連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』最終回

連載官能小説

連載官能小説『マッチングアプリから始まる恋』最終回

恐ろしい勢いで突きまくると、それだけで快感の塊が降ってくるのである。

堪らない気持ちになりながら、大地はガンガンと勢いよくピストン運動を生み出していった。

やがて、大地は姿勢を前傾にさせていき、美里の唇を奪う。

それがあまりにも強引であったため、美里も少し驚いてしまった。

しかし、その強引さが心地いい。

無理矢理舌をねじ込まれ、唾液を啜られていく。

恥ずかしさもあるのだが、やはり嬉しさもこみ上げてくる。

好きな男性にキスをされている。

それも、半ば強引に。

牝としての本性が暴かれていくような気がした。

ディープなキスを展開しつつ、大地は次なる行動をどうするべきか考えていた。

(お尻を犯してみたいな……)

と、そんなあくなき野望が湧き上がってくる。

そこで、大地はキスを一旦終えると、美沙の縛った足を、高く上方に持っていき、まんぐり返しに近いような形にさせた。

膝部分を縛られているので、変則的なまんぐり返しの体勢である。

秘部だけでなく、尻穴までよく見えるようになる。

大地は、蜜壺からペニスを引き抜くと、強引に尻穴にイチモツを押し当てた。

先ほど指で弄っているから、それなりに広がっている。

しかし、大地のペニスはかなり大きいのだ……。

ミチミチと、尻穴が押し開かれて、内部に侵入していく。

あまりの衝撃に、美里は叫んだ。

「だ、ダー様、止めて、そこは違いますぅ……」

「お前はアナルでも感じるだろ。だから俺のち×ぽで調教してやるんだ」

そう言い、大地は無理矢理に、肛虐を開始したのである。

尻穴が、みるみると広がっていく。

同時に、締め付けがかなり強い。

膣内もそれなりに締め付けが強かったが、アナルは段違いである。

ギュッと圧搾するようにペニスを締め上げていくのだ。

(うおぉぉ、締め付けがすごい。これは気を引き締めないと……、すぐにイッてしまいそうだ)

グッと下腹部に力を入れて、大地はそんな風に思いを巡らせた。

とにかく、キュウキュウとペニスを締めつけてくるのである。

この時の快感は、凄まじいものがあり、大地をトリコにしていくのであった。

一方、美里も感じまくっている。

お尻の穴をズボズボと突かれて、気持ちよくなってしまっている。

何だか、本当に変態になったかのような気持ちになるのである。

一定のリズムで、大地は腰を動かし続ける……。

あまりに窮屈であるため、ペニスを動かすのが難しくなるほどである。

アナルは通常、入り口が非常に窮屈であり、内部に入ると、ふんわりと空洞になっているケースが多いが、美里のそれは違っていた……。

ぴったりと、ペニスに吸いつくように、密着するのである。

まさにケツマンコ。

男を悦ばせる名器であったのだ。

大地は、心地よさを味わいながら、必死になってピストン運動を続けていく。

まんぐり返しの体勢で行っているから、上から下に突き刺すような状態になる。

ぎゅちゅっと突き刺すようにペニスを動かすと、それだけで気持ちよくなってしまう……。

耐えがたいほどの、悦楽が大地を貫いていくのであった。

大地は、少しずつピストン運動のスピードを速めていった。

同時に、美里のプリッとした尻を、打擲したのである。

パチン。

と、乾いた音が響き渡る。

すると、それに興奮したのか、美里が鋭い嬌声をあげた。

「あぁん、お尻を叩かないでぇ」

「叩いた方が興奮するだろ? お前は変態女なんだからな」

パチンパチンと、リズミカルに尻を叩いていく大地。

彼自身もノリノリになってきた。

興奮の坩堝に飲み込まれて、激しく欲情してくるのである。

手のひらの痕が、尻に残っていく。

赤くなり、本当にSMプレイをしているという感じになるのであった。

これはこれで素晴らしい……。

圧倒的な悦楽である。

悪魔の愉悦とも呼べるかもしれない。

大地は、ペニスをズンっと奥の方まで導いていき、直腸の壁を押し広げていく。

みるみるとアナルが広がりを見せ、柔軟にペニスを包み込んでいくのであった。

「はぁん。ダー様、深い……、おち×ぽが奥まで届くのぉ」

「奥がいいんだろ? 尻穴でもっと感じてみろ」

「あぁ、感じちゃう……、お尻が広がってるのに、感じちゃうのぉ……」

美里は次第に強いアクメを覚え始めた。

何度もイッているのに、また絶頂がやってくるのである。

恥ずかしい体勢で突かれているのに、本当に気持ちいい。

例え変態になってしまったとしても、この快感を味わえれば、他に何もいらないとさえ思えた。

もちろん、大地も射精感を覚え始めた。

アナルの締めつけが段違いに強いため、最早耐えるのがしんどくなるのである。

それでも、大地はペースを落とさずに、突きの一撃を繰り出し続けた。

「美里、尻の中に出してやるからな。覚悟しろよ!」

「うぅ、はい! お尻の中に精子ください! 熱い精子が欲しいのぉ」

と、美里は強く叫んだ。

彼女のM性が最大に表現された形になっただろう。

縛られて。

さらに目隠しされて。

おまけに言葉で罵られ、恥ずかしい体勢にされている。

その背徳的な行為が、ここまで気持ちいいとは……。

まさに驚きの連続である。

そして、二人の情交は、とうとうクライマックスを迎えるのであった。

「美里、精子出すぞ! あぁ、もう限界だ……」

と、大地は言葉を吐いた。

そろそろ限界である。

早く尻穴に精子を出してスッキリしたい……。

そして、とうとう大地は牡の欲望を一気に発射させる。

――ビュルビュル……ビュピョプ、プピョップ。

勢いよく、白濁色のスペルマが、膣内に発射される。

止めどない、射精の解放感が、大地を包み込んでいくのであった。

一方、美里も感極まって、快感の頂点に達した。

ビクビクッとカラダを震わせると、涎をツツーと垂らしながら、昇天してしまったようだ。

「あぁん、出てる、お尻の中に、熱い精子が出てるのぉ」

ドクドクと、精子を発散させると、心地いい快感がやってくる。

「うぉぉ、気持ちいい……、精子がどんどん出てくる。最高だよ、美里」

と、大地は告げる。

彼にとって、お尻を使ったセックスは初めてである。

しかし、その体験は、本当に素晴らしいものであった。

尻穴がここまで気持ちいいとは、思ってもみなかったのである。

大地は、長い吐精を終えると、ゆっくりとペニスを引き抜いた。

すると、入り切らなかった精液が、ゴポゴポとあふれ出してくる。

キレイな乳白色をした液体が、アナルから流れ出ている光景は、どこまでも淫靡であり、大地を深く感動させた。

「お尻の中に出されちゃいました。ダー様、すごく気持ちよかったです」

「俺も、たまにアナルセックスもいいもんだね。それに緊縛プレイも興奮したよ」

大地は、行為を終えると、美里の縄を解いた。

痕が付くか心配であったが、それは杞憂だ……。

少しだけ赤くなったものの、すぐにそれは引いていき、キレイな白い肌に戻ったのである。

二人は、濃密なセックスの余韻に浸りながら、深く抱き合っていく。

それは、とても幸せな時間であった。

このまま二人で一緒にずっといたい。

そんな思いが浮かび上がってくる。

 

 

後日談として、二人の行く末を紹介しておこう。

彼らは、そのまま付き合い、半年後に結婚することになった。

その時、美里のお腹の中には、第一子の生命が宿っていたのである。

二人の幸せな日々は、これからも続くだろう――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました