連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第11回

連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第11回

足を開いたことにより、玲の秘唇がくぱぁと顔を出す。

女の密園の開帳である。

そこは既に潤みを帯びていた。

乳房を執拗に弄ったため、感じてしまったのだろう。

トロトロになった淫裂は、すぐにでもペニスが挿入できそうであった。

しかし、玲は処女である。

たっぷりと、膣を濡らしてからの方がいいだろう。

それに、若い女の淫裂がどんな味なのか、試してみたい欲望もある。

雄介はそっと手を伸ばし、膣口に触れてみた。

にちょん。

指先に淫蜜が付着する。

それはヌルヌルと滑っており、とても淫らであった。

「濡れてるん。玲ちゃん、感じちゃったんだね」

「だってぇ、雄介さんがエッチなことするからぁ」

「でもエッチなことがしたかったんでしょ」

少し意地悪く告げると、玲は顔を真っ赤にしながら頷いた。

その様子がひどく可愛い。

愛らしくて堪らなくなるのだ。

膣口を指でスリスリと刺激していくと、どんどん愛蜜が噴き出してくる。

それが潤滑油となって、スムーズに指を動かしてくれるのだ。

同時に、彼は指先を軽く膣内に挿れてみた……。

処女膜を破らないように、細心の注意を払って指を軽く挿入する。

何だか膜のようなものが指先に当たる。

これ以上は進めないというところで、いったん行為を止めた。

そこで、次は陰核を責めることに決める。

小陰唇の上方部に、包皮に包まれた一角がある。

指の腹を使い、包皮を器用にむくと、トピュッと米粒大の大きさの陰核が飛び出してくる。

それは白くて小さい、小動物のようにも見えた。

「クリトリスと弄ってあげるからね」

と、雄介は告げると、指を使った陰核を刺激し始める。

途端、玲はガクンとカラダを震わせた。

「はぁん、そ、それ、気持ちいいですぅ」

劈くような悲鳴である。

しかし、歓喜の色を帯びている。

恐らく、玲はオナニーなどもしないのであろう。

だから、自分で陰核を触った経験がないのかもしれない。

それ故に、唐突に現れた、この痛烈な刺激に耐えきれなかったのである。

それでも雄介は執拗に陰核を弄り続ける……。

こうすることで、彼女をもっとリラックスさせられるような気がしたのだ。

指の腹を使って、陰核を擦るように刺激していくと、玲も堪らなくなっていく。

ゾクゾクとして、強いアクメを覚え始めたのである。

(なにこれ、すごく気持ちいいよぉ)

初めて感じる悦楽に、玲は驚いていた。

セックスは気持ちいいと聞くが、前戯の段階でここまで気持ちよくなれるとは思っていなかったのである。

ここで、玲は雄介を初めての人に選んでよかったと、心の底から思うようになった。

初めて出会う男性に、抱いてくださいというのは、何だか変な話である。

しかし、玲は直感的に、雄介に会った瞬間、この人なら安心できると察したのだ。

だからこそ、彼にすべてを任せ、身をゆだねる覚悟ができたのである。

一方、雄介も期待に応えるために、一生懸命であった。

彼とて、経験豊富な百戦錬磨の達人というわけではない。

昨日美紀を抱いたのは事実だが、それ以前は、ほとんど女っ気のない生活を送っていたのである。

それ故に、玲を気持ちよくさせられるか、イマイチ自信がなかった。

それでも、ここまでプレイを進めてみて、玲は感じてくれている。

それが、純粋に嬉しく感じるのであった……。

次いで、雄介は、顔を陰部に近づけていった。

つまり、今度はクンニリングスをしてやろうと考えたのである。

顔を蜜壺に近づけると、ツンとする香りが鼻を突く。

シャワーを浴びたばかりである多、色気のある香りが漂っているのだ。

それはまさに、旬を迎えた果物のような香りであった。

「玲ちゃんのおまんこ、いい匂いがするね……」

と、雄介が告げると、玲は慌てて、

「そ、そんなとこの匂いを嗅がないでください。汚いですぅ」

「そんなことないよ。全然臭くないし、むしろ興奮するなぁ」

と、言いながら、舌先をペロっと伸ばし、淫裂に当てていく。

しっとりと温かい。

それでいて、若干の塩気が感じられた。

その中にも仄かな甘みのようなものがあり、それが雄介を興奮させていくのであった。

――んじゅる、じゅる、じゅるん。

秘唇を舐め回す音が、こだましていく。

玲は、初めて性器を他人に舐められている。

何しろ、自分でもほとんど弄ったことない部分である。

ここから先は、常に未体験ゾーンなのであった。

「んぁ、あぁん。何かくすぐったいです」

「すぐに気持ちよくなるからね」

ペロペロと犬のように舌を震わせ、蜜壺を刺激していく。

対する玲も、快感の極みに達し、強いアクメを覚えた。

そして――。

「雄介さん、何かあそこが熱くなって……、ジンジンしてきましたぁ」

「もしかするとイクのかもしれないね。初めてでイケるってすごいことだよ」

イクという言葉の意味が、イマイチよくわからない玲であったが、すこぶる気持ちいいのは事実である。

このまま淫裂が熱くなり、溶けてしまうのではないかと思えた。

玲が感極まっているのを見た雄介は、継続してクンニリングスを続けた。

同時に、陰核を舌で転がし、刺激に強弱を加え始めたのである。

こうなると、玲は堪らなくなる。

圧倒的なアクメに包まれて、とうとう昇天してしまったのである。

「あぁん、何か、変、すごいのが来たのぉ……」

途端、玲のカラダがガクガクと蠕動を刻んだ。

そして、陰部かプシュッと潮を噴いたのである。

どうやら、玲はイクと潮を噴くらしい。

放出された蜜液を啜り上げるように味わう雄介。

彼もまた、満足感に包まれていくのであった……。

「玲ちゃん、これで準備はいいね。おま×こもたっぷり濡れているし、今度はち×ぽを挿れてみようか?」

「は、はい、お願いします」

玲の言葉を聞き、雄介は自分の分身を解放していくのであった。

 

雄介の肉竿は、隆々といきり立っている……。

玲の陰唇を弄っていて、当たり前であるが、興奮してしまったのである。

そんな猛々しい牡の象徴を垣間見た玲は、ゴクリと生唾を飲み込む。

初めて見る、勃起した男性器である。

その大きさは、予想以上であった。

(こんなに大きいの?)

と、唖然とする玲。

しかし、ここまできて引き下がれない。

自分は今日、女になるのだ。

雄介は、そっと玲を寝かせると、足を左右に開いた。

陰部は既にたっぷり濡れているので、このまま挿入しても問題ないだろう。

但し、玲は処女である。

恐らく、姦通時の痛みはあるはずだ。

破瓜の衝撃が、痛みを与えるというのは、よく聞く話である。

「それじゃ玲ちゃん、挿れるからね」

と、最終確認をする雄介。

すると、玲は覚悟を決めて、首を上下に振った。

体位はベーシックな正常位である。

処女を卒業するためには、まずは、普通の体位から始めた方がいいだろう。

そう考え、雄介は正常位で挿入を試みた……。

陰部にペニスを押し当て、そのまま一気に貫く。

途端、「プチッ」と、何かが破れるような音が聞こえた。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました