告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』第2回

告白手記

告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』第2回

そう言うと、坂田さんはゆっくりと私にカラダを預けてきました。

正直な話、私はどうしていいのかわかりませんでした。

ただ、先程のデータ消去の際、結構際どい写真をみていたので、ペニスは少し硬くなっていたのです。

同時に、坂田さんに寄りかかられて、もっと反応してしまったのでした。

もちろん、密着していますから、私のペニスの硬さに、彼女は気づいたでしょう。

坂田さんは、そっと私の股間に手を伸ばしてきます。

「ちょっとまずいですよ」

私はそう言うのが精一杯でした。

しかし坂田さんは全く動揺していません……。

むしろ、この状況を楽しんでいるようでした。

「先生のあそこ。こんなになってるのよ。ここで貴方を帰してしまったら、女が廃るわ……」

「しかし、坂田さん」

「先生、ここでは真由美って呼んでください。名前で呼ばれた方が興奮するの」

と、坂田さん言い、私のズボンをスルスルと脱がしていきます。

そして、ボクサーパンツすらも脱がしてしまいました。

私のペニスは、一気に解放されます。

既に勃起しているので、凶悪な凶器のようにも見えます。

坂田さんは、私のペニスをそっと手のひらで包み込むと、ゆっくりと上下に動かしていったのです。

淡い快感が、ペニスを通じて全身を貫いていきます。

彼女は、こういうことに慣れているのでしょう。

その所作は、かなり巧みで、私は参ってしまいました。

亀頭の先端からは、我慢汁があふれ出してきます。

思えば、こんな風に他人にペニスを扱かれるのは、いつぶりでしょうか?

私は現在、お付き合いしている女性はいないので、数年単位でセックスしていません……。

風俗に通うという手段も取れましたが、パソコン教室の講師という職業は、かなり不安定であり、薄給なのです。

したがって、風俗などの通っている余裕などありません。

私は、久しぶりに感じる、女性の手のひらの感触に、タジタジになっていました。

「先生のおち×ぽ、とっても大きいわ」

そう言いながら、坂田さんはリズミカルに、手を動かしていきます。

一定のリズムを刻みながら、ペニスを扱いていくと、私も堪らなくなってきました。

直立不動で立っているのですが、膝がガクガクと震え始め、立っているのがしんどくなるのです。

それを見た坂田さんは、クスッと相好を崩すと、私をリビングのソファに座らせました……。

自身は、ソファの裾部分にしゃがみ込み、私のペニスを愛撫していくのです。

ピクピクっとペニスが反応していきます……。

かなり気持ちいい……。

それは事実でした。

やがて、坂田さんは、カリの表だけでなく、裏筋を爪先でカリカリと引っ掻き始めたのです。

これは、峻烈な快感でした。

男性の気持ちいいポイントを押さえている……。

そんな風に感じたのです。

「先生、気持ちいいかしら?」

「はい、真由美さん、いいんですか?」

「いいのよ。これは今日のお礼だから。もっとサービスしてあげるからね」

そう告げると、坂田さんは舌先をペロッと伸ばし、亀頭を舐り回したのです。

手コキも十分気持ちよかったのですが、口唇奉仕はレベルが違います。

鋭い快感が私を襲ってきて、恍惚とさせるのでした。

舌先をフルに使って、亀頭全体を丁寧に舐めていくと、一転して裏筋をレレレとしゃぶっていきます。

これは素晴らしい快感です。

その昔、フェラチオをされた経験はありますが、その中でも最上級の快感が降り注いできました。

それだけ、坂田さんのフェラチオは巧なのです。

チュチュッとペニスにキスをしたかと思うと、今度は口腔をいっぱいに広げて、ペニスを咥えこんだのです。

口腔粘膜の温かな質感が、ペニス全体に伝わっていきます。

「先生、おち×ぽがビクビクしてきたわよ。気持ちいいのね?」

「真由美さん、気持ちいいです……、あぁ、堪りません」

私は、快感のトリコになりつつありました……。

私と坂田さんは、講師と生徒という関係です。

なのに、こんな淫らな関係になってしまっている。

これではまるで官能小説の世界ではありませんか。

しかし、抗えぬほどの快感が襲って来るので、私は耐えるので精いっぱいだったのです……。

やがて、坂田さんは、激しくペニスを吸引してきました。

チューチューと淫音を鳴り響かせながら、ペニスをしゃぶっていきます。

これはいわゆる、バキュームフェラというやつでしょう。

アダルトビデオなどでは見たことがありましたが、私は実際に体験したことはありません。

しかしながら、この行為は、牡の欲望をどこまでも満たしていく、不思議な力があると感じました。

ペニスを奥の方まで咥えこみ、丹念にフェラチオしていく坂田さんの姿は、本当に淫らであり、妖艶な印象がありました。

同時に、彼女も興奮してきたのでしょう……。

坂田さんは着ていた衣類を脱ぎ始めたのです。

あっという間に、坂田さんは下着姿になりました。

その姿は、爛熟しており、私の目を釘付けにさせました。

セクシーな黒のブラにショーツ。

適度な光沢感があり、やや透け感がありました。

サラリとした柔らかそうな肌触り。

それでいて、高級感があります。

清楚なレースをふんだんに使っており、可愛らしさとセクシーさが共存したランジェリーになっていました。

まさに至福のランジェリーと言えるでしょう……。

普段は普通の格好をしているのに、こんなにもセクシーな下着を身につけているなんて……。

私は、坂田さんがどんどん眩しく見えていきました。

透け感たっぷりのシースルーレースに花柄レースをあしらったデザインで、坂田さんの妖艶な雰囲気によく合っています。

そのセクシーな下着姿を見て、私のペニスはますます元気になっていくのでした。

「この下着、素敵だと思わない」

「思います」

「でしょ。でもね、私の旦那は全く興味ないの、まったくイヤになるわよね。だから浮気してストレスを発散させないと、精神が保てないのよ」

理論は滅茶苦茶でしたが、言わんとしていることは何となくわかるような気がしました……。

つまり、坂田さんはセックスが好きなのです。

しかし、旦那さんはほとんど興味がない……。

こんなにもエッチな奥さんがいるのに、それを求めないなんてもったいないと思えました。

欲求が溜まりにたまった坂田さんは、どこまでも淫らになっていくのでした。

「ねぇ、先生私も気持ちよくなりたいの。二人で弄り合いましょ」

坂田さんはそう言うと、私をソファの上に仰向けに寝かせ、自身はその上に跨りました。

そして、股間部分を私の方に向けて、自らはペニスを弄り続けたのです。

これは即ち、シックスナインの体位です。

男女がお互いの性器を舐め合う淫らな体位と言えるでしょう。

この時、坂田さんはショーツやブラを脱ぎ捨て、生まれたままの姿になっていました……。

私のそれに倣い上着を脱いでいきます。

こうして、お互いに生まれたままの姿になったのです。

私は、彼女のヴァギナに手を伸ばしていきました。

ヴァギナは、既に潤みを帯びており、ヌラヌラと濡れ光っています。

ヴィーナスの丘には、控えめな恥毛が生え揃っています。

Vラインはキレイに整っており、処理をしているのでしょう。

それが逆にいやらしさを帯びているのです……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました