古き良きAV女優 第116回『中川えり子』

古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第116回『中川えり子』

画像引用元:https://auctions.c.yimg.jp/

こんにちは、蛞睡々です。

今回は、1980年代に活躍したAV女優をご紹介します。

 

その名は――。

 

「中川えり子」

 

です。

 

中川えり子というと、抜群の美貌を武器に、1980年代に活躍しました。

また、ハードプレイをこなすことでも有名だったのです。

 

本記事では、そんな古き良きAV女優の1人である、中川えり子を徹底紹介していきます。

一体、中川えり子とはどんなAV女優だったのでしょうか?

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

□魅力満載!「中川えり子」ってどんなAV女優?

 

中川えり子(なかがわえりこ)は、1963年12月6日生まれの元AV女優です。

詳しいデータは次のとおり――。

 

  • 出身地:広島県
  • 血液型:A型
  • 身長:164㎝
  • 体重:48Kg
  • スリーサイズ:B84-W58-H88

なかなかスレンダーなボディをされています。

中川えり子の背景を早速見ていくとしましょう。

 

中川えり子は、広島県で生まれ育ちます。

その後、上京し、東京で美容師として働き始めるのです。

 

1985年に、三橋江梨子という名義で、日活のポルノ映画に出演します。

この時の作品名は――、

 

「団地妻ONANIE」

 

です。

 

これは、友人からの勧めで作品に出演したと、コメントを残しています。

 

この作品を契機に、AV作品に出演するようになるのです。

AV女優として活動しながら、映画や舞台にも出演されます。

 

中川えり子は、美しい容姿がとても魅力的です。

当時のAV女優の中では、特段美貌に優れています。

 

したがって、デビューから間もなく、人気のAV女優の仲間入りをされるのです。

 

中川えり子は。ハードプレイを見せることでも人気になりました。

彼女がデビューした1980年代は、AV黎明期であり、まだまだハードプレイをこなすAV女優は少なかったのです。

 

そんな中、ハードなプレイを展開していき、多くの男性の支持を獲得しました。

 

1986年は、彼女にとって輝かしい1年になったのです。

実は、1986年に発売されたAV作品の売上ランキングで、1位を獲得されます。

 

人気の高さが窺えますね。

当時の人気AV女優である「小林ひとみ」を押さえて人気No.1になったので、すごいのではないでしょうか?

 

また、週刊誌でも特集を組まれて話題を集めます。

「週刊宝石」という雑誌で特集が組まれ、3ページの大ボリュームで記事になったのです。

 

それだけ、人気の高かったAV女優だったのでしょう、

 

中川えり子は、その後1988年までAV女優として活動されます。

しかし、1988年の作品を最後に、業界から完全に引退されてしまったようです。

人気のあったAV女優だったので、これは業界に大きな衝撃を与えました。

 

中川えり子は改名の多いAV女優としても有名です。

 

三橋江梨子という名義でデビューし、

 

  • 桐島恵
  • 佐藤えり子
  • 中川エリコ
  • 中川絵里

 

という名義を使い分け、最終的に中川えり子に落ち着きました。

彼女の出演作品を探すのであれば、この名義は押さえておく必要があるでしょう。

 

そんな中川えり子ですが、オススメの作品はあるのでしょうか?

次項以降、詳しくオススメの作品をまとめていきます!

 

□最大限のエロスを発揮した意欲作

 

中川えり子の作品は、僅かではありますが、FANZAなどのサイトで視聴が可能です。

その中から、個人的に良かったものをまとめていきます。

 

まずは――。

 

「フラッシュバック 中川えり子」

 

という作品です。

 

1987年の作品ですが、2003年に配信が開始されました。

 

彼と決別した中川えり子ですが、セックスの陶酔感が忘れられません。

カメラに向かって挑発する中川えり子が愛おしいです。

 

良い点

 

  • リモザイク版の復刻なので画質が比較的キレイ
  • 複数回あるカラミは見応え十分

 

悪い点

 

  • モザイクが光のぼかしなので、見る人を選ぶかも

 

コチラの作品を購入した方の生の声を見ていきましょう。

 

このフラッシュバックシリーズは撮影中に局所にスポットライトを当てる事で「ぼかし」と同じ効果を狙った画期的な見せ方だった。

 

AVに出演して、元彼を見返すという話。本気度の高そうないいカラミではあるんだが、なぜかその間中、鏡の反射光のような光をあちこち動かして邪魔をする。

「フラッシュバック 中川えり子」の購入はコチラから
 

□官能の果てへ誘い込む熱情的な作品

 

続けて紹介するのは――。

 

「淑女 中川えり子」

 

という作品です。

 

一台のタクシーがカップルを乗せるところから物語は始まります。

なんと、そのカップルはタクシーの中でまぐわい始めるのです。

 

身悶え、果てていく中川えり子が美しい印象。

 

良い点

 

  • エキゾチックな演出が素晴らしい
  • フェラシーンは一見の価値あり

 

悪い点

 

  • モザイクのかけ方が粗いです

 

コチラの作品を購入した方の生の声を見ていきましょう。

 

一般的な出来としては評価できない。

でも、モザイクの付け方が今では考えられないくらい荒っぽいので、ときどきかなりいいモノが見られる。

フェラシーンでは付けもれでチンコが丸出しになってたり、中川の下の毛も見えたりする。

とくによろしいのが、透けたパンツから彼女の性器が見えている所。けっこうハラハラドキドキしますよ。

 

中川えり子はエキゾチックでスタイルいい、当時のAV女優の中でもトップクラス。

時代は感じますが、モザ越しで咥えている表情だけで・・何か最高。

「淑女 中川えり子」の購入はコチラから

□記憶に残る美貌!「中川えり子」を堪能しましょう

 

いかがだったでしょうか?

今回は、1980年代に活躍したAV女優「中川えり子」をご紹介しました。

 

既に紹介していますが、中川えり子は当時のAV女優としては珍しく、ハードプレイをこなしてくれました。

また、1986年のAV作品売上ランキングにおいても、1位を獲得するなど話題を集めたのです。

 

本記事では、中川えり子の詳しい背景を紹介しつつ、オススメの作品をまとめました。

今見ても、興奮できる作品が多いので、ぜひ見てみてくださいね。

きっと、満足できるはず!

 

それでは、次回の古き良きAV女優でお会いしましょう。ではでは……。


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました