限界がすぐそこまで来ているようである。

「あぁん、ダメ! ホントに! イッちゃう! イク!」

声が大きくなる。

次の瞬間、長く鋭いオルガスムスが、美奈子のカラダを貫いた。

「んぁー!! イクゥーーーー」

ピッピッと淫水が噴き出してくる。

あまりに執拗に陰部を刺激したため、子宮頸管粘液があふれ出したようである。

「あぁ、エッチなおしっこがふき出してきた。……うぉ、堪らないよ」

「やぁ、出ちゃう、出ちゃうのぉ」

こうして、美奈子は昇天を迎えた。

快感が鋭すぎるのか、カラダがフラフラとしている。

それを見た健介は、彼女のカラダをそっと支えた。

「美奈子、大丈夫かい?」

「すみません。あまりに気持ちよくて、あぁん、カラダがよろめいてしまいますわ」

「美奈子、もちろんこれで終わりじゃないよ。これからが本番だからね」

「もちろんですわ。私もまだまだ満足できません」

「このまま温泉の中でセックスしてもいいかな?」

「はい、抱いていくださいまし」

そこで、健介はヒシっと美奈子を抱き締めた。

そして、顔を近づけ、スッと唇を重ねていく。

「んちゅ、ちゅちゅん」

「あぁん、健介さん」

甘く切ないキスが展開され、美奈子は何も考えられなくなった。

とにかく、頭がフワフワとしてしまうのである。

「健介さん、気持ちいいですわ」

「俺もだよ。美奈子とキスすると、とても嬉しい」

「私も。私もですわ」

二人は濃密なキスをしていく。

やがて、舌同士を絡め合いディープなキスを生み出していくのであった。

「んじゅる、じゅるん、じゅる」

こってりと舌を絡めていくと、仄かに甘みを感じる。

美奈子の唾液は、どこかハチミツのような味わいがあり、健介は嬉しくなるのであった……。

「美奈子、あぁ、堪らないよ。もっと、もっと、求めたい」

「はぁん、私も……、私ももっと健介さんに抱かれたいですわ」

浴室でのセックスであるため、正常位はなかなか難しい。

そこで健介は立ちバックの体位で挿入することにした。

「美奈子、後ろから挿れてあげるよ」

「はぁん、なんだか獣同士のセックスみたいですわ」

「そっちの方が興奮するだろ? たくさん突いてあげるからね」

尻たぶを手で揉みしだきながら、双肉をくいっと左右に押し広げる。

すると、ヌレヌレになった淫裂が顔を出す……。

蕩けるほど、こってりとした淫臭が漂っていく。

健介は、いきり立った屹立を突き立てると、そのままゆっくりと貫いていった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました