連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第7回

連載官能小説

連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第7回

「今度は後ろから挿れますからね」

俊介はそう言うと、後ろからペニスを挿れていく。

めりゅめりゅと、剛直が膣内に吸い込まれていく。

ねっとりと絡みつく膣ヒダの感触は相変わらずすさまじい。

突くほどの快感の塊が襲ってくるのである……。

俊介は、ゆるりとしたペースが突き始めた……。

由美はイッたばかりである。

あまり激しくすると、カラダに負担がかかるかもしれない。

そう考えた俊介は、少しずつ動きを早めることにした。

ずんずんと、イチモツを挿入していくと、堪らない快感に包まれる。

由美の胎内はねっとりと温かく、それでいてヌメヌメしている。

ペニスをキュッと締めていき、鋭い悦楽を生み出すのであった。

ゆるりとしたペースで突いていても、この衝撃である。

これで速く動いたら、どれだけ気持ちよくなれるのか?

考えるだけで心が躍ってくるのであった……。

俊介は、由美の臀部に手を置いて、リズミカルに腰を振っていく。

肉感のあるヒップは、女性らしいラインを誇っており、魅力満載である。

こんな豊満なボディをだけで、俊介は嬉しくて堪らなかった。

「由美さん、後ろから挿れられるのはどうです?」

「あぁん、どうって、そんな……、恥ずかしい……」

由美は嗚咽を漏らす。

恥ずかしさは溢れてくるが、快感も素晴らしい。

同時に、犯されていると感覚が、妙に心地いのである。

後背位は、男性優位の体位であるため、征服感が強い。

だからこそ、俊介は由美を屈服させているという気持ちになれた。

ただ突くだけではつまらない。

と、俊介は考えた。

そこで、丸みのあるヒップをバシンと叩いてみた。

すると、由美のカラダに電流が走ったかのような衝撃が起こった。

「きゃん、何をするの?」

「お尻叩きですよ。興奮すると思って」

「そんな、興奮だなんて……」

「でもおま×こが締まりましたよ。もっと感じてください」

リズミカルに腰を振りながら、俊介は尻叩きを行った。

ペチペチと臀部の双肉を叩くと、プルプルと震えていく。

肉が躍っているかのようで、充足感で満ちていくのであった。

(うぉ、堪らない。僕、由美さんを犯してるんだ)

征服感が強く、俊介はどんどん興奮していく。

途端、激しい快感に包まれて、ペニスが熱く反応を示す。

やがて、俊介は、由美の片足を持ち上げ、牡犬がおしっこをするような格好にさせた……。

こうすることで、更なる羞恥心を煽ったのである。

「やぁ、こんな体勢。恥ずかしすぎます」

「でも興奮するんじゃないですか?」

俊介は、変わらず腰を穿ち、ピストン運動を続けていく。

先程よりも、やや斜め下から突き上げるように抽送していくので、淡い快感が由美を包み込でいった。

由美は少し不安定な体勢になり、カラダにグッと力を入れた。

それでも、凄まじい快感が襲ってくる。

(こんな恥ずかしい体勢になってるのに……、私、感じてる……)

と、由美は思っていた。

恥ずかしいのだけど、興奮してしまう。

膣の最奥を突かれているような気がして、クラクラとしてしまうのであった。

一方、俊介も最後の仕上げにかかりつつあった。

あまりにも気持ちいいので、限界が近いようである。

一突きごとに、悦楽の塊が全身を貫いていく。

ペニスははち切れそうになっており、強いアクメを覚え始めた。

「由美さん、俺、そろそろイキそうです。イッてもいいですか?」

「あぁん、イッて下さい」

「射精しそうだ。どこに出せばいいですか?」

「中に、中にください。今日は安全な日ですから」

興奮しきった由美は、膣内射精を望んだ。

濃厚な精子を、膣奥で受け止めたいと思ったのである。

その言葉を聞いた俊介は、嬉しくて堪らなかった。

中出しできる悦びが、彼に力を与えていく……。

「わかりました、中に出しますからね」

そう言い、俊介は力の限りを尽くして、突きの一撃を繰り出していく。

やがて、ゾクゾクとする感覚がペニスを通じて全身に広がっていく。

そして、とうとう彼は果てる。

次の瞬間、勢いよく白濁色のスペルマが発射された。

――ビュルビュル……ビュピョプ。ビュピョプ。

ドクドクと精子を発射させると、堪らない気持ちになってくる。

尿道を駆け巡る精液は、同時に快感を運んでくるのであった。

(うぉぉ。すごく気持ちいい……、どんどん精子が出るよ)

俊介は、最後の一滴まで精子を絞り出していく。

牡汁はたっぷりと女壺に注がれていき、由美を興奮させていった。

(あぁん、私中出しをされてる。夫がいるのに……なんてふしだら女なの)

そんな風に思いを馳せるが、欲望は止まらない。

中出しをせがんでしまい、淫らな女だと思われたかもしれない。

しかし、それでもよかった。

満足感に包まれ、由美は激しいセックスの余韻に浸っていく。

「由美さん、最高のセックスでした。ありがとう」

「私もです。ホントに気持ちよかったです」

二人は満足し、深く抱き合った――。

 

後日――。

「いやぁ、俊介君よかったよ」

と、居酒屋で健が告げた。

健は俊介の精力に触発され、自分の性欲が戻ってきたと告白したのである。

由美に毎晩のように求められても対応できるようになったのだ。

「よかったですね。僕も役に立ったのかな……?」

「役に立ったよ。これで子作りに専念できる。子供ができたら、君に改めてお礼をするよ」

夫婦生活が舞い戻ってきて、余程嬉しいのか、健は豪快に笑った。

どうやら、自分もプレイは役に立ったようである。

それならばよかった……。

しかし、寂しい気持ちもある。

由美と健は、再びセックスができるようになった。

ならば、俊介はもう必要ないだろう。

そうなると、自分の寂しさはどうやって解消すればいいのか?

俊介は微妙な気持ちになりながら、健が酒を飲むのを見つめていた。

「俊介君、君も早く結婚したまえ。君の精力なら、セックスライフが楽しめるだろうよ……」

「あはは、そうですね」

俊介は苦笑いを浮かべ、グラスの残ったビールを一気に飲み干した――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました