連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第7回

連載官能小説

連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第7回

イッたばかりの敏感なヴァギナは、小刻みに蠕動している。

その女の部分に、大地はいきり立ったイチモツを押し当てていくのであった。

そして、一気に貫く。

――ずぶずぶずぶ……。

ペニスはゆっくりと膣内に埋没していく……。

こってりと温かい。

それでいて、ヌメヌメとしている膣内は、先程の放出された精液の影響があり、トロトロに蕩けていた。

(うぉぉ、やっぱり気持ちいい。何度だってできるよ)

と、大地は感じていた。

あまりに気持ちいいので、エンドレスに性行為ができるような気がしたのである。

彼は、ゆっくりと腰を動かしていく。

じゅりゅ、めりゅ、と、ペニスが膣壁を擦り上げていく。

すると、鋭い快感が襲ってきて、二人を満足させるのである。

こんなに気持ちよくなれるのは、恐らく二人のカラダの相性が完璧だからだろう。

そのくらい、圧倒的な悦楽がやってきたのである。

「美里、すごく気持ちいい……、もっと動いてもいいかい?」

「ぁん、私も気持ちいいです。激しくしてもいいですよ。そっちの方が興奮できますから……」

その言葉を聞いた大地は、少しずつピストン運動のペースを上げていく。

早く動けば動くほど、気持ちよさは上がっていく。

このまま消えてなくなってしまいそうなくらい、気持ちいいのである。

正常位の時と同様で、なるべく動きが単調にならないように工夫していく。

つまり、三浅一深という形である。

浅く突くのを連続して行った後、一転して鋭く突いていく。

こうすると、刺激に変化が生まれて、素晴らしい快感が襲ってくるのである。

美里は、奥を突かれるのが好きなのか、深く突くと、秘唇をキュッと締め上げた。

まるで、すべてが繋がっているかのような動きである。

同時に、キュッと締められることによって、ペニスが甘締めされて心地よくなるのである……。

おまけに、精液や愛蜜が入り混じり、ヌルヌルの大洪水になっている。

だからこそ、ペニスが縦横無尽に動いていくのだ。

「ふぁん、ダー様、気持ちいい……、もっと、もっと突いてぇ」

と、嬌声をあげる美里。

妙に艶っぽい声を聞くと、何というか嬉しさがこみ上げてくる。

愛しの女を気持ちよくさせているという、達成感のようなものが浮かび上がってくるのだ。

もっと、気持ちよくさせてあげたい。

そんな強い思いがこみ上げてくる。

大地は、懸命になって腰を穿ち続けるのであった。

じゅりゅ。めちゅ、めちゅちゅ。

結合部から淫らな音が鳴り響いていく。

大地は、ここで少し体位を変えてみた。

美里の足を持ち上げて、斜め下から突き上げるように、ピストンをしたのである。

すると、美里は、

「あぁん、こんな体勢恥ずかしいです……。ワンちゃんがおしっこしてるみたい」

そう。

足を持ち上げたことにより、結合部が丸見えになっているのだ。

これは、女性からすると、かなり恥ずかしい体位であると言えるだろう。

しかし、羞恥心を煽られ、どこか気持ちよくなってしまうのである。

つまり、恥ずかしいのに、興奮してしまうという、奇妙な形になっているのだ。

美里は、ゾクゾクとした気持ちを味わいながら、ペニスで突かれ続けた。

一方、大地も満足感に包まれている。

激しく犯しているという気持ちになるのである。

後背位からの挿入は、男性が優位になりやすい。

だからこそ、女性を征服しているという感じが露骨に現れるのである。

美里を屈服させている。

そんなS心が微かに刺激されるのであった……。

「あぁん、ダー様、恥ずかしい……、けど、気持ちいいのぉ」

「おま×こがキュッと締まったね、俺も気持ちいいよ」

突くほどに、美里のラヴィアは、柔軟に締まりを見せた。

ペニスがキュキュっと甘締めされて、痛烈な刺激が襲ってくるのである。

とにかく気持ちいい。

考えるはそればかりであった。

大地は、突きの一撃を加えながら、美里の足に着目した。

白く透き通る、キレイな足である。

太ももは、適度に脂肪が乗っており、それでいて筋肉があるからハリがある。

ぽってりとした、女性らしいラインを形成しているのである。

さらにふくらはぎは、キュッと締まっており、スラっと細長い。

ツルツルの肌が気持ちよく、大地をトリコにしていくのであった。

抽送しながら、大地はスリスリと足を撫で始めた。

こうすると、もっと興奮できるような気がしたのである。

事実、ペニスは熱く反応を示し、さらに大きくなったようだ。

足を撫でられると、美里もおかしな気持ちになっていく。

興奮を誘われるというか、心地よくなってしまうのである。

「ダー様、手つきがいやらしいです」

「美里の足、すごくキレイだよ。だから触りたいんだ」

「はぁん、何だかくすぐったいです」

やがて、大地は臀部に手を置くと、お尻を撫でまわすように触れ始めた。

肉付きのいいお尻は、ふっくらと盛り上がっており、プニプニと柔らかい。

いわゆる、桃尻と呼べる代物であろう。

そんな桃尻を触りながら、大地はピストンを続けていくのであった。

どんどん気持ちよくなっていき、やがて強い射精感を再び覚え始めた。

先ほど、イッたというのに、もうこんなに気持ちよくなっている。

それは、かなり不思議なことであった。

美里も、強いアクメを覚え始め、嬌声をあげながら、カラダを捩らせていく。

「んんぁ、あぁん、ダー様、私、またイッちゃう……。イッちゃいそうです」

「俺もイキそう。また中に出してもいいよね?」

「もちろんです。たくさん中に出してください」

その言葉を受け、大地は、最後の仕上げにかかった。

足を元の位置に戻すと、臀部に手を当てて、恐ろしいスピードで突きまくったのである……。

こうなると、快感の塊が全身を貫いていく……。

あまりの気持ちよさに、腰が砕けそうになるのであった。

それでも、大地は一生懸命に腰を動かし、快感を生み出していく。

そしてとうとう……。

「うぉぉ、美里、ダメだ! 俺、もう限界! イクよ! 精子が出る」

「はぁん、出して、お腹の中に熱い精子が欲しいのぉ……、私もイッちゃうからぁ」

二人の声が奇妙にシンクロした瞬間、激しい精の高鳴りがあった。

途端、勢いよく牡の欲望が発射された。

――ビュルビュルビュル、ドピュピュッ……。

数度目の射精であるというのに、その量、計り知れない。

たっぷりと牡汁を発射させると、心地いい疲労感が襲ってくる。

「うぉぉ、どんどん精子が出てくる。止まらないよ」

「はぁ、お腹の中にダー様の精子が……、お腹が熱いです」

大地は、最後の一滴まで精子を絞り出すと、そのまま美里の上に崩れ落ちた。

二人は折り重なるように倒れ込むと、向かい合わせになって、抱き合い始める。

そして、優しいタッチでキスをするのであった。

――んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱっ。

そのキスは蕩けるような甘さがある。

官能的なセックスを終えると、二人は莞爾として笑い合った。

 

濃密なセックスを終えて、二人はベッドの上で語り合う。

突然の別れから今までの間、二人は別の道を歩んできたのである。

その軌跡を、話し合って、過去を埋めようとした。

大地は、美里とずっと一緒にいたいと思うようになる。

ただ、気がかりな点もあるのだ。

それは、彼女が風俗嬢だったという過去である。

もしかすると、自分に金の匂いがあると感じとって近づいてきたのかもしれない。

そう考えると、疑心暗鬼になってしまうのだ。

二人はその夜はホテルに泊まり、翌日に別れた。

もちろん、また会う約束をして……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました