連載官能小説『十年後の恩返し』第11回

連載官能小説

連載官能小説『十年後の恩返し』第11回

室内は、たちまち淫らな臭気が覆われていく。

興奮を誘う、こってりとした牝フェロモン臭である。

「玲子さん、このまま続きをさせてください……」

と、懇願するように秀和は告げた。

このまま終わりにするなど、到底できそうにない。

すると、玲子はゆっくりとカラダを起こし……、

「えぇ、続きをしてください。たっぷり愛してください」

と、告げた。

イッたばかりの淫裂に、ペニスを押し当てていく。

体位は正常位。

最初はベーシックな体位でしようと思ったのである。

玲子の足を広げ、そのまま一気にペニスを貫いていく。

――ずぶずぶずぶ。

たっぷりと蜜で濡れているため、挿入はスムーズであった。

すんなりと膣内に入り、内部のヌメヌメとした感触が、ペニス全体に広がっていく。

(うぉ、やっぱり、気持ちいい……、セックスってすごいや)

と、秀和は感じていた。

今日もまた、気持ちいいセックスができる……。

嬉しくて仕方ない。

ゆっくりとペニスを奥の方まで導いていく……。

膣壁をペニスが擦り上げていくと、やはり気持ちいい。

こんな悦楽がこの世には存在するのだと、心の底から嬉しくなるのであった。

「ンンー。あぁん、おち×ぽが入ってきましたぁ」

と、甘い声をあげて反応を示す玲子。

先ほどイッたばかりであるため、そこは敏感になっている。

感度がよくなっているため、些細な刺激でも痛烈に感じるのであった。

秀和はゆるりとしたペースで動き始める……。

膣の最奥を突くように、腰をじっくりと動かしながら、まずは様子を見てみた。

玲子の膣内は、トロリと滑っており、それでいて温かい。

熱いクリームの中にペニスを突っ込んで言うような気分になるのだ。

この途方もない快感に。秀和はただただ驚くばかりである。

「もっと、もっと動いてください。秀和さん……」

「これからたっぷり動いてあげますよ。だから焦らないでください」

セックスも二度目ということもあり、肥田和にも幾分か余力が出てきた。

余裕が生まれたため、冷静になってセックスができるようになったのである。

奥深くまで突き上げると、今度は一転して浅く突く。

これを交互に繰り返していく。

一浅三深の変則的なリズムである。

こうすると、より一層気持ちよくなれるのではないかと、考えていた。

玲子もあまりの快感に目が回るほどである……。

同時に、童貞を卒業したばかりの秀和が、ここまでセックスが上手くなって、驚いたのである。

「んぁ、あぁん、秀和さん、どんどんエッチになっています」

「玲子さんが俺をエッチにさせたんですよ……」

秀和は、自分のペースを守りながら、抽送をしていく。

そして、やや姿勢を前に倒していった……。

同時に、この状態で玲子の乳房を揉み始めたのである。

突かれながら、乳房を揉まれるのは、法外な快感だ。

何というか、フワフワとした気持ちになるのであった。

「玲子さんのおっぱい、すごく柔らかいですよ」

そう。

玲子の乳房は、とても柔らかい。

熟れた果物のように感熟なのである。

そんな熟れきった乳房を揉んでいると、秀和もますます興奮していくのであった。

やがて、秀和は乳首を摘まみ上げ、コリコリと刺激してみたのである。

途端、玲子はビクビクッとカラダを捩らせ、快感のあまり、つんのめった。

「あぁん、ダメェ、乳首は弱いのぉ……」

「乳首も立ってきましたね。興奮してるんですね?」

玲子の乳首は、花の蕾のように硬くなり、プクっと立ち上がった。

それをクリクリと指で摘まみ上げると、途方もない快感が降ってくるのである。

乳首を弄られて、さらに蜜壺を深く抉るように突かれている。

これだけで、玲子は卒倒寸前になっていた……。

継続して秀和はプレイの動きを緩めない……。

とにかく貪欲に、玲子を求め続けるのであった。

ズンズンと、腰を大きくグラインドさせていき、膣の最奥目指してピストン運動をしていくのである。

前日に引き続き、二度目のセックスであるが、とにかく気持ちいい……。

嬉々として、秀和は腰を振り続けるのであった。

やがて、秀和は揉んでいた乳房に顔を近づけていく。

すると、ふんわりとした女臭が漂ってくるのがわかった。

堪らない香りである。

その高貴な香りを嗅ぎながら、彼はカプッと乳房に吸いついた。

そして、赤子のようにチューチューと乳房を吸い始めたのである。

乳房を吸われた玲子は、ビクッと眉間にしわを寄せて、快感を覚えていく。

ゾクゾクとしてしまう。

秀和に愛撫されると、とにかく心地よくなってしまうのである。

「んんぁ、あぁん、秀和さん、おっぱい気持ちいいです」

と、玲子は囁くように言った。

快感が素晴らしく、なかなか声が出てこないのだ。

それを見た秀和は、次いで乳首を甘噛みしてみた。

コリコリと歯を優しく使って、乳首をそっと噛みしめる。

ゴムを噛んでいるような感触が広がっていくのであった。

(玲子さんのおっぱい、堪らないや……。ホント最高だ)

そんな風に思いを馳せながら、秀和は乳房を愛撫していくのであった。

乳房を舐めながら、挿入するというのは、なかなか難易度が高かったりする。

しかし、秀和は少しずつセックスに慣れてきたようである。

器用に乳房を舐めながら、同時にヴァギナを突くことができたのだ。

ズンズンと、勢いよく腰を穿っていくと、それだけで、素晴らしき快感がやってくる……。

貪欲に腰を振り、彼は悦楽を貪っていくのであった。

(よし、ここで変化させるぞ)

と、秀和は意気込んだ。

乳房を舐めるのを止めたのだが、姿勢は前傾にしたまま。今度は玲子の足を大きく上方に持ち上げた。

いわゆる、まんぐり返しという体勢である……。

こうなると、玲子は恥ずかしさでいっぱいになった。

まんぐり返しは、あそこだけでなく、尻穴まで丸見えになってしまう。

全てが覗かれているようで、羞恥心を煽られるのである。

「あぁん、秀和さん、こんな格好をさせて……、んぁ、恥ずかしいですわ」

「でも、気持ちいいんじゃありませんか? その証拠におま×こがキュッと締まりましたよ」

そう。

玲子の淫裂はキュッと締まりを見せたのである。

ペニスを優しく甘締めし、新たな快感を生み出していく。

恥ずかしさもあるが、同時に強い興奮も覚えているようである。

こんなに恥ずかしい体勢にされているのに、どういうわけか興奮してしまう。

玲子のM性が擽られた瞬間でもあった。

秀和は、玲子をまんぐり返しし、その状態のまま、上から下に突き刺すように抽送をしていく。

こうすると、より一層奥まで届くような気がしたのである。

ふと、結合部分を覗く。

すると、淫ら糸が伸びて、いやらしく光っているのがわかった。

その光景を見て、余計に興奮していく秀和……。

ペニスがさらに大きくなったような気がした。

「あぁん、深い……、おち×ぽが奥まで届くのぉ……」

「玲子さんは奥を刺激されるのが好きですよね? だからたくさん突いてあげます」

と、秀和はいい、リズミカルに腰を動かし続けるのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました