連載官能小説『隣人は占い師』第9回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』第9回

女性が主導の体位というと、やはり騎乗位である。

香菜はまず、雅也を仰向けで寝かせた。

そして、自分は雅也に跨るような姿勢を取り、そのままゆっくりと腰を落としていく……。

挿れやすいように、ペニスを手で支えながら、挿入を試みる。

ペニスが膣口に当たったと思った瞬間、ずぶりと胎内に吸い込まれていった。

メリメリと、膣壁をペニスが擦過していく……。

やはり、騎乗位だけあって、挿入が深くなった。

香菜は腰を深く落とすと、少しだけ静止し、その後、素早くカラダを持ち上げた。

こうすると、刺激がより一層強くなり、雅也は心地よくなるのであった。

もちろん、香菜自身も強い快感を覚えていた。

とにかく気持ちいいのである。

香菜自身、セックスは初めてではない。

それなり経験を積んできたつもりである……。

ただ、騎乗位の経験がそこまであるかというと、そうでもないのだ。

しかし、頑張る雅也の行為を見て、自分も勇気を出してやってみようと思えたのである……。

「ん、ぁん、はぁ、ンッ」

腰をリズミカルに動かしながら、香菜が甘い声で啼く。

そんな声を聞いていると、雅也も興奮してしまうのであった。

雅也にとっては、初めての体位でもある……。

それ故に、感動もひとしおであった。

ペニス全体が、奥深くまで挿入され、膣壁を擦過する面積が広くなる。

また、亀頭が膣ヒダにくちゅッと包み込まれて、とにかく気持ちよくなるのであった……。

「雅也さんも下からおちん×んを突き上げてください」

と、香菜が言った。

確かにその通りであろう。

マグロ状態ではダメなのだ。

雅也は、香菜が腰を落とした瞬間を見計らい、下から一気にペニスを突き上げていった……。

まさに、二人で作りあげるセックスである……。

香菜は、やや姿勢を前傾にさせて、雅也の首の後ろの手を回し、腰を激しく上下させた……。

膝を屈伸させていくので、疲労感が強いが、それでも彼女は懸命に腰を動かしていくのだ……。

「あぁん、雅也さん、すごく気持ちいいです。おち×ぽが奥まで当たるのぉ」

「俺も気持ちいい……、こんな経験初めてですよ」

膣内の最奥にペニスが当たっているような気がした。

Gスポットをペニスがコンコンと刺激していくと、香菜も心地よくなっていく。

まるで、赤ちゃんの部屋の入り口をノックされているかのようであった。

「ハァハァ……、深い……。んんぁ、気持ちいのぉ……」

香菜は痛烈に叫んだ。

それだけ、圧倒的な悦楽がやって来ているのである。

下になっている雅也は、スッと手を伸ばした……。

そして、乳房を揉み始めたのである。

この行為に、香菜は驚いたが、挿入と一笑に乳房を弄られることに快感を覚え始めた……。

とにかく、香菜のおっぱいは素敵である……。

適度な大きさでありながら、しっかりと弾力があり、おまけに柔らかい。

そして、白く透き通るような肌は、透明度が高く、それいてしっとりとしている。

つまり、スベスベなのである。

それはまるで、赤子の肌を触っているような感覚であった。

「乳首も弄ってあげますよ」

と、雅也は言った。

彼自身も少しずつセックスに慣れてきたのである。

プレイに余裕が生まれ、色んな事が同時にできるようになった。

彼は、両手を使って、両方の乳首を摘まみ上げると、コリコリと刺激し始めたのである……。

プクっと立ち上がった乳首は、ゴムのような弾力があり、摘まむと秘唇がキュッと締まりを見せたような気がした。

つまり、乳首と膣が連動しているようなのだ。

「香菜さん、おま×こがキュって締まってすごく気持ちいいです」

「はぁん、だって、雅也さんの手つきがエッチだからなのぉ、そんな風にされたら、自然とあそこが締まってしまいますぅ」

と、香菜は淫声をあげた。

雅也は腰を突き上げながら、同時に、乳首を責め続け、香菜を心地よくしていくのであった。

もちろん、香菜も負けていない。

しっかりと腰を深く落として、膝をフルに使って屈伸運動を続けているのである。

少しずつ、香菜の足腰にも疲労感が蓄積されてきた。

最初は、リズミカルに腰を動かしていたのだが、段々それがゆっくりになっていく。

そこで香菜は膝で屈伸運動をするのをやめ、ぺたんと足をついた。

つまり、腰の動きだけで快感を生み出していこうと考えたのである。

膝をベッドの上につけると、その分重心が低くなり、挿入が深くなったような気がする……。

もちろん、香菜の変化を雅也は感じ取っていた。

「香菜さん、大丈夫ですか?」

「ちょっと疲れちゃって。あんまり慣れていない体位でしたから」

テヘっと笑みを零す香菜。

その表情は、どこまでも愛らしく感じられた。

「あの、今度は俺にやらせてもらえませんか?」

と、雅也が言った。

騎乗位もいいが、もっとしてみたい体位もあるのだ。

「いいですよ、どうすればいいですか?」

「後ろから挿れたいんです。お願いします……」

二人は一旦結合を解いた。

ペニスにはたっぷりと蜜が付着し、キラキラと輝いているではないか。

雅也は、香菜に四つん這いになってもらった。

四つん這いになると、膣口だけではなく、アヌスまで丸見えになってしまう。

これは、かなり恥ずかしい体勢であると感じた。

「何だか、恥ずかしいです」

「色んな場所がよく見えますね」

「あ、あんまり見ないで……、はぁん」

恥ずかしがる香菜の表情は、どこかうっとりとしており、色気が感じられる。

雅也はそんな表情を垣間見ながら、臀部に手を当てた。

香菜のヒップは、適度に肉感がありながら、しっかり筋肉があるので、キュッと張り出しているのだ。

プリプリと張り出したヒップに触れると、それだけで心地よくなってしまう。

後背位からの挿入は、もちろん初めての行為である。

それ故に、雅也は少し緊張していた。

後背位は、少し挿れにくいため、経験が浅い人間には少し難しい体位なのである。

だが、雅也はゆっくりと自分のペニスを持つと、膣口に押し当てていった。

そして、そのまま一気に貫いていく。

めりゅ、めちゅと、ペニスが膣内に吸い込まれていく。

やはり、快感は素晴らしいものがある。

騎乗位も十分気持ちよかったが、自分本位に動ける後背位もかなり魅力的なのだ。

「最初はゆっくり動きますからね」

と、雅也は言った。

これは自分を戒めるためでもある。

調子にのって突き続けると、すぐに果ててしまうだろうし、何よりもペニスが抜けやすくなってしまうだろう。

だからこそ、慣れるまではじっくりと責めていこうと考えたのである。

雅也は、香菜の臀部に手を置き、ゆっくりと腰をグラインドさせていく。

メリメリと、膣壁をペニスが切り開いていき、奥の方まで届くのであった。

騎乗位ほど、挿入は深くならないが、それでも十分に奥の方までペニスが当たる。

膣ヒダが、ペニスに絡みついてきて、それが堪らない快感を発生させるのであった。

(うぉぉ、これがバックか、やっぱり気持ちいい……)

と、感嘆しながら、腰を動かす雅也。

この体位はなかなかクセになりそうである……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました