連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第15回

連載官能小説

連載官能小説『新潟で出会った美熟女』第15回

とろけるチーズのように、トロトロになった淫裂から、淫らなお汁がしみ出してくる……。

それを潤滑油代わりにしながら、雄介は手マンを始めたのであった。

「んんぁ、あぁん、ハァハァ」

玲の口元から甘い声が漏れる。

どうやら感じているようである。

その艶のある声を聞いていると、雄介の絵性的な力も上がっていくのであった。

興奮の坩堝に包まれて、ますます昂っていく。

やがて、雄介は人差し指を胎内に挿入していった。

そして膣壁を引っ掻くように刺激していく……。

これには、玲も驚いた。

膣壁を引っ掻かれると、堪らない気持ちになるのである。

昼間の時は、中に指を挿れなかったから、感動もひとしおであった。

「おま×この中に指を挿れられてどんな感じかな?」

と、悪戯っぽく告げる雄介。

すると、玲は恥ずかしそうに、頬を朱色に染めながら、

「すごく気持ちいいです。もっとしてください」

と、告げた。

淫裂に指を挿れられて、感じ続ける玲。

雄介は、やがて顔をあそこに近づけていった。

今度は、舐めてあげようと思ったのである……。

淫裂に顔を近づけると、ツンとした香りが鼻を突くのであった。

しかし、それは、心地いい香りである。

どこか興奮を誘ってくれて、雄介はますます昂っていった。

舌先をスッと伸ばし、女陰に触れてみる……。

熱い。

蕩けるほどに、熱いのであった。

「んぁ、んんー」

と、堪らなくなった玲が甘い声を出す。

「玲ちゃんのおま×こ、すごく美味しいよ……」

と、雄介は言って、刺激を高めていくのであった。

やがて、雄介は陰核を同時に責めてみた……。

ぷっくらと膨らんだ雌芯の包皮を指でむくと、外気に触れさせたのである。

陰核はヒクヒクと震えており、早く触ってほしそうな顔を浮かべている。

雄介は、丁寧に舌で陰核を弄んでいくのであった。

――んちゅ、ちゅるん、ちゅるる。

陰核を舌先で転がしていくと、秘唇からトプっと蜜が零れ出した。

本当に蕩けている。

その光景はどこまでも淫らであり、雄介はますます情欲を高めていくのであった。

「雄介さん、わ、私、イッちゃいそうです……、おま×こが気持ちよくて」

「イキたいときにイッていいよ。俺が見届けてあげるからね」

そう言うと、雄介はさらに愛撫のペースを速めていくのであった。

こうなると、玲も堪らなくなる。

鋭い快感に包まれて、アクメを覚え始めた……。

クンニリングスをされるのは、気持ちいい……。

そう、癖になるのほどに。

やがて、玲はガクガクとカラダを震わせ始めた。

同時に、秘唇がキュッと締まり、小刻みに蠕動していく。

イク前の兆候が現れて、とうとう卒倒寸前になるのであった。

「あぁん、ダメ! 雄介さん、あぁ、イク! イッちゃのぉ」

途端、玲は強く叫んだ。

圧倒的な快感が降り注ぎ、彼女は昇天してしまった。

ヒクヒクとカラダを震わせながら、快感の余韻に浸っていく。

陰部から、プシュッと蜜が噴き出し、それがトロリと太ももを伝って流れ出した。

こうして、二人の美女は雄介にイカされたのである。

もちろん、これで行為が終わるわけではない。

むしろ、これは序曲に過ぎない。

本当のお楽しみはこれからなのだから。

当然、それを美紀や玲も察している。

美紀は起き上がると、雄介に抱きついてきた。

そして――。

「雄介さん、今度はおま×こにおち×ぽを挿れて欲しいの、早くして、我慢できないわぁ……」

と、美紀はせがんでくる。

それを受け、雄介は美紀をギュッと抱いたまま、ゆっくりと押し倒していく。

「わかった、今挿れてあげるからね」

「玲ちゃん、私が最初でいいわよね? でも大丈夫、あなたもすぐに気持ちよくなるからね」

と、美紀は玲に向かって言った。

すると玲は、

「私も早くおちん×んが欲しいです。でも最初は美紀さんからでいいですよ。私は待っていますから」

と、言ってのけた。

対して雄介は、美紀の足を左右に広げると、ヌレヌレになった淫裂を押し開き、挿入の準備を試みた。

体位は正常位。

この基本的な体位から始めようと思ったのである。

膣口にペニスを押し当て、そのままゆっくりと挿入していく。

――ずぶずぶずぶ。

膣内は蕩けるほど温かく、それでいて滑っている。

ペニスをすんなりと咥えこみ、飲み込んでいくのであった。

(うぉぉ、ものすごく気持ちいい。美紀さんのおま×この中、ホント最高だよ)

と、雄介は素直にそう思った。

そして、緩やかなペースで抽送を開始する……。

既に一度イッているため、精力には余力がある。

しかしながら、気を抜くとたちまちイッてしまうだろう。

長く行為を続けるためにも、自分のペースを刻み続けるのは、とても重要である。

膣壁をペニスが擦過していくと、形容しがたい快感がやってくる。

もちろん、美紀も心地よさに包まれていく……。

秘唇が熱く反応を示し、キュッと締まりを見せた。

「はぁん、雄介さん、気持ちいい……、おま×こがジンジンしちゃうわぁ」

と、嬌声をあげながら、悶える美紀。

対して雄介は、一定のリズムを刻みながら、ピストン運動を続けていくのであった。

――にちょ、くちょん。

結合部分から淫猥な音が聞こえてくる。

美紀の膣は、ぐっぽりとペニスを咥えこみ、それでいて離さない。

だからこそ、痛烈な快感が襲ってくるのであった。

やがて、雄介はやや姿勢を前に押し倒していった。

つまり、美紀に覆い被さるようなポーズを取ったのである。

その状態で、今度はリズミカルに、上から下に突き刺すように腰を動かしていく。

こうすると、先程よりも、奥の方にペニスが届くような気がした。

「んあぁ、あぁん、そ、それ、すごくいいわ、雄介さん、最高よ」

と、身悶えしながら叫ぶ美紀。

その声は、妙に艶っぽく、雄介の耳に心地よく届いた。

「美紀さんのおま×こ、俺のち×ぽをキュッと締め上げるんです。すごく気持ちいいですよ」

膣ヒダがペニスに絡みついてきて、動かすほどに快感が発生する。

耐えるのがしんどい。

と、雄介は感じ始めていた。

しかし、まだイクわけにはいかない。

行為はまだまだ始まったばかりなのである……。

雄介は、アヌスをキュッと窄めると、力をこめて耐え始める。

こうやって、下半身に力を入れると、幾分か射精感が紛れるような気がした。

(よし、これでまだできるぞ)

と、雄介は感じながら、ピストン運動を続けていく。

一方、美紀も感極まっていた。

雄介とカラダの相性がいいのか、とにかく心地よくなってしまうのである。

彼女自身、それなりに性体験を踏んできたが、ここまで感じるのは初めてであった。

(雄介さんのおち×ぽ、ホントに気持ちいいわ、癖になってしまいそう)

と、美紀は思いを馳せながら、快感で心を満たしていく。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました