連載官能小説『とあるコーヒー店の猥談』第1回

連載官能小説

連載官能小説『とあるコーヒー店の猥談』第1回

コーヒー店でアルバイトをしている前田健司は現在大学生。

二十歳の学生である。

そんな彼には、ある悩みがあった。

その悩みとは――。

「彼女がいない」

というものである。

通常、二十歳となると、彼女がいたとしても、何ら不思議ではない。

しかし、健司は生まれてから一度も女性と付き合ったことがないのである。

付き合ったことはおろか、手をつないだり、キスをしたりしたことだってない。

同時に、童貞である。

二十歳になってもまだ、童貞であることに、彼は焦りを感じていた。

風俗に行って、さっさと童貞を卒業しようという手段も考えた。

しかし、学生である彼は、風俗に使えるようなお金があるわけではない。

また、変な病気をうつされるのではないかと怖くない、なかなかお店にも行けなかったのである。

彼は大学の授業を終えると、アルバイト先であるコーヒー店に向かう。

このコーヒー店は全国に店舗を展開するチェーン店であり、業務のほとんどがマニュアル化されているので、誰でもできる仕事になっている。

彼は主にキッチンたち、コーヒーを淹れたり、サンドイッチを作ったり、忙しく働いていた。

恐らく、他にも割のいいアルバイトはたくさんあるだろう。

コーヒー店のアルバイトは、忙しい業務の割に給与があまりよくなり。

だから、人の入れ替えが激しいのだ。

そんな中、彼がコーヒー店のアルバイトを続けるのには理由がある。

その理由とは、店長である支倉由美に憧れているためなのだ。

由美は、今年三十歳になる若手の店長である。

アラサーの女性なのだが、結構童顔であり、二十代前半のアイドルのようなルックスをしている。

おまけにスタイルも抜群である。

身長は、一六〇センチと、それほど高いわけではないが、足がすらっと長く、幾分か高く見える。

コーヒー店のアルバイトは、店から支給された制服を着用するが、店長は別である。

店長職の人間は、クラシカルなスーツを纏っている。

由美も、シックなパンツスーツを着用しており、それがまた魅力的なのだ。

ピタッとしたパンツスタイルは、ヒップの盛り上がりを、これでもかというくらい強調し、女性らしいラインを見せつけてくれる。

また、ジャケットもショート丈になっており、ウエスト部分がスッキリしているのだ。

そして、ブラウスからはち切れそうになっているバストが素晴らしい。

健司の勝手な憶測だが、由美はきっとEカップ以上ある。

と、そんな風に彼は考えていた。

ジャケットを着用しても、胸の大きさがハッキリとわかるので、破壊力が凄まじいのである。

由美は、真面目な店長なので、アルバイトには結構厳しい。

アルバイト同士でおしゃべりをしていると、喝を入れるし、同じミスを何度もした場合は、叱責することもある。

だが、そんな厳しさも素敵なだなぁと、健司は思っている。

同時に、由美に怒られていると、何だか変な気分になってきて、逆に興奮してしまうのである。

もしかして、自分は変態なのかもしれない……。

怒られて興奮するという、少し困った性癖を持っていたのである。

そんな風にして、健司はアルバイトを続けていたのだが、ある日彼は、由美の窮地を救うことになるのである。

 

ある日――。

健司がコーヒー店に行き、更衣室で着替えを済ませて仕事に出ようとした時、店長室から何やら物音が聞こえてきたのである。

その日は、コーヒー店のエリアマネージャーがやってくる日であり、店長室で会議をしているようであった。

ただのアルバイトである健司には、全く関係ない話なので、特に気にしていなかったのだが、大きな音がするので、店長室の前に立ってみた。

すると中から――。

「止めてください」

という声が聞こえてきたのだ。

その声は、他でもない由美のものである。

何か困っているような声であった。

そこで、健司はトビラをノックして中の様子を探ろうとしたのである。

「店長、いますか?」

すると、エリアマネージャーの声が聞こえてくる。

「今、取込み中だよ。後にしろ」

エリアマネージャーの男性は、結構嫌みな奴で、アルバイトの人間は皆嫌っている。

健司も苦手意識を持っていた。

ただ、由美の助けを呼ぶ声を聞き、そのままではいられなくなった。

彼はエリアマネージャーの声を無視してトビラを開けた。

途端、驚きの光景が飛び込んでくる。

なんと、エリアマネージャーが、由美のジャケットを強引に脱がそうとしているのだ。

「な、何をしてるんですか」

と、健司は叫んだ。

エリアマネージャーはバツが悪くなったのか、舌打ちをして、

「何、勝手に入ってきてるんだ。入るなといっただろ」

「店長の助けを呼ぶ声が聞こえたんで。それに、こんなことしていいと思っているんですか? 本社に通告しますよ」

健司はぴしゃりと言った。

立場が危ういと感じたエリアマネージャーは、健司をドンと突き飛ばし、その場から消えていった。

どうやら、窮地は脱したようである。

ふと、由美の方に視線を滑らせると、彼女は小刻みに震えていた。

きっと怖かったのだろう。

「大丈夫ですか? 店長……」

「う、うん、ありがとう、前田君」

その時は、それで終わった。

しかし、仕事を終えてタイムカードを切り、更衣室へ向かう最中、健司は店長に呼ばれたのである。

店長室に入ると、由美がデスクに座って待っていた。

店長室は、それほど広くない。

四畳ほどの空間にデスクや棚があるだけである。

そんな小ぢんまりとした部屋で、憧れの由美と二人きり。

健司の胸は高鳴っていく。

「昼間はありがとう。前田君」

昼間の件というのは、エリアマネージャーに迫られていたということであろう。

健司は、そこから由美を救ったのである。

「いえ。店長こそ大丈夫ですか?」

「えぇ、もう大丈夫。だから安心して……」

沈黙……。

ふと、由美を見ると、頬を赤くしている。

その姿を見ると、何かこう初々しい感じがして堪らなくなるのである。

しばらく健司が黙り込んでいると、由美が言った。

「昼間のお礼がしたいの? 何かしてほしいこととかあるかしら」

してほしいこと?

何でもいいのだろうか?

しかし、健司は分別のつく大人でもある。

「そしたら、ほっぺにチューしてください。それでいいですよ」

と、冗談めかしてそう言った。

すると、一層由美の頬が赤くなる。

「チュー? キスしてほしいってこと」

「そうです。ダメですか」

由美は迷っているようだった。

しかし、異を決したように、すっくと立ち上がると、なんと健司のほっぺたにキスをしたのである。

あまりの展開に、健司は驚いた。

冗談で言ったのに、まさか本当になるとは……。

キスを終えると、由美は顔を赤くしたまま、再び座り込んだ。

嬉しくなった健司は、ありがとうございますと告げ、その場を後にした。

 

すこぶる気分がいい。

まさか本当にキスをしてくれるとは思わなかった。

その時の光景を思い出す。

健司自身、女性からキスをされるのは初めてであった。

できれば唇にして欲しかったが、それは過ぎたる願いであろう。

しかし、あれはものすごかった。

由美の唇は、ぽってりとしており、プニプニと柔らかかった。

水分をたっぷりと含んだ唇の感触を思い出しながら、健司はにんまりと笑みをこぼす。

嬉しくて堪らない。

憧れの由美と、少しだけ近づけたような気がしたのである。

そんな中、彼は由美のもう一つの秘密を知ってしまうことになる。

それは、エリアマネージャーの一件から一週間たった日のことであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました