連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第10回

連載官能小説

連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第10回

トロトロになった膣壁を擦っていくと、何だか変な気分になっていく。

俊介もどんどん淫らな思いが広がっていくのであった。

指を膣内の奥の方まで挿れてみる。

体温で乱されているため、とても温かい……。

「んー。ぁぁん。気持ちいい……」

と、思わず玲子は囁いた。

あまりの快感に、身が蕩けそうになってしまう。

性器を通じて、快感の塊がじっくりと襲ってくるのであった。

膣内には無数のヒダがあるようで、それが指先に絡みついてくる。

(玲子さんのおま×こ、ホントにトロトロになってるよ)

と、俊介は感じながら愛撫を続けていくのであった。

次いで、彼は指を一本ではなく、二本挿れてみることにした。

若干窮屈ではあるが、問題なく入るであろう。

人差し指と中指をセットにして、膣内に挿れてみる。

たっぷりと蜜で満たされているため、挿入はスムーズであった。

ぬるりと膣内に吸い込まれていき、独特のねっとりとした感触が指先を包み込んでいく……。

「ぁぁ……、んんー。そんなに大きな指を……」

かはぁと嗚咽を漏らす玲子。

彼女は、指が二本入ったことを感じていた……。

まるでペニスを挿れられているかのような錯覚が広がっていく。

指を二本、シコシコと動かしていくと、どんどん蜜が噴き出してくる。

たちどころに指がヌルヌルになり、さらに女の性臭をダイレクトに感じられた。

興奮しきった俊介は次なるプレイに進む……。

今度は、陰核を責めてみようと思ったのである。

陰核の包皮を器用に指の腹で押すと、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してくる……。

それは、小刻みに震えており、とても愛らしい印象があった。

小豆大の大きさであり、由美のそれに比べると、幾分か大きい。

指を使って陰核に軽く触れてみた。

すると、玲子のカラダがビクンと蠢いた……。

「あぁん、そんな、敏感な部分を……」

クリトリスを弄られるのは、玲子も好きである。

敏感な部分は、触れられるほどの気持ちよくなり、癖になるのだ。

俊介は、指の腹を起用に使って、クリトリスを舐るように刺激していった。

陰核を弄ると、同時に秘唇がキュッと締まりを見せた。

まるで、指が噛み千切られるみたいである。

(すごい締め付けだ。早くち×ぽを挿れたいなぁ)

と、俊介は思いながら、クリトリスを弄り続けた。

やがて、プクっとクリトリスが立ち上がり勃起したかのようにある。

おまけに白かった陰核に、うっすらと赤みが差し、キレイなピンク色へと変化していった。

触れられるほどの快感が襲ってきて、玲子はガクガクとカラダを震わせる。

やがて、アクメを覚え始めた。

鋭い快感が、全身を襲っていくのである……。

気持ちいい……。

こんなにも気持ちよくなれるとは、正直予想外であった。

「あぁん、ダメ……、あぁ、クリちゃんがぁ……」

堪らず淫声を吐く玲子。

そんな艶のある声を聞いていると、俊介も嬉しくなっていく。

玲子のような豊満な女性を悦ばせることができて、最高に気分がいいのである。

(少し、おま×こを舐めてみたいな……)

と、俊介は感じていた。

そして、ゆっくりと秘唇に顔を近づけていく。

微かだが、発酵したチーズのような香りがする。

しかし、それは決して不快な匂いではなかった。

何というか、情欲を誘ってくれるような芳香なのである。

「そんな場所舐めないで、あぁん、俊介さん……」

と、切なそうな声をあげる玲子。

ただ、その声は決して嫌がっているようには聞こえない。

むしろ、クンニリングスを望んでいる。

そんな風に思えた。

――んちゅ、ちゅちゅん。

舌先で淫裂を舐めてみる。

僅かだが、塩気のある味わいを感じるのであった。

(これが玲子さんの味かぁ。うん、すごく高貴な味がするよ)

と、俊介は思いを巡らせながら、クンニリングスを始めた。

舌先をフルに使って、レロレロと膣口を舐め回していく。

トロトロと蜜が噴き出し、それが舌の上で踊った。

「あぁん、ダメぇ、そんなに舐められたらぁ……」

と、玲子の声が大きくなっていく。

感じているのだろう。

事実、アクメの感覚は短くなっており、今まさにイク寸前になっていた。

俊介は、玲子が後少しでイキそうだと、見抜いていた。

膣内がキュッと締まりを見せるし、ヒクヒクと痙攣を始めている。

それにカラダの昂ぶりも鋭くなっているのだ。

(玲子さん、後少しだな)

と、そんな風に考えて、俊介は必死になってクンニリングスを続けた。

――じゅる、じゅるん、ちょぱちゅぱ。

淫音を鳴り響かせながら、愛撫を続けていくと、やがて玲子のカラダが小刻みに震え始めた。

そして、

「俊介さん、私、もうダメ……、イッちゃいそう。あぁん、限界なのぉ」

「イッてもいいですよ。僕にイクところを見せてください」

夫の前でもこんな風にイッたことはなかったかもしれない。

ただ、不貞行為を行っているという背徳感が、興奮という名の大木に火をつけたのである。

燃え盛る火炎のように、アッという間に快感が広がっていった。

「あぁん、ダメェ、イク! イッちゃう!!」

ガクンとカラダを捩らせて、玲子はとうとうイッてしまった。

陰部からは、プシャーと潮が噴き出て、今まさにイッたことを物語っていた。

激しく昇天した玲子は、ガクリとベッドの上に寝転んだ。

そして肩で息をするように、これまでの快感を反芻していく。

ものすごく気持ちがよかった。

こんな風に快感に包まれるのは、本当に久しぶりである。

否、もしかすると初めてかもしれない。

「俊介さん、気持ちよかったわ、ありがとう……」

「玲子さん、これで終わりじゃないですよ。まだまだこれからですからね」

そう言い、俊介はボクサーパンツを脱ぎ捨てた。

すると、いきり立った肉竿が直立し、下腹部に突き当たる勢いであった。

(すごく大きい……、あの人のサイズとは違うわ)

そう。

俊介のペニスのサイズはとにかく巨大である。

玲子の夫である徹も、決して小さいわけではないのだが、俊介のそれと比べると、大人と子供ほどの違いがあると言っても過言ではなかった。

「玲子さん。僕の息子を可愛がってもらえませんか?」

俊介は自分の分身を扱きながら、そう言った。

対する玲子は、カラダを起こすと、俊介のそばにより、いきり立ったペニスを見つめ、

「わかったわ。たっぷり可愛がってあげるからね」

と、告げた。

そして、柔らかな手のひらを使って、肉竿を包み込むと、ゆっくりと上下に動かしていった。

(うぉぉ、すごく気持ちいいぞ)

玲子の手コキは、どこか手慣れており、程よい快感がある。

優しく手のひらで包まれるだけど、堪らない気持ちになるのだ。

「あぁん、こんなに大きくなって。……俊介さん、立派なあそこをお持ちなんですね」

「玲子さん、このち×ぽがあなたの中に入るんですよ」

そう言うと、玲子はまじまじとペニスを見つめた。

凶悪な凶器のようにも見える。

しかし、この肉竿で突かれたいという欲望も湧き出してくるのであった。

次いで、玲子は少しずつ手コキのスピードを速めていった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました