連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第4回

連載官能小説

連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第4回

(おま×この匂い、ホントに堪らないよ)

と、思いを巡らせる大地。

懐かしい香りである。

女を最大に感じさせる香りがするのであった。

大地は、ペロッと舌先を伸ばすと、ヌレヌレになっている淫裂に押し当てた。

仄かに塩気を感じる。

同時に、その塩気の中に、微かな甘みのようなものが存在しているのだ。

「はぁん、ダメ、おま×こ舐められたら、んんぁ、感じちゃう……」

と、ビクンとカラダを蠕動させる美里。

あまりの快感に、卒倒寸前になるのであった。

もちろん、彼女のその姿を見ながら、大地は継続してクンニリングスを続けていく。

――んちゅ、にゅちゅん、くちゅ。

淫らな水音が響き渡っていくのであった……。

ペロペロと犬のように舌を動かしながら、大地は快感を生み出していく。

同時に、彼は陰核を舌でこねくり始めた……。

フルフルと震える雌芯を、優しく舌で転がすと、美里のカラダに電流のような衝撃が走っていく。

「あぁん、クリを舐めないでぇ、んんー。おかしくなっちゃう」

「おかしくなってもいいよ。俺におかしくなったところを見せて」

痛烈な快感を前に、美里は限界を迎え始めた。

断続的なアクメが襲ってきて、最早耐えるのがしんどくなるのだ。

「ダー様、私、イッてしまいます。イッてもいいですか?」

「もちろんだよ。俺がイカせてあげるからね……」

愛しの女をイカせるのは、男の悦びでもある。

嬉々としながら、大地はクンニリングスを続けていく。

同時に、最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、陰核を甘噛みしたのである。

これが美里に対するとどめの一撃となった……。

途端、美里はカラダがガクンと捩らせ、嬌声を上げたのである。

「あぁん、ダメ! イッちゃう! 気持ちいいのが来たのぉ」

そのまま激しく昇天を迎えた美里は、ガクリと項垂れてしまった。

その様子を見た大地は、優しく彼女を抱き締めると、そのまま切ない接吻をかわした……。

――んちゅ、チュッ、チュチュッ。

キスの雨を降らせていく大地。

甘くこってりとした口づけは、美里を満足感で包んでいくのであった。

キスを終えると、美里はトロンとした目つきで、囁くように言った。

「ダー様。ものすごく気持ちよかったです。昔を思い出しました。やっぱり、ダー様は私にピッタリの相手です」

「そう言ってもらえて嬉しいよ」

「次は私がダー様を気持ちよくする番ですね……。そしたら、ダー様は横になってください」

言われた通り、大地はバスローブを脱ぎ捨て、あお向けに寝そべった。

既にペニスは、隆々といきり立っている……。

牡の象徴は、赤黒く変色し、さらに無数に血管が走っている。

それはまるで、凶悪な凶器のようにも見えた。

「ダー様のおち×ぽ、すごく大きいです。この大きなおち×ぽが好きなんです」

と、美里は告げると、柔らかな手のひらで、ペニスを包み込んでいった。

しっとりとすべすべした手のひらでペニスを包まれると、温かな膜に覆われているような感覚になる。

まだ触られただけなのに、早く昂ってくるのであった。

(懐かしいな。昔を思い出すよ)

と、感慨深くなる大地。

彼は昔を反芻しながら、あお向けになりながら、手コキの快感を味わっていくのであった。

「ダー様のおち×ぽ、ホントに立派です。私、こんなに大きなおち×ぽを見たことがありません」

それは真実であった。

美里は泡姫として、数多くの男性器を見てきた。

しかし、その中でも、大地のイチモツは文句なく一番大きいのであった。

同時に、このペニスであそこを突かれると、至高の時間に包まれるのである。

美里は、口元からツツっと涎を垂らし始めた。

それが、シーツの上に零れ落ち、くっきりとしたシミを作る。

一定のリズムでペニスを扱ていくと、大地も心地よくなっていく。

久しぶりに女性から手コキを受けるのである。

いつもは自分で手淫をして慰めていたから、感動はひとしおであった。

「美里、すごき気持ちいいよ」

と、感動した面持ちで告げる大地。

それはお世辞ではなく、真実祖もまま出会った。

「嬉しいです。私、ダー様とこうしたかった……」

うっとりとしながら、美里はペニスを扱き続ける。

この辺の所作は、泡姫だった頃を変わっていない。

つまり、巧なのである。

美里は、泡姫として経験を積んだので、男性を気持ちよくさせるポイントを心得ていた……。

カリ表だけでなく、カリ裏を爪先でカリカリッと引っ掻き、峻烈な刺激を加えていく……。

また、亀頭を弄りながら、睾丸もセットにして愛撫していくのであった。

こうなると、大地は堪らなくなる。

あまりに気持ちよくて、気が遠くなるのだ……。

同時に、始めたばかりだというのに、早くも射精感を覚え始めていた。

(すごく気持ちいい、このままだとあまり持たないぞ)

と、危惧しながら、彼は愛撫を受け続けた……。

「ダー様、おち×ぽをの先っぽからエッチなお汁が出てきましたよ」

そう。

快感が凄まじいため、早くもカウパー腺液が滲み出してきたのである。

その半透明の液体を、美里は指で摘まむと、面白そうに弄んだ。

この辺の遊び心も昔と変わっていない。

「もっと、気持ちよくなってくださいね。ダー様が悦んでくれると、私も嬉しいですし……」

嬉々としながら、美里は言った。

正直、嬉しいを通り越して感動さえしてしまう。

年齢を重ねて、美里は妖艶な女性になった……。

二十代でこの色気が出せる女性は、なかなかいないであろう。

恐らく、他の男性だって放っておかないはずだ。

そうなると、少し怖くなる。

また、美里が消えてしまうのではないかという、恐怖があるのだ。

「もう、いなくならないでよ」

と、大地は告げた。

それはまさに、痛烈な叫びである。

すると美里は、

「いなくならないです。私はダー様と一緒にいたい」

「でも昔は何も言わず去っていったよね」

「それは仕方がなかったんです。未練を残したくなかったから。でも、今こうしてダー様と再会できて、ホントに運命だと感じています」

運命。

確かにそうかもしれない。

お気に入りだった風俗嬢と別れ、その後年月が経って再会する確率はどのくらいなのだろう?

それは、限りなく小さいように感じだ。

今回、大地は宝くじを当てている。

そのくらいのか細い可能性かもしれない。

宝くじが当たり、さらに愛しの美里にも再会できた。

これはまさに神からの祝福。

と、そんな風に大地は考え始めた。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました