連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第1回

連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第1回

関東を中心に居酒屋チェーン「美味しん坊」を経営している、「株式会社美味新」に勤める坂田雄介は、美味新の本社の企画室において、新メニューの開発に取り組む、若手の社員である。

居酒屋のメニューは、それこそ膨大にある……。

美味しん坊では、毎週のように新メニューを発表し、客の舌を楽しませているのだ。

ただ、この新メニューを作るのは、容易なことではない。

毎回、企画室のメンバーで四苦八苦しながら生み出すのだ。

つまり、産みの苦しみという奴である。

今回も雄介は新メニューの制作に、心を砕いていた。

そんな中、彼にある辞令が下る。

それは――。

「地方の料理をみてきて、それを新メニューの開発に活かす」

というものである。

地方の料理を実際に味わい、それを武器に新メニューを作ろうという試みだ。

そんな辞令が下ったものだから、雄介は米どころで有名な新潟県に赴くことになったのである。

 

新潟は北信越の県だ。

縦に長く、上越、中越、下越と、主に三つの地区にわかれている。

今回彼が向かうのは、新潟の中心地である下越の万代というところである。

新潟は米や酒が有名だ。

もちろん、食事だって美味しいだろう。

観光客も多く、ここに行けば新メニューのヒントがつかめるかもしれない。

と、雄介は考えながら、地方都市、新潟に向かった。

 

雄介は東京都の世田谷区で暮らしている。

そして、東京から新潟までは、新幹線に乗れば一本で行けるのである。

今回、雄介が向かう新潟市万代という地区は、新幹線の停車駅である「新潟駅」の近くに存在している繁華街だ。

大体2時間弱で新潟まで行けるため、決して遠くではないのである。

旅行用のボストンバッグを持ち、彼は東京駅に向かった。

東京駅と言ったら、日本の玄関と言っても過言ではないだろう。

大勢の利用客であふれかえっていた。

そんな人波を縫うように歩き、彼は新潟行の新幹線「上越新幹線」に乗車するのであった……。

駅のホームにあったお弁当屋で、駅弁とお茶を購入し、それを車内で食べることにした……。

牛焼肉定食弁当。

なかなかパンチのあるお弁当である。

上越新幹線の停車駅である「大宮駅」を過ぎたあたりから食べ始めて、途中駅である「高崎駅」で食べ終える。

この間は大体一時間くらいなので、ゆっくりと弁当を食べた計算である。

(居酒屋で焼き肉っていうのもいいかもな……)

と、ぼんやりと考えてしまう。

しかし、居酒屋で本格的な焼肉は難しいだろう。

焼き肉が食べたければ専門店に行けばいい……。

わざわざ居酒屋に行く必要性がないからだ……。

 

やがて、新幹線は新潟駅に到着する……。

車内はそれほど人が残っているわけではない。

今は十月。

年末年始や夏休みの時期に比べると、人の波は幾分か穏やかである。

しかし、観光シーズンでもあるので、一定の人間が新潟駅で降りるようであった。

新潟駅のホームに降り立ち、ゆっくりと深呼吸をする。

清々しい空気である。

都心にはない、柔らかさがあるような気がした。

雄介はまず、ホテルに向かう。

しかし、そこで問題が起きることになる……。

 

「ご予約されていないようですが……」

と、フロントのスタッフに言われてしまったのである。

どうやら、予約をしたつもりになっていたらしく、予約が取れていない状況であった……。

そして、不幸にも本日は満室であり、そのホテルには泊まれなかったのである。

(別のホテルを探そうか……)

と、思案し道端に出た時であった。

いきなりホテルから飛び出してしまったため、丁度走ってきた自転車とぶつかりそうになってしまったのである。

幸いなことに直撃は免れたが、バランスを崩した自転車の相手が転んでしまった。

「だ、大丈夫ですか?」

慌てて雄介は手を差し伸べる。

相手は女性であった。

それも、飛び切りの美女である。

年は恐らく三十代前半。

もしかすると、もう少し若いかもしれない……。

切れ長の瞳は、さながらネコを想わせるようで、愛らしい雰囲気がある。

また、スタイルも申し分ない。

彼女は、シンプルな白ブラウスに、ボトムスはスキニーな黒のデニムを穿いている。

全体的にタイトな装いであり、カラダのラインがくっきりと出ているのだ。

シンプルなスタイルな分、着こなすのが難しいであろう。

それをすんなりと着こなしている彼女の雰囲気に、雄介は飲み込まれそうになっていた……。

「いたた、私は大丈夫です。あなたは?」

と、女性は言った。

悪いのはこっちなのに、どういうわけか謝れている。

何だか申し訳なくなる。

「俺は大丈夫です。さぁ、立てますか?」

雄介はそっと手を伸ばし、女性を立たせる……。

女性は雄介の手に掴まり、ゆっくりと立ち上がった。

そして、女性は雄介に向かって言う。

「ホテルから出てきたってことは、もしかして旅行ですか?」

「えっと、まぁ旅行というか仕事の関係で……」

居酒屋の新メニューを作るため、わざわざ新潟県までやってきたのである。

だが、手違いでホテルが取れなくなってしまった。

だから、新しいホテルを探しているところなのである。

こんなことを、見知らぬ人間に話すのはおかしな話だが、気づくと雄介は女性に話していた。

それだけ、彼女の持つオーラが話しやすい雰囲気だったのである。

すると、女性は意外なことを口走った。

「泊るところがないなら。家に来ますか? ぶつかったお詫びもしたいですし」

「しかし、ぶつかったのはこっちですよ」

「前を見ていなかった私も悪いですから。とにかく行きましょう」

こうなると、女性は強引であった。

だが、泊まる場所を提供してくれるのは嬉しい……。

ここはお言葉に甘えようかな?

と、雄介はそんな風に考えた。

二人は並んで歩く最中、軽く自己紹介をしておいた。

女性の名は桐谷美紀。新潟市の繁華街にある小さな料亭の料理人らしい。

今日はたまたま休みで、近所を自転車でブラブラしていたようであった。

まさか料理人とは……。

雄介も、実際に客の前で料理を作るわけではないが、居酒屋チェーンの本社に勤務し、日々新メニューと格闘している。

つまり、料理人と言っても過言ではないだろう。

だからこそ二人は意気投合したのである……。

「居酒屋の新メニューですか」

「はい。そうなんです。そのヒントを探るために、遥々新潟までやってきたんです」

と、赤裸々に語る雄介。

美紀はそんな雄介が気に入ったようである。

「なら、新潟の郷土料理を食べていくといいわ。きっと何かのヒントになると思うし」

と、意気揚々と告げる。

新潟の郷土料理?

そうはいっても、どんなものなのかわからなかった。

新潟と言えば、米や酒が有名である。

何か有名な食べ物があるのだろうか?

「そうと決まったら、買い出ししないとね……。雄介さん、家に帰る前にスーパーに寄っていくからね」

なかなか強引な女性である。

しかし、新潟の郷土料理が食べられるようだ。

確かに美紀の言うとおり、地方の料理は新メニューのいいヒントになるだろう。

雄介は、彼女に従い、近くのスーパーに向かった――。

 

スーパーで買い出しを終えた二人は、美紀の住んでいる自宅に向かう。

美紀の自宅は、新潟駅の万代という街から少し離れたところにあった。

閑静な住宅地である。

その中に佇む小ぢんまりとしたマンションが、美紀の自宅のようであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました