連載官能小説『隣人は占い師』第7回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』第7回

女性が興奮すると濡れるというのは、雅也も一応知っている。

しかし、実際にそれを目の当たりにしたのは初めてである。

(おま×こって、本当に濡れるんだなぁ)

と、感慨深くなり、彼は指先で膣口をスリスリと擦過した。

触るほどに、膣内からトロリとした淫蜜があふれ出して来る。

それを潤滑油代わりにしながら、ヴァギナを愛撫していくのであった。

「はぁん、んんー、んぁ、あぁん、雅也さん……、はぁ、気持ちいい……」

「おま×こすごく濡れていて……、ハァ、蕩けそうだ」

「だって、雅也さんがエッチに弄るからぁ……、誰だってこんなことされたら濡れちゃいます……」

試しに、指を膣内に挿れてみる。

既にたっぷりと濡れているので、挿入はスムーズであった。

ヌルリと指先が膣内に吸い込まれていく……。

膣内は、少し窮屈な感じがある。

ピタッと肉ヒダが、指先に吸いついて離さないのである。

だからこそ、妙に心地いい。

ここにペニスを挿れたらどんな気持ちがするのか?

それを想像するだけでも興奮度は高まっていく。

指先を奥の方まで挿れてみる。

膣壁を指の先端がメリメリと切り開いていくのであった。

「ハァハァ、指が奥まで……」

と、香菜が淫声を漏らす。

ただ、雅也はこの後何をすればいいのかわからなかった。

アダルトビデオなどで見た知識を総動員して、プレイを進める。

軽く、指をシコシコと素早く動かしてみた……。

すると、ヌメリガ一層強くなり、蜜が噴き出してくるのがわかる。

女性器の不思議な面を見たような気がした……。

「雅也さん、クリを弄って」

と、甘い声で香菜が告げる。

クリ……。

つまり、それは陰核のことであろう。

陰核が女性の一番敏感な部分であることは、雅也も一応知っているつもりである。

しかしながら、どこが陰核なのかわからなかった。

「クリトリスって、あの、どこにあるんですか? 俺、よくわからなくて」

「ここです」

そう言うと、香菜は自分の指先で陰核を弄った。

小陰唇の上方部分に、包皮に包まれた場所がある。

どうやら、そこが陰核のようであった。

雅也は指先の腹を使って、その包皮を押してみる。

すると、ピュッと豆のようなものが飛び出してきた。

米粒大の、小さな白い肉芽である。

(これがクリトリスか……)

初めて見る陰核は、意外と小さくて、可愛らしい印象がある。

試しに、指で軽く突いてみる。

途端、香菜のカラダがビクンと跳ねた。

「んぁ、あぁん。そこは敏感だから優しくしてぇ」

「す、すみません、慣れてなくて」

慌てて指を引っ込める雅也。

次に触れる時は、優しい感じで摩ってみた……。

ヒクヒクと陰核は震えており、感じている様子がわかる。

陰核を弄っていくと、今度は別の欲求が浮かび上がってきた。

それは、女性器を舐めたいというものであった。

一体、どんな味がするのだろうか?

考えるだけで、わくわくしてしまう。

雅也は、スッと顔を陰部に近づけていった……。

たちまち、ツンとする淡い香りが漂ってくるのがわかる。

チーズというか、発酵したヨーグルトのような香りが鼻を突いたのである。

女の香り。

そんな風な気がする。

たっぷりと女臭を嗅いでいくと、雅也はクラクラしてきた。

舌先をペロッと出して、軽く膣口を舐めてみる……。

そこはやはり熱かった。

同時に、少しだけ塩気のある味わいを感じたのである。

「はぁん、そんなとこ舐めちゃダメですぅ……」

香菜はそう言ったが、本気で嫌がっているようには聞こえない。

むしろ、もっとやってほしそうな表情を浮かべているのだ。

ペロペロと犬ような舌づかいで、膣口を舐め回していく。

たっぷりと噴き出した蜜が、舌の上で踊る……。

素晴らしい味わいである。

同時に、もっと味わいたい。

雅也は、ヴァギナにむしゃぶりつくと、一心不乱に舐め続けた。

これには、香菜も堪らなくなる……。

恥ずかしさもあるのだが、やはり、快感の方が上回る。

雅也のクンニリングスは、決して技術的に長けているわけではない。

だが、本能に従っているというか、野性的なのである。

その野性味あふれる舐め方が、妙に興奮を誘ってくれる。

香菜はブルブルと体を震わせながら、感じ始めるのであった。

「雅也さん、気持ちいいです。ぁぁん」

「クリも同時に舐めてあげますよ」

少しずつ、女体にも慣れてきた雅也は、舌先を使ってクリトリスを転がした。

陰核は、執拗な刺激により、ぷっくらと膨らみ、さらに充血を始めていた。

白かった雌芯は、ほんのりと赤みを帯び、桜色に変化している。

ここまで舐められると、香菜もアクメを迎え始めた。

強い絶頂感を覚えたのである。

「雅也さん。私、そのイッちゃいそうです……」

香菜は、ビクビクとカラダを震わせながらそう言った。

女性がイク瞬間を見たことがない雅也は、何としてもイカせたくなった。

「イッてもいいですよ」

雅也は強く言った。

そして、陰核を舐りながら、さらに淫裂を指で掻き回し、刺激を加えていく。

こうなると、香菜も堪らなくなる。

鋭い快感が襲ってきて、耐えるのがしんどくなるのだ。

そしてとうとう……。

「あぁん、ダメ! イク! イッちゃう!!」

香菜は高らかに叫んだ!

そして、カラダを弓なりに反らせると、そのままイッてしまったのである。

陰部からトプっと蜜が噴き出してくる。

トロトロになった分泌液が、太ももを伝った流れ出し、キラキラと輝いて見えた。

昇天を迎え、トロンとした目つきになった香菜は、がっくりと項垂れた。

かなり消耗している。

しかし、心地のいい疲れである。

一方、雅也は嬉しさでいっぱいになっていた。

女性をイカせるのは、結構難しいという話を聞いたことがあったからである。

にもかかわらず、初陣でイカせることができた。

これは大きな自信にもなったし、悦びに繋がったのである。

「香菜さん、イッたんですね?」

そう言う雅也の指先は淫蜜で濡れていた……。

それが、電球の明かりに照らされて、煌びやかに光ってみえる。

「はい、すごく気持ちよかったです。雅也さん、お上手なんですね」

「そんな、俺なんてただの童貞ですよ」

「そんなことないです。ものすごく愛を感じました。だから、嬉しかったんです」

愛情を持って接したのは事実である。

雅也は、香菜に会ったばかりなのであるが、彼女に対して、不思議な感覚を得ていた。

迸る愛情を感じるのである。

香菜はゆっくりとカラダを起こすと、ヒシっと雅也に抱き着いた。

そして、

「雅也さん、今日はこのまま続きをしてください」

「いいんですか?」

「はい。雅也さんは運命の人ですから」

ここまで言われて、もう引き下がれない……。

勇気を振り絞って、第一歩を進める必要があるだろう。

香菜は、そっと顔を近づけ、雅也の唇を奪った。

前回に引き続き、二度目のキスである。

それは、こってりとしており、少しだけ大人の味がした。

キスにも慣れ始め、雅也は思わず香菜を強く抱きしめた。

それだけ、愛おしく感じてしまったのである。

今日は男を見せなければ……。

雅也は、覚悟を決めると、ゆっくりと香菜を押し倒していった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました