連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第10回

連載官能小説

連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』第10回

二人は、向かい合わせに横になると、ヒシっと熱い抱擁を交わした。

そして、そのままディープなキスを展開していく。

――じゅる、じゅるん、じゅるる。

お互いの唾液を啜り合う音が、室内にこだましていく。

(美里の唾液、ハァ、堪らない、何だか甘みがあるんだ)

と、大地は感じていた。

舌同士を絡め合い、貪るようにキスをしていく。

どんどんと精神が昂っていき、二人は興奮の坩堝に飲み込まれていくのであった。

「んじゅ、あぁん、ダー様、早く、早くおち×ぽを挿れてください」

と、美里はせがんだ。

早く怒張で突いて欲しかった。

それだけあらぶっていたのである。

もちろん、大地も早く挿入したいと感じている。

彼はゆっくりとカラダを起こすと、美里の足を左右に広げ、秘部を開帳していった。

美里の淫裂は、既にトロトロになっている……。

触れると、淫らな糸を引き始め、嗅ぐわしい香りが漂ってくるのであった。

大地のペニスは、イッたばかりであるのに、猛々しさを失っていない。

むしろ逆に、より一層隆起しているようにも思える。

彼は、イチモツを扱きながら、淫裂に押し当てていく。

そして、そのまま一気に貫く。

――ずぶずぶずぶ……。

ゆっくりとペニスがヴァギナに吸い込まれていく。

ヌメヌメとした質感が、ペニス全体を淡く包み込んでいくのであった。

(うぉぉ、やっぱり気持ちいい)

快感はすさまじい。

大地は、まずは正常位から始めようと思い、ペニスをシコシコと動かし始める。

膣壁をペニスが擦り上げていく時の快感は、本当に鋭いものがあるのだ。

先ほどのシックスナインもかなり気持ちよかったが、やはり、セックスには適わない……。

大地は、緩やかなペースでピストン運動を開始して、快感を貪っていくのであった。

ズボズボと、ペニスを動かしていくと、堪らない気持ちになる。

ずっと、この悦楽を味わっていたい。

大地は、そんな風に思いを馳せた。

美里とのセックスは、本当に至高の時間である。

あまりに幸せ過ぎて、狂ってしまいそうであった。

もちろん、美里も同じ風に感じている。

美里にとって、大地は昔のお客様であるのだが、それ以上の想いがあった。

だからこそ、こんな風にして感じられるのかもしれない。

「ハァハァ、ダー様……、あぁん、おま×こ気持ちいいのぉ」

抽送のリズムを少しずつ押し上げ、刺激に変化を加えていく。

膣の最奥を目指してペニスを突き刺すと、それだけで気持ちよくなれるのである。

「俺もすごい気持ちいい……、あぁ、蕩けてしまいそうだよ」

と、嗚咽を漏らしながら告げる大地。

本当に蕩けてしまいそうであった。

――ねちゃ、んちゃん、んちゅ。

結合部からは、白い糸がツツっと伸びている……。

それがあまりに淫らであり、大地を欲情させていくのであった。

やがて、大地は姿勢を押し倒し、美里に大かぶさった。

ガバッと覆い被さると、その勢いを利用して、乳房を揉み始めたのである。

たわわに実った美里のバストが、大地の手のひらの中でぐにゃりと潰れる。

柔らかい……。

生クリームを直に触っているかのようであった。

乳房を揉みしだかれて、美里はより一層感じ始める。

膣を突かれながら、乳房を揉まれると、刺激が強くなって、耐えるのがしんどくなるのである。

心地いいアクメを覚えながら、美里はカラダをクネクネと捩らせていった。

「んぁ、ダー様、おっぱいも気持ちいい……、もっと触ってください」

と、嬌声をあげる美里。

その声を聞き、大地はやや乱雑な手つきで胸を揉みしだいた。

興奮も高まり、美里を滅茶苦茶にしたいという欲望が出てきたのである。

この野獣のようなセックスに、美里も興奮してきた。

本気のセックスをしているような気分になり、嬉しくなるのである。

自分は心の底から愛されている。

と、そんな風に感じられるのだ。

次いで、大地は美里の乳房に顔を埋めた……。

そして、舌をペロッと出すと、そのまま乳房を舐め始めたのである。

チューチューと赤子のように乳首を吸いあげていくと、どんどんおかしな気分になっていき、興奮のレベルも上がっていくのであった。

(ぁん、ダー様に乳首を舐められてる……、んんぁ、気持ちいいのぉ)

と、美里は目をキュッと閉じて感じ続ける……。

とにかくゾクゾクっとした快感がやってくるのである。

美里の乳首を舐めていると、不思議な気持ちになってくる。

嬉しいような、切ないような気持ちである……。

同時に、仄かに甘みがあり、それは甘露のようでもあった。

やがて、大地は乳首をコリコリと甘噛みしていく。

すると、美里のカラダがビクビクッと跳ねた。

どうやら、心底感じているようである。

最愛の女が感じている姿を見て、大地も満足感に包まれる。

もっと、気持ちよくしてあげたい。

そんな慈愛の心が湧きたってくるのだ。

「ダー様……、んんぁ、あぁん、気持ちいい……、はぁん」

「俺もだよ。もっと気持ちよくなろう」

二人は快感を貪りつつ、肉欲の赴くままに、カラダを密着させていった。

正常位での時間が長く続き、少しマンネリ化してきたかな? と、大地は感じ始めた……。

恐らく、美里もそう思っていたのかもしれない。

美里は、ギュッと大地を抱き締めると、恥ずかしそうに告げた。

「あ、あの、ダー様、今度は私がリードしてもいいですか?」

「美里が? 俺の気持ちよくなったかな?」

「いえ、そうではないんですけど、十分気持ちいいんで、今度は私がダー様をもてなしてあげたいんです」

そう言うと、美里はゆっくりとカラダを起こした。

そして、一旦結合を解くと、大地を仰向けに寝かせて、その上に跨ったのである。

つまり、騎乗位の体勢である。

美里は、大地のペニスを手のひらで包み込むこと、腰をゆっくりと落としていった。

再び、蜜壺にペニスが突き刺さっていく……。

今度は、騎乗位であるため、挿入が深い……。

膣の最奥まで、ペニスが届く勢いであった……。

――ずぶずぶずぶ。

「うぉぉ、ち×ぽが気持ちいい……、美里、堪らないよ」

と、告げる大地。

埋没したペニスが、ビクビクと反応を示す……。

正常位に比べると、騎乗位は挿入が深くなる。

奥を突かれるのが好きな美里にとって、ピッタリの体位であった。

彼女は嬉々としながら、腰を振り、快感を貪っていく。

腰を深く落としたり、フリフリと振ったりして、刺激を加えていくのであった。

もちろん、大地も心地よさを感じている……。

騎乗位でセックスするのは、かなり久しぶりある。

美里がエレナとしてソープランドで働いていた時、少しだけしたことがある。

それ以降はあまり騎乗位でプレイしなかったので、大地は懐かしさと同時に、嬉しさがこみ上げてきた。

「あぁ、美里、すごく気持ちいい……、最高だよ」

と、大地は告げる。

美里は頬を薄っすらと上気させながら、

「私もです。こうすると、おち×ぽが奥まで届くんです。ものすごく気持ちいいのぉ……」

美里の腰の動きに合わせて、大地も下からペニスを突き上げていく。

こうすると、さらに奥深くまで挿入されるような気がした。

膣ヒダのねっとりとした感触が、ペニスを包み込んでいき、とても気持ちいい……。

このままだと、またすぐにイッてしまうかもしれない。

騎乗位は、女性優位な体位なので、男性側から力をコントロールするのが難しい。

もしかすると、簡単にイカされてしまうかもしれない。

だが、もっと長く楽しみたい。

二人で時間を気にせずに抱き合っていたいのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました