連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第12回

連載官能小説

連載官能小説『隣人の奥さんと結ばれて』第12回

玲子自身、久しぶりのセックスである。

夫の徹とは、ここ最近セックスをしていない。

だからこそ、この峻烈な刺激が愛おしいのである。

もっと気持ちよくなりたい。

考えるのはそればかりであった。

体位は正常位。

つまり、ベーシックな姿勢である。

玲子の足を左右に広げて、挿れやスクしているので、ズボズボとペニスが埋没していくのであった。

「んぁ、あぁん」

玲子が消え入るような甘い声を出す。

妙に色気があるため、俊介は感動してしまった。

一定のリズムで抽送していると、自分も堪らない気持ちになるのだ。

(ハァハァ、玲子さんの中、すごくいい感じだ)

とにかく淡い快感が襲ってきて、恍惚としてしまう。

俊介は、少しずつ抽送のペースを上げてくのであった。

奥がいいのか?

それとも、浅めがいいのか?

この辺の判断が難しい。

そこで俊介は、浅く突いたり深く突いたりを繰り返し、様子を見てみた。

すると、浅く突いた方が、玲子は感じているのではないかと察せられた。

玲子自身、奥派ではなく、浅いところをクリクリと刺激されるのが好きなようである……。

俊介は、浅めの挿入を繰り返し、刺激を生み出していく。

これには、玲子も堪らなくなった。

着実に、気持ちいいポイントを押さえてくれるのである。

奥深くまで挿入されないので、Gスポットへの刺激は弱くなるが、その分俊介の陰毛がクリトリスに当たり、それが、快感を生み出していくのであった。

(やだぁ、すごく気持ちいいわぁ。こんなの味わったら、元に戻れなくなっちゃうじゃないの)

と、玲子は感じていた。

玲子自身、今回の不貞行為は一度限りと決めていた。

それが一番いいと考えていたのである。

あまり深みにはまってしまうと、やはりよくはない。

早い話、刺激が入ればいいのだ。

そう、新しい刺激。

それを望んでいるのである。

「あぁん、俊介さん、気持ちいいわぁ……、もっとたくさん突いて」

「はい、わかってますよ」

と、俊介は告げると、浅めの挿入を繰り返していく。

ずりゅ、めりゅと、膣壁を肉竿が擦り上げていくと、それだけで堪らない快感が発生するのであった。

玲子の膣内は、膣ヒダが無数に展開されており、それがペニスに絡みついてくる。

だからこそ、気持ちいいのである。

もしかすると名器なのかもしれない。

こんな素晴らしい女性がいるのに、夫である徹は何をしているのか?

まったくもったいない話である。

自分がこんな妻をもったなら、毎晩だって抱いてやるのに……。

そんなあくなき欲望が湧き出してくるのであった。

徐々に抽送のペースを上げていった俊介は、玲子の足を大きく左右に広げた。

こうして、秘部をより一層開帳させたのである。

こうなると、かなり恥ずかしい体勢になるので、玲子の頬に朱色が差した。

しかし、恥ずかしいけど気持ちいい。

痛気持ちいいような感触が広がっていくのである。

(俊介さん、何て格好をさせるの……、とっても恥ずかしいじゃない)

と、玲子は思っていた。

それでも止められない。

ゾクゾクとしながら、悦楽が染み渡っていくのである。

夫とは違う、別の男性と寝ている。

その背徳感が、欲望に火をつけるのであった。

両足を開き、淫裂を開帳させながら、俊介はピストン運動を続けていく。

胎内のねっとりとした感触が、どこか心地いい。

動かすほどに、淫蜜が噴き出してきて、それが上手くペニスに絡みつくのである。

同時にイソギンチャクのような膣ヒダが、ピッタリとペニスに張り付いて、心地いい刺激を与えるのだ。

由美とのセックスもかなり魅力的ではあったが、玲子との情事も素晴らしい。

と、そんな風に俊介は思いを巡らせるのであった。

「玲子さん、おま×こ締まってますよ」

「あぁん、だって、あまりに気持ちよくて……、そ、その、自然とあそこが締まっちゃうの……」

キュキュッと陰部が締まると、ペニスが甘締めされて気持ちいい。

独特の感触が広がっていくのであった。

次いで、俊介は姿勢を前傾にさせていく。

こうすることで、挿入の角度を変えようと試みたのである。

同時に、玲子のぽってりとした唇を奪っていく。

水分をたっぷりと含んだ唇は、ぷよぷよとしており、弾力が素晴らしい。

――チュチュッ……、チュチュ……。

と、キスの雨を降らせていく俊介。

どんどん淫らな気持ちになっていき、満足感が広がっていくのであった。

(あぁん、俊介さんにキスされてる……、ハァハァ、何だか気持ちいい……)

濃密なキスをされると、何も考えられなくなる。

頭全体が幕のようなものに包まれて、真っ白になっていくのであった。

それでも、俊介はキスを止めない。

一転して、次は自らの舌を玲子の口腔内にねじ込んできたのである。

ディープなキスが展開されていく。

お互いの唾液を啜り合うような、濃厚なキスである。

同時に、玲子の唾液は仄かに甘く、甘露のような味わいがあった。

これがまた癖になる味わいであり、俊介の情欲をより一層燃え上がらせるのであった……。

――んじゅ、じゅるん、じゅるる。

激しいキス音が、静かな室内に響き渡っていく。

脳髄が蕩けてしまいそうであった。

あまりにも熱い口づけは、二人を肉欲の真っただ中に放り込んでいく。

こってりとしたキスを終えると、今度俊介は玲子の乳房を揉み始めた。

たわわに実った見事なバストである。

先ほども揉んでいたが、挿入と同時に揉みしだくと、また別の趣きがあるのだ。

(玲子さんのおっぱい、ホントに柔らかいや……)

俊介は肉欲の赴くままに乳房を揉みしだいていく。

シュークリームのように柔らかく、それでいて適度な弾力がある。

また、肌の質感も素晴らしい。

白く透き通るような肌は、四十代のそれではなかった。

スベスベとしており、触り心地のいいシルクのようでもある。

「あぁん、そんなにおっぱいを揉まないで……」

「でも感じるでしょ?」

嫌々というもの好きのうち。

俊介は、玲子が本気で嫌がっているわけではないと見抜いていた。

だからこそ、継続して乳房をマッサージするように揉みしだいていったのである。

蜜壺が、キュッと締まりを見せた。

乳房を揉むと、まるでリンクしているかのようでもある。

ペニスをキュッと咥えこみ、離さないのだ……。

(玲子さんのおま×こ、ホントに最高だよ……)

俊介は嬉々としながら腰を振っていく。

快感のレベルはどんどん上がっていき、彼を心地よくさせていくのであった。

おっぱいを揉みながら、ピストン運動を続けていくと、玲子のカラダがヒクつき始める……。

再び強いアクメを覚えたのである。

つい先ほどイッたばかりであるというのに、再び絶頂が襲ってきたのだ。

(あぁん、ダメ……、おま×こ気持ちよくてまたイッちゃう……)

と、玲子はグッと奥歯を噛みしめて快感と闘い始めた。

しかし、あまりにアクメが強すぎて、もう長く持たない。

その結果――。

「し、俊介さん、私、またイッちゃいそう」

と、悲痛な声をあげる。

それを聞いた俊介は、

「イッてもいいですよ。僕が何度でもイカせてあげあますから」

こうして、再度玲子は絶頂を迎えるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました