告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』最終回

告白手記

告白手記『パソコン教室に通う人妻の秘密』最終回

私は縦筋を指で摩り、くぱぁと左右に押し広げました。

サーモンピンクの膣口が顔を出し、峻烈な香りが漂います。

女の性臭。

少し酸っぱいようなチーズの香りです。

それは、どこまでも芳醇であり、私を釘付けにしていくのでした。

私は貪るように、ヴァギナを舐め始めます……。

レロレロと舌先をフルに使って愛撫していくと、坂田さんも感じているようでした。

口元から、甘い吐息を漏らし、カラダを小刻みに震わせ始めたのです。

「んんぁ、あぁん、先生、気持ちいいぃ」

その声はどこか艶っぽく淫らに響きます……。

私たち以外、誰もいないリビングの中で、我々は淫らな行為に臨んでいるのです。

じゅるじゅると水音をあげながら、ヴァギナを愛撫していきます。

舐めるほどに、愛蜜があふれ出し、それが私の舌先で踊ります。

坂田さんの淫蜜は、こってりと粘り気があり、仄かに塩気があるのでした。

女の密を感じていくと、私もどんどんと気持ちよくなり、さらにヒートアップしていきます。

この気持ちよさをもっと味わいたい。

否、もっと気持ちよくなりたい。

そんな欲望が渦巻いてくるのです。

恐らく、坂田さんも我慢できなくなったのでしょう。

彼女は、私のペニスを舐めながら、こう言ったのでした。

「先生のおち×ぽが欲しいわ。挿れてちょうだい」

「いいんですか?」

「えぇ、先生もセックスしたいでしょ?」

その言葉は、私の心境を見抜いているかのようでした。

私のセックスがしたい。

それは、間違いありません。

私は一旦カラダを起こすと、自分のいきり立ったペニスを見つめました。

私のペニスは、坂田さんに口唇奉仕されていた関係上、ヌラヌラと光っているのです……。

もう我慢できない。

私の理性は、崩壊寸前でした。

坂田さんは、ソファの上に寝そべると、自分の方から足を広げて、挿入を哀願していきます。

その姿を見ていると、私ももう止まりません……。

私は、肉割れにペニスをあてがっていき、そのまま一気に貫いたのです。

体位は正常位。

ソファの上に寝そべって行うので、少しだけ変則的な形になりました。

ずぶずぶと、ペニスがヴァギナに吸い込まれていきます。

膣壁をペニスが擦過していく時の衝撃は、計り知れないものがありました。

素晴らしき快感なのです。

私は狂った野獣のように、ただ一心不乱になった腰を振り続けました。

「ぁん、先生、激しい……、んん、あぁん……

私の突きの一撃に、坂田さんが身悶えます……。

彼女の膣内は、トロリとしており、さらにペニスをキュッと甘締めしてくれるのです……。

(うぉぉ、気持ちいい……。すごいよ)

と、私は感じていました。

私にとって、このセックスは久しぶりです……。

数年単位でセックスからは遠ざかっていたので、感動がとても強いと感じました。

私はリズミカルに腰を動かし、坂田さんの膣内の感触を味わっていきます。

坂田さんの膣内は、独特のヒダがあるようで、それがペニスに吸いついてくるのです……。

これは噂に聞く、名器というやつなのではないでしょうか?

とにかくペニスへの刺激が素晴らしいのです。

「先生、もっと、もっと突いてぇ」

と、坂田さんはあられもない声をあげて感じ続けます。

私は、坂田さんの言葉を聞き、少しずつ腰の動きを速めていきました。

こうすると、私も一層気持ちよくなるのです。

同時に、私はなるべく動きが単調にならないように、刺激に変化を加えていきました……。

いわゆる、三浅一深という突き方です。

浅く突いたり、深く突いたりを繰り返して、快感を生み出していきます。

どうやら、これが功を奏したようです。

坂田さんの膣内が、キュキュッと痙攣したかのように締まりを見せました。

この時の快感は、本当に素晴らしいものがありました。

ペニス全体が蕩けてしまうのではないかと思えるくらい、気持ちいいのですから。

「先生、今度は後ろから突いて、私、後ろから突かれるのが好きなの」

と、坂田さんが告げます。

その言葉を受けて、私は一旦ペニスを抜き、坂田さんを四つん這いさせると、今度は、後背位から突きまくってやったのです。

後背位からの挿入は、正常位に比べると、幾分か奥の方に届くような気がしました。

私は、膣の最奥を目指して、とにかく一心不乱になって突き続けたのです。

凄まじい快感が襲ってきました。

久しぶりのセックスということもあり、私の限界も近づいていたのです。

まだこの心地よさを味わっていたいという願望がありました。

ただ、ひたすらに下半身に力を入れて、何とか射精感を抑え込んだのです。

「奥に当たるわ。あぁん、気持ちいい……、先生のおち×ぽ気持ちいいのぉ」

と、坂田さんが淫声をあげました。

その声を聞いていると、私もますます興奮していきます。

イキそうになるのを、辛うじて抑えながら、私は、坂田さんに覆い被さるような体勢をとりました。

そして、彼女の乳房を揉みしだいてやったのです。

挿入と同時に、乳を揉まれるのは、坂田さんの好きのようでした。

坂田さんの乳房は、推定でDカップ程度でしょう。

そのため、適度に大きいのです。

変に大きすぎないので、私はこの乳房がとても愛らしいと感じました。

軽く揉んでみると、指の中でぐにゃりと潰れます。

こってりとしたマシュマロを揉んでいるかのような衝撃です。

女性の乳房は、どうしてもこうも柔らかいのでしょうか?

私は、ゾクゾクとしながら、乳房を揉み続けるのでした。

すると、興奮しきった坂田さんが言いました。

「先生、乳首も、乳首とクリクリッて弄ってほしいのぉ」

「乳首ですね? やってあげますよ」

ご要望通り、私は坂田さんの乳首をつまみ上げ、コリコリと刺激していきました。

乳首は既に硬くなっており、ぷっくりと立ち上がっているようでした。

摘まむほどに弾力が増していくような気もします。

乳房を揉みしだきながら、後ろから犯している。

このプレイは、何だか無理矢理セックスをしているみたいで、私は強い興奮を覚えました。

とにかく感動的なくらい興奮してしまうのです。

恐らく、坂田さんも興奮しいているのでしょう。

彼女の淫声は徐々に大きくなり、静かなリビングの中に染み渡っていくのでした。

やがて、とうとう私の限界がやってきました。

最早耐え切れない。

そう思い、私も叫びます。

「真由美さん。射精しそうです。どこに出せばいいですか?」

「んぁ、先生、中に出して……、お願い、中出ししてぇ」

なんと、坂田さんは中出しを懇願したのです。

中出しができる悦びで、私は嬉しくなりました。

俄然ペースがあり、最後の仕上げにかかります。

突くほどの快感の塊がカラダを貫き、私を心地よくしていくのです。

そしてとうとう、私は射精してしまいました。

ビュルビュルドビュと、勢いよく精子が膣内に注がれます。

その時の快感は、本当に素晴らしいものでした。

生きていてよかったと、心の底から思えたのです。

私は射精を終えると、ゆっくりと結合を解きました。

すると、ゴポリと精液が膣口からあふれ出てきたのです。

「あぁん、もったいない、先生の精子が流れ出ちゃうわぁ」

そう言い、坂田さんは膣口に手を当てると、精子を掬い取り、それを口元に運び飲み下しました。

それはどこまでも淫らな光景であり、私はこの人は、本当にエッチなことが好きなのだなと、感心してしまったのです。

 

 

この行為以降、私たちはセックスフレンドになりました。

旦那さんの目を盗んでは、セックスに耽る日々を続けています。

パソコン教室の講師も悪くない。

そう思いましたので、今回コチラの雑誌に投稿させていただきました。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました