官能小説レビュー 第107回『よろめきお姉さんの男捨離』

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第107回『よろめきお姉さんの男捨離』

画像引用元:https://ebook-assets.dmm.co.jp/

こんにちは、蛞睡々です。

今回は、色々なタイプの女性と入り乱れる官能小説をご紹介します。

 

その名は――。

 

「よろめきお姉さんの男捨離」

 

という作品です。

 

著者は鷹澤フブキさん。

鷹澤さんは、女性の官能作家ですが、高級クラブのホステス、SM女王など、多彩な経歴を持つ作家さんです。

 

コチラの作品は、竹書房より2020年の1月に発売されました。

便利屋に勤める主人公が、クライアントである女性たちとエッチな関係になっていきます。

 

本記事では、「よろめきお姉さんの男捨離」という作品の、主な構成や、見どころなどをご紹介!

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は全5章の構成です。

プロローグやエピローグはつかず、いきなり本編が始まります。

それを踏まえて、主な登場人物や詳しい章の構成を見ていきましょう。

 

登場人物

 

  • 海老沢悟志(えびさわさとし)……主人公の青年 海老沢商会という便利屋で働く
  • 海老沢律子(えびさわりつこ)……聡志の又従姉 海老沢商会の交渉役
  • 鶴岡深雪(つるおかみゆき)……海老沢商会のクライアント① 歌手を目指すピアニスト
  • 江藤香菜(えとうかな)……海老沢紹介のクライアント② 引っ越しを依頼
  • 宮島喜久代(みやじまきくよ)……海老沢商会のクライアント③ パソコン修理を依頼
  • 本居寿々恵(もといすずえ)……海老沢商会のクライアント④ 未亡人
  • 太田優佳(おおたゆうか)……海老沢商会のクライアント④ 断捨離を依頼する

 

第1章

 

海老沢悟志は、海老沢商会という便利屋で働いています。

しかし、まだまだ下っ端であり、基本的に雑用をしているのです。

 

ある日、商会の交渉役である又従姉の海老沢律子と共に、鶴岡深雪という女性の依頼を受けます。

 

彼女は、30歳になる女性で、歌手を目指していたピアニストでした。

しかし、なかなか芽が出ずに、実家に戻る決意をするのです。

 

親からも30歳になるまでに、地に足のついた仕事をするように説得されています。

そして、引っ越すために海老沢商会に依頼をしたのです。

 

引っ越しの最中、悟志は深雪が歌手を目指していると知り、彼女の曲を聞くようになります。

それは素晴らしく、歌手の道を諦めずに動画などを使って発表してみたらどうかと提案します。

 

二人はそれから仲良くなり、いい雰囲気になります。

興奮がピークを迎えた悟志は、深雪を求めてしまうのです。

 

深雪は男性経験が少ないですが、悟志の優しさに惹かれ、彼に抱かれる決意をします。

二人は、激しく求め合い、肉欲の赴くままに情交を重ねるのです。

 

深雪は、昨日までの自分を脱ぎ捨て、新しい自分に慣れたと、悦びを露にするのでした。

 

第2章

 

悟志は、深雪を送り出してから、単調な日々を送っていました。

そんな中、海老沢商会に新たな依頼が入ります。

依頼主は、江藤香菜という女性です。

 

彼女は、引っ越しを依頼し、そのついでに、バッグや人形などを買い取ってほしいと依頼します。

 

律子が依頼品の鑑定をすると、すべて偽物であるとわかるのです。

それに、香菜はショックを受けます。

 

実は、彼女には元カレがおり、その人が好きだったのです。

しかし、その元カレは、他に女を作り、彼女の下を離れてしまいました。

 

そして、彼との思い出の品がすべて偽物であったため、ショックを受けたのです。

香菜の想いを汲み、悟志は励まします。

すると、香菜が元カレを忘れるために、悟志を求めてしまうのです。

 

悟志も健全な男子なので、その誘惑を断れません。

香菜は、濃密な手コキや口唇愛撫をしつつ、悟志を心地よくさせていきます。

もちろん、悟志もお返しにクンニリングスをして、彼女を励ますのです。

 

最終的に、二人は激しく求め合い、快感に溺れていきます。

香菜は、悟志に抱かれたことで、元カレとの未練を断ち切り、新たな人生を歩み出すのでした。

 

第3章

 

次の依頼は、宮島喜久代という人妻からでした。

依頼内容は、パソコンの中にあるデータの削除です。

 

喜久代は、どこにでもいそうな普通の奥さんという容姿をしています。

そんな喜久代ですが、意外な秘密があるのです。

 

実は、彼女は浮気をしており、浮気相手との写真や動画をパソコンに残していたのです。

それを、夫に見つかる前に削除したいのでした。

 

彼女の夫は十歳以上年上で、セックスも淡白。

だからこそ、欲求が溜まってしまうようでした。

 

悟志は、ある動画を削除しようとして、その内容を見てしまいます。

その動画は、浮気相手とのセックスをおさめたものだったのです。

 

それを見られて日が付いたのは、喜久代は悟志を求めます。

あまりに妖艶な姿に、悟志もその気になり、二人は激しく結ばれるのです。

動画のセックスを見ながら、情交を重ねるので、興奮を高まります。

 

最終的に尻を打擲したり、アナルセックスをしたりして、喜久代を満足させていくのでした。

 

第4章

 

海老沢商会にある依頼が入ります。

それは、未亡人である本居寿々恵からの依頼でした。

 

寿々恵は、夫を亡くしたばかりで、かなり裕福な家に嫁いでいます。

そこで、夫の残した遺品を買い取ってもらおうとするのです。

 

律子がその依頼を受けて、そばで悟志は見つめています。

そんな風にして、依頼は終わるかと思われたのですが、意外なことを言われるのです。

 

ある日、悟志は寿々恵に呼ばれ、邸宅に向かいます。

そこでは、寿々恵が待っており、他の誰もいないのでした。

 

二人は家の庭にある蔵に向かいます。

そこで、悟志は驚愕の光景を目の当たりにするのです。

 

実は、蔵にはSMグッズが大量に置かれており、寿々恵は亡くした夫に調教されていました。

そして、亡き夫の面影がある悟志に、虐げてもらいたいとお願いするのです。

SMの知識がない悟志ですが、寿々恵のために、彼女を虐めます。

 

すると、寿々恵は嬉々としてそれを受け入れていくのです。

その内、悟志も情欲を誘われて、SMプレイを展開していきます。

 

最終的に、悟志は見事に寿々恵の欲求に応え、彼女を夫の死の悲しみから救っていくのでした。

 

第5章

 

海老沢商会に新たな依頼が入ります。

依頼主は、太田優佳という女性です。

一見すると20代に見える優佳ですが、実は30歳。

 

彼女は、会社の上司に恋をしていたのですが、上司が結婚してしまい、玉砕していました。

また、優佳は女子高育ちで、男子に対する免疫があまりありません。

その影響からなのか、未だに処女なのです。

 

同時に、彼女は30代で処女という現実から卒業したいと望んでいます。

そして、その相手に選ばれたのが悟志でした。

 

優佳は悟志を初めて見た時から、優しい人だと感じて、彼に抱いて欲しいと思うのです。

優佳の告白を受け、悟志も心を決めます。

 

彼女の処女を奪ってあげて、これから気持ちよく男性と仲良くできるようにしてあげようと思うのです。

 

丁寧なキスから始まり、手マンなどをして優佳を気持ちよくしていきます。

その上で、優佳に男性器の仕組みを教え、愛撫してもらうのです。

 

最終的に、二人は肉欲の赴くまま結ばれ合います。

優佳は処女を卒業し、新しい一歩を踏み出すのでした。

「よろめきお姉さんの男捨離」の購入はコチラから
 

□個性豊かな女性たちの情事が描かれます

 

本作品は、短編の連作集という形式をとっています。

全5章あるので、5人の女性が登場するのです。

 

登場する女性キャラは、みなさん個性があり、とても魅力的。

淫乱、ドM、処女

 

など、個性豊かです。

ただ、5人が登場するので、その分1人に割ける時間は少なくなっています。

 

そのため、エロシーンは比較的コンパクトにまとまっているのです。

個人的には、最後に登場するキャラである優佳とのカラミをもっと見たかったと感じました。

 

色々な女性たちが登場するので、自分の気に入った女性キャラを探すのも楽しいかもしれませんね。

 

□プレイ内容も豊富! 痒い所に手が届く官能小説です

 

本作の著者、鷹澤フブキさんは、色々な経歴を持っています。

過去にSM嬢をやっていた時期もあるようです。

 

そして、その時の稀有な体験が見事に作品に反映されています。

例えば、淫乱な浮気妻が登場したと思えば、SM好きのM女性も登場するのです。

 

また、プレイ内容も比較的多岐に渡っています。

ベーシックなセックスはもちろんですが、アナルセックス、SMプレイなど、幅広く展開されています

 

色々なプレイが展開されるので、1冊で何度も美味しい思いができるでしょう。

 

□男捨離を目指す女性たちとの情事を堪能しましょう!

 

いかがだったでしょうか?

今回は、鷹澤フブキさんの「よろめきお姉さんの男捨離」という作品を紹介しました。

 

既に何度も紹介していますが、この作品は短編の連作集になっています。

したがって、色々なタイプの女性が登場し、満足度は高めです。

 

文章力も高く、官能小説らしい単語もたくさん出てくるので、興奮間違いなし。

 

本記事では、「よろめきお姉さんの男捨離」という作品の、詳しい構成を紹介しつつ、主な見どころをまとめました。

 

数多くのプレイ内容が展開されるので、とてもオススメの官能小説です。

ぜひ、読んでみてくださいね! きっと楽しめるはずです。

 

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。
「よろめきお姉さんの男捨離」の購入はコチラから



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました