連載官能小説『隣人は占い師』第12回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』第12回

濃密なフェラチオを終えても、まだまだペニスは元気であった。

このまますぐにでも挿入できそうな勢いである。

「まだ、おちん×ん元気ですね。このまま続きをしましょうか」

「いいんですか?」

「はい、私も気持ちよくなりたいですし」

温泉でセックスができるなんて、まさに夢のようである。

雅也はペニスを手で扱くと、分身の力を一気に高めて、立ちあがった。

「香菜さん、立ちバックでしてみましょう」

と、雅也は提案する。

アダルトビデオなどでは、定番の体位である。

同時に、一度はしてみたいと考えていたのだ。

「わかりました。後ろからですね」

と、香菜は告げると、くるっと踵を返し、後ろを向いた。

そして、そのままツンとお尻を高く上げる……。

爛熟のカラダである。

特にヒップはプリッと張り出していて、さながらゆで卵のようにツルツルとしている……。

まさに、迫力のあるボディであった。

雅也は、香菜の臀部に手を置くと、ゆっくりと挿入を試みる。

立ちバックは、かなり挿れにくい体位であるので、あくまでも慎重に事を進める。

ようやくペニスが膣内に入ると、ねっとりとした膣壁の感触が広がっていき、とても心地よくなるのであった。

「んんぁ、あぁん、おちん×んが入ってきたのぉ……」

と、香菜は嬌声をあげる。

まだ挿れたばかりであるのに、既に感じているようである。

それを受け、嬉しくなった雅也は、リズミカルに腰を振り始めた。

立ちバックは、気を抜くとペニスが抜けやすい体位でもある。

腰を動かしていくと、何となくではあるが、それがわかった。

だからこそ、細心の注意を払って抽送を続ける。

ずりゅ、めりゅと、ペニスが膣壁を擦過していくと、途轍もない快感が襲って来るのであった。

ペニスが抜けないように注意しながら、雅也は腰を大きくグラインドさせていった。

温泉の中でしているから、自然と熱が高まっていく。

汗のしずくが浮かび上がり、それが湯船の中に流れ込んでいく。

ふと、空を見上げると、薄雲の中に月が煌めいているのがわかった。

月明かりが、温泉を照らし出し、妖艶なムードが広がっていく。

「ぁん、雅也さん、もっとぉ、もっと激しいのが欲しいのぉ」

堪らなくなった香菜は、そんな風に甘い声で囁いた。

それを受けて、雅也も突きの一撃を繰り出していく。

ズンズンと勢いよく突いていくと、子宮に届いているのではないか錯覚するのであった……。

どうやら、香菜は奥を突かれるのが好きらしい……。

まだまだ短い付き合いではあるが、数回セックスしてみて、その傾向がわかったのである。

それ故に、雅也はなるべく奥に届くように、腰を振っていく。

パンパンパンと肉同士がぶつかり合う音がこだまする。

何だか、本気のセックスをしているような気がしてくるのだ。

同時に、激しい征服感が湧きたってくる……。

立ちバックは、どうしても男性優位になりがちである。

そして、女性を屈服させているという感じが強い体位でもあるのだ。

雅也は、征服感を覚えながら、必死になって抽送を続けていった。

貪欲に腰を振り続けると、とにかく気持ちいのである。

セックスが気持ちいいのは、以前の体験で知っていたが、今回はまた、格別の心地よさがあるのであった。

やはり、裸になって温泉でセックスするのは、違った趣がある。

大胆になれるし、非日常的な面があって、興奮してしまうのだ。

「うぉ、香菜さん、すごく気持ちいい……、ち×ぽが蕩けそうだ」

「んんー。ぁん、私も、私も気持ちいいのぉ……、おち×ぽでズボズボされるの最高なのぉ……」

香菜はあられもない声をあげて感じまくっている。

その声を聞いていると、雅也の興奮のスイッチが刺激され、情欲が高まっていくのであった。

立ちバックにも、少しずつ慣れてきた。

雅也は、香菜の臀部に手を置くと、腰を懸命に振っていく。

剛直が、膣内の奥の方まで入っていき、子宮の入り口をノックしていくのであった。

ここで、雅也は姿勢をやや前傾にさせていく。

つまり、香菜に覆い被さるような体勢をとったのである。

そして、彼女の乳房を揉み始めた。

突きの一撃を繰り出すのと同時に、たわわに実ったバストを揉みしだいていく。

こうすると、より一層興奮できるような気がした。

香菜自身、乳房を揉まれて、ゾクゾクとしていった。

突かれながらおっぱいを愛撫されると、不思議な気持ちになる。

香菜は恍惚とした表情を浮かべ、淫声を轟かせた。

「んぁ。はぁん、おっぱい揉まれるの気持ちいいです」

「香菜さんのおっぱい、すごく柔らかいです……。最高ですよ」

嬉々としながら、雅也は乳房を揉んでいく……。

強引に乳房を揉んでいくと、何だか犯している感じが強くなり、肉欲が刺激されるのであった。

もっと、このセックスを堪能したい。

思うのはそればかりであった。

やがて、雅也は香菜の乳首を弄り始める……。

ぷっくりと立ち上がった乳首を弄っていくと、香菜も堪らなくなっていく。

花の蕾のようになった胸の突起は、適度な弾力があり、しなやかな柔らかさもあるのだ……。

たっぷりと乳房への愛撫をした雅也は、次なる行動に出る。

少し大胆な体位を試したくなったのである……。

彼は、香菜の片足を持ち上げ、やや斜め下から突き上げるように抽送を開始した。

こうなると、牡犬が放尿するようなポーズになり、香菜は恥ずかしくなっていく。

「あぁん、こんな体勢……、恥ずかしいです……」

「でも感じるんじゃないですか? おま×こが締まりましたよ」

それは事実であった。

恥ずかしい体勢になっているのに、どこか興奮してしまうのである。

突き上げるようにピストン運動を続けるので、より一層奥まで入るような気がする。

じゅちゅっと、淫音が鳴り響き、子宮の入り口をペニスが刺激していく。

これは堪らない快感である。

香菜は徐々に、立っているのがしんどくなっていった。

膝がガクガクと震え始め、カラダが揺ら揺らとしていく。

「香菜さん大丈夫ですか?」

「結構激しいから、立っているのがしんどいです」

「そうしたら、今度は別の体位を試してみましょう」

そう言い、雅也は一旦結合を解いた。

そして、温泉に浸かると、向かい合わせに座り合った。

今度は、向かい合わせになって、密着騎乗位という体位をしてみようと考えたのである……。

密着騎乗位は、文字通り、二人が密着する体位である。

イチャイチャできるので、たっぷりセックスを堪能できるだろう。

雅也は、ゆっくりとペニスを挿入していくと、少しずつ動かし始めた。

もちろん、香菜も静かに腰を落とし、刺激を生み出していく。

「んんぁ、気持ちいい……、雅也さん、気持ちいいです」

「俺もです。この体位、ラブラブな感じがしますね」

そう言い、雅也はギュッと香菜を抱きしめた。

抱き合いながらピストンできるのも、密着騎乗位の特徴であろう。

二人はお互いとカラダをヒシっと抱きしめ合いながら、セックスを堪能していく。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました