連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回

連載官能小説

連載官能小説『ひょんなことから温泉宿の若旦那になってしまいました』第12回

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが吸い込まれていく。

褶曲するかのように、膣内の形状が変わり、ペニスを包み込んでいく。

「うぉ、やっぱりおま×この中は気持ちいいよ……」

「私もです。私も気持ちいいですわ」

「美奈子は奥が好きだよね?」

「はい。奥を突かれると、頭がじんわりしてしまいます」

「なら、たくさん奥を突いてあげるよ。立ちバックだから、奥まで入りやすいと思うし……」

立ちバックは、その性質上、やや奥深くまで挿入が可能である。

しかし、その分抜けやすい欠点もあるのだ……。

健介は、怒張が抜けないように細心の注意を払いながら抽送を始める。

くちょ、にちょと、淫猥な音が温泉内に染み渡り、淫らな空気を作っていく。

「どう? 奥まで突かれる感覚は?」

と、健介が尋ねる。

すると、カラダを捩らせながら、美奈子は答えた。

「あぁん、感じる……、すごくいいですわ。奥を突かれる! 赤ちゃんの部屋をノックされてますぅ」

「奥を突くほどに、エッチなお汁が噴き出してくる」

「んんぁ、だって、あまりに気持ちいいからぁ」

「もっと感じて……。俺にエッチな姿をたくさん見せて」

「はぁん。健介さんのせいでどんどんエッチになっていきますぅ」

ガンガンと、腰と穿ちながら、快感を生み出していく健介。

やはり、セックスは気持ちいい。

それを、再確認することができた。

「美奈子、少し大胆な格好で突くよ?」

「え? 何をされるんですか?」

「こうするのさ」

と、健介は告げる。

そして、美奈子の片足をスッと持ち上げたのである。

牡犬がおしっこするような体勢になり、秘部がグイっと広がるのであった。

「きゃー、こんな体勢……。あぁん、恥ずかしすぎる」

「エッチな体勢が好きでしょ? だから、今回もこの体位でしてあげるよ」

「やぁん、大事な場所が丸見えになってる」

「結合部分がよく見えるよ。あぁ、卑猥すぎる」

「んんー。あぁ、あぁん。恥ずかしい。でも感じてしまうのぉ」

「感じていいんだよ。もっと感じてごらん……」

「んンァツ。きゃん。あぁん。おま×こが悦んでる……。エッチな体勢になって、興奮してますぅ」

足を広げたことによって、下から突き上げられるようになった。

こうすると、さらに深部まで挿入が可能になる。

「うぉ、奥まで届く……」

「はい、奥が……、奥に響きます。んんぁ、気持ちいい……」

女性の場合、奥を突かれるのが好きな人もいれば、浅く突かれるのを好む人間もいる……。

これまでの経験上、美奈子は奥派のようであった。

「奥が好きな美奈子に、とっておきのプレゼントをしてあげるよ」

「はぁん、嬉しい、何をしてくれるんですか?」

「こうするのさ」

そう言い、健介は突きの一撃をさらに深めていった。

浅く突いたと思ったら、一転して奥深くまで挿入していく。

こうすることで、刺激に変化を加えていったのである。

こうなると、ただ単純に奥を突かれるよりも痛烈な快感が入るようになるのだ。

これには、美奈子も堪らない。

ガクンとカラダを捩らせながら、快感に浸っていくのであった。

「どう? 美奈子、気持ちいいでしょ?」

「はぁん、気持ちいい……、耐えられませんわ……」

「ククク……、美奈子、また今日もイキ狂わせてあげるからね」

嬉々として告げる健介。

女をイカせるのは、男の悦びでもあるのだ……。

やはり、ヨガっている女の姿を見るのは心地いいものがある。

「あぁん、健介さん、おま×この奥が……、奥が気持ちいいのぉ……」

「そうだろ? 俺も気持ちいいよ。それに美奈子、さっきよりもおま×こがヒクヒクしてきたぞ」

「はぅん。だって、あまりに気持ちよくてぇ……。おま×こが壊れてしまいます……」

「おま×こ破壊だ! ガンガン突いて俺なしではいられなくしてあげるよ」

「あぁん。嬉しい……、私、どんどん健介さん色に染まっていきますぅ」

度重なる突きを受けていくと、断続的なアクメが襲ってくる。

同時に、その感覚が徐々に小さくなっていくのを感じていた。

痛烈な悦楽が美奈子を包み込み、カラダを小刻みに震わせるのである。

「んんぁ、あぁん。ダメ! 健介さん、このままだと私イッてしまいます」

「ん。イキそうなの? ならイッてもいいよ……」

「あぁん、あまりに突かれて、おしっこが出そう……、出てしまいますわ」

「出していいよ。お漏らしセックスしてあげるよ」

すると、美奈子の陰部からピッピッと淫水が迸ってくる。

「あぁ、出ちゃう……、おしっこが出ちゃいますぅ、見ないでぇ」

「うぉぉ、潮吹きだね。それだけ気持ちいいって証拠だよ」

子宮頸管粘液がドプドプとあふれ出し、健介も嬉しくなってくる。

最愛の妻をイカせたということで、気分も高まるのであった。

「あぁん、ひぃ、あぁ、あぁぁーー」

声にならない嗚咽を漏らしながら、美奈子は感じ続ける。

彼女は激しくイッているのであるが、健介はピストン運動をやめなかった。

これでもかという勢いで、抽送を続けるのである。

「んん、なっ……、ンッ、あぁん、イッてるおま×こをそんなに突かないでぇ、変になってしまいますわ」

「たくさん突いて欲しいって言ったのは美奈子の方だよ。これで止めるなんてできないからね」

「あぁん、そんなぁ、酷い……、あぁ、はぁん、イッてるおま×こ、ビンビンに感じちゃうのぉ」

ガクガクとカラダを蠕動させ、感じ続ける美奈子。

その様子を見ていると、健介の動きにも力が入ってくる。

「いい調子だよ。美奈子、俺も気持ちいいから」

変則的なリズムを刻みながら、ピストン運動を続けていた健介であったが、短い絶頂を覚え始めた。

とにかくペニスが気持ちよくなり、イク兆候が出てきたのである。

(まだイクわけにはいかないぞ。俺も我慢しないと)

そう考え、下腹部に力を入れて、耐え忍んでいく。

すると、幾分か余力が生まれてきて、動きにも余裕が生まれてきた。

「健介さん、激しい……、あぁん、あぁーー……」

「美奈子、今度はこっちを向いてしようか。密着騎乗位っていうんだけど」

「はい。向かい合わせでしたいですわ」

「うん。そうしたらしてみよう」

二人は湯船の中にゆっくり浸かると、一旦結合を解き、向かい合わせで抱き合った。

そして、ギュッと抱きしめ合いながら、挿入を試みる。

「少し挿れにくいけど、これはこれで気持いいね」

「健介さんをダイレクトに感じることができますわ」

「美奈子、少しずつ動くからね」

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました