連載官能小説『十年後の恩返し』第1回

連載官能小説

連載官能小説『十年後の恩返し』第1回

十年前――。

その時、吉岡秀和は、十歳の少年であった……。

普通の小学校に通う少年であり、責任感が強く、尚且つ優しい。

人望にもあふれており、平和な日々を暮らしていたのである。

そんなある日、秀和は公園に捨てられていたネコを発見する。

彼の家は団地である。

したがって、ペットは飼育できない。

だが、秀和はこの捨て猫を救いたかった……。

秀和は、毎日餌を持っていき、捨て猫に与えたのだ。

その結果、弱り切った捨て猫は、やがて回復し、一人でも行動できるようになったのである。

彼と捨て猫の奇妙な関係は、一カ月ほどであったが、秀和は捨て猫に接することができて、本当によかったと感じていた。

それから十年が経ち、秀和は二十歳を迎えたのである。

 

十年後――。

秀和は大学進学のため、上京し、一人暮らしを始めていた。

十八歳の時に上京したから、今年で二年目である。

都心にも近いということで、部屋の面積は狭い。

それでも、自分だけの城ができたということもあり、彼は一人暮らしを満喫していた……。

進学した大学も有名な私立大学であり、それまでの苦労が報われた形になっていたのである。

だが、問題もあった。

その問題とは?

「彼女がいない」

と、いうものであった。

そう。

心優しき少年、秀和には彼女がいないのである。

それも、

生まれてこの方、一度も女性を付き合ったことがないのだ。

手をつないだり、キスをしたりしたことだってない。

もう二十歳にもなるのに……。

恐らく、普通の二十歳になれば、お付き合いしている女性がいたとしても何ら不思議ではない。

むしろ、付き合っている女性がいるのが当たり前であろう。

当然、性体験だってしていてもおかしくはない。

なのに……。

(俺は未だに童貞だ)

と、気分が暗くなる。

昔、二十歳になるまでに初体験を済ませたいと、考えていた時期がある。

しかし、それは叶わなかった。

と、いうよりも、このままではいつになったら童貞を卒業できるのかわからない。

何というか、漠然とまだまだ先になるのではないか?

そんな暗い未来が待っているような気がしたのである。

だが、彼の前に天使が現れる。

それは、大学が夏休みを迎えた、大学二年の夏の話である。

 

ある日――。

秀和は、大学が夏休みになったのだが、まだ地元には帰らなかった。

スーパーでアルバイトをしていたし、実家に帰省するのはお盆になってからもいいと感じたのである。

それに、大学から出された課題もやらないとならない。

有名な私立大学というだけあって、なかなか授業のレベルも高いのである。

彼は極々普通のワンルームマンションで暮らしている。

今のところ、近隣住民とも上手くいっており、悠々自適に暮らしているのである。

そんな中、秀和の隣の部屋に、新しい住民が引っ越してきた。

それも女性である。

引っ越しの荷物を運ぶ最中、彼は新しい住民らしき人間の顔を見た。

すると、超絶な美人がそこにいたのである……。

恐らく、年は二十代後半から三十代前半というところであろう。

お姉さん系の女性が好きな秀和にとって、ドストライクだったのである。

その女性は、身長は一六〇センチくらいと、普通くらいの身長であるが、スタイルは素晴らしくいい。

バストはしっかりと高さがあるし、ウエストからヒップにかけてのラインが素晴らしい……。

程よく肉感のあるボディは、女性らしさで満ちており、西洋絵画の聖女を思わす。

髪の毛の長さは肩までのセミロング。

色はやや茶色だが、雰囲気によくあっており、決して下卑たようには見えない。

服装は荷物運びをするためなのか、パンツスタイルである。

ピッタリと足のラインを拾うスキニージーンズに、トップスはシンプルなロングTシャツを着用している。

女性らしいカラダのラインが強調されて、とても素敵だなと感じていたのだ。

秀和は、ぼーっとその女性を見つめてしまった。

まさかこんな女性が、このマンションに引っ越してくるとは……。

嬉しくて堪らなかった。

 

部屋に戻った秀和は、ふとあの引っ越してきた女性を思い出す。

女優のようなルックス。

少しネコっぽい雰囲気があり、それがまた妖艶である。

また、モデルのようなスタイル。

全てがパーフェクトであると感じた。

彼女を想っていると、ペニスが熱く反応していくのを感じていた。

「今日はあの女性をおかずにオナニーしようかな……」

と、思わず大きな声が出てしまう。

そのくらい。あの女性は秀和の琴線に触れたのである。

夕方になり、秀和が夕食の準備を始めようとすると、来客を告げるインターフォンが鳴った。

こんな時間誰だろうか?

何かの勧誘かもしれない。

居留守を使うという手段も取れたが、根が真面目な秀和は、調理をいったん中断し、ドアの方へ向かった。

トビラを開けると、意外な人物が待っていたのである。

それは、日中引っ越してきた例の女性であった。

「どうも。私、工藤玲子と言います。引っ越してきましたので、そのご挨拶に」

「あぁ、わざわざどうも。俺は、吉岡秀和です。どうぞ宜しく」

簡単に挨拶を済ませると、玲子は菓子折りを秀和に渡した。

引っ越しの挨拶として持参したのであろう。

なんだか逆に申し訳なくなるが、断るのもおかしな話なので、ありがたく頂戴することにした。

キレイな声である。

素直にそう思った。

しばしその美貌に見惚れていると、玲子が告げる。

「こんなに大きくなって」

「え?」

「いえ、何でもありません」

意味深なセリフを告げた玲子。

どこかで会ったことがあるのだろうか?

記憶を巻き戻してみるが、全く記憶にない……。

「あの、私をおかずにオナニーするっていうのが聞こえてしまったんですけど、それって ホントですから?」

その言葉を聞き、秀和のカラダに電流が走る。

このマンションは、一応鉄筋の作りなのだが、壁が薄く隣の音が結構よく聞こえてしまうのだ。

そのため、昼間口走った淫語が丸聞こえだったのである。

慌てた秀和は、しどろもどろになりながら、

「あ、いえ、そ、それは、違います。何でもありませんから」

「いいんですよ。私、嬉しいです。こんな冴えない私に興奮してくれて」

「そんな冴えないだなんて」

冴えないとは謙遜のし過ぎである。

むしろ、テレビに出ていてもおかしくないくらいの美貌なのだ。

首元をポリポリと掻きながら、秀和がどうしようか迷っていると、玲子が一歩前に進んだ。

そして――。

玄関をくぐり、トビラを閉めると、秀和の前にしゃがみ込み、何と彼の穿いているズボンを脱がし始めたのである。

一瞬、何が起きているのかわからなかった……。

間があって、すぐに事態に気づく。

自分はズボンを脱がされている。

おまけに、玲子はボクサーパンツまで脱がしにかかったのである。

あまりに突然のことだったので、ペニスはまだ小さなままであった。

それを見た玲子は、クスッと笑みを浮かべながら、ペニスを手のひらで包みこんだ。

温かな質感が、ペニスを通じて全身に広がっていく。

(うぉ、ち×ぽを触られてる)

童貞である秀和は、女性にペニスを弄ってもらった経験がない。

自分で弄るよりも、繊細な印象がある。

「今、大きくしてあげますからね」

と、玲子は告げて、ペニスを上下に扱き始めた。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました