連載官能小説『隣人は占い師』第13回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』第13回

こってりと濃密なプレイが展開されていくのであった。

堪らなくなった雅也は、顔を近づけ、そのまま香菜の唇を奪った。

下の口だけでなく、上の口まで封じられると、香菜の興奮もマックスになっていく。

(あぁん、キスされてる……。雅也さんとキス……、あぁ)

香菜は蕩けるような瞳で、キスをしていくのであった。

キスにも少しずつ慣れてきた。

そこで、雅也は自分の舌を香菜の口腔内にねじ込んでいく。

つまり、ベロチューというやつである。

お互いの唾液を啜り合う、ディープなキスが展開されていく。

香菜の唾液は、仄かに甘く、ねっとりとしたハチミツのようでもあった。

まさに甘露と呼べる味わいであろう。

そんな香菜の唾液を啜り合いながら、舌同士を絡め合っていく。

もちろん、下からペニスを突き上げ、ピストン運動は忘れない。

キスをしながら突きまくると、より一層エキサイトしていくのであった。

結合が深くなり、二人共アクメを迎え始めた。

鋭い快感がカラダ中を貫いていくのである……。

とにかく気持ちいい。

同時に、このまま果ててしまいという、飽くなき欲求が浮かんでくる。

「あぁ、香菜さん、俺、またイキたくなってきました」

「私も、私もイキたいのぉ」

「一緒にイキましょう。中に出してもいいんですか?」

「中に、中に出してぇ、そっちの方が感じられるかぁ」

ヒシっと抱き合いながら、二人は腰を動かしていく。

膣壁をペニスが擦り上げていき、いよいよ絶頂を迎え始める。

既に一度射精をしているというのに、再び強い射精感が襲って来るのであった。

この時、香菜も恐ろしいアクメを覚え始めていた。

カラダ中が性感帯になってみたいに、敏感に反応していくのだ。

そしてとうとう、雅也も限界を迎え始める……。

圧倒的なオルガスムスである。

じっとり、長く続くような悦楽が、全身を貫いていくのであった。

途端――。

――ビュルビュルドビュ、ドッピュピュピョ。

白濁色の子種が、勢いよく膣内に放出されていく。

トプトプと、膣内は一気に精液で満たされていく。

二度目の射精とは思えないほどの量である……。

雅也は恍惚とした気分になりながら、吐精の悦びを感じていく。

「うぉぉ、精子がどんどん出てくる。止まりません」

そう。

精液は止めどない。

永続的に射精が続くような感覚が広がっていく。

「あぁん、出てるのぉ、お腹が熱い。中出しされてるの、ホントに気持ちいいのぉ……」

中出しされて、女としての悦びを覚える香菜。

彼女もまた、骨抜きにされたかのように、カラダを痺れさせた。

こうして、二人の濃密な露天風呂セックスは終わりを迎えたのである。

 

 

客室――。

二人は、部屋で食事を摂ると、まったりとした時間を過ごしていた。

まだまだ夜は長い。

温泉に入ったが、もう一度入ってもいいかもしれない。

しかし、香菜との時間を大切にしたい。

夜九時を迎え、宿の仲居が布団を敷きに来た。

ちゃんと、二組の布団を左右に並べて設置してくれたのである。

軽くお酒を飲んでいた雅也は、少し眠くなっていた。

ただ、眠るわけにはいかない。

これからが本番なのだから。

ふと、香菜の方に視線を注ぐ。

香菜も酒が進んでおり、頬をほんのりと桜色に染めていた。

その表情がとても色っぽい。

こんなにいい女は他にはいない。

そんな風に思えたのである。

「あの、雅也さん、お願いがあります」

と、唐突に香菜が告げた。

一体お願いとは何だろう。

聞けば、かなり意外なお願いだったのだ……。

それは、緊縛プレイをしてみたいというものであった。

つまり、香菜を縛り上げるのである。

とはいっても、童貞を卒業したばかりの雅也にとって、それはかなりハードルが高い……。

しかし、香菜はそこまで本格的な緊縛プレイではなく、ソフトにしてみたいとのことであった。

そこで、雅也は宿に用意された浴衣の帯を使って、軽く手首を拘束してみた。

あまりきつく締めすぎると痛いかもしれない。

あくまでもソフトに締め上げていく。

手首を拘束されると、香菜は抵抗ができなくなる。

美女が縛られている姿は、本当に絵になるのであった。

「縛ったらどうして欲しいですか?」

と、雅也は尋ねる。

とはいうものの、することは決まっている……。

ただ、あえて香菜の口から聞きたかったのである。

「そ、その、悪戯してほしいです」

「いいよ、あまり慣れてないけど、してあげるよ」

手首を縛った状態で、軽く浴衣をはだけさせる。

そうすると、下着が丸見えになった。

香菜の着用している下着は、黒レースのセクシーなタイプである。

総レースのショーツとブラのセットアップで、肌触りが抜群にいい。

肌に馴染んで、程よいフィット感があるのだ。

まるで、お嬢さまのような下着である。

こんなにセクシーな下着をつけてくれて、雅也は嬉しくなった。

何というか脱がすのがもったいない。

というよりも、手を縛っているので、ショーツは脱がせるものの、ブラは外すのが難しい。

「可愛い下着ですね?」

「えっと、買ったんです。今日のために……。似合ってますか?」

「うん。すごく似合っている。ホントにエッチだ」

そう言い、雅也はブラを外してみた。

すると、プルンとした乳房が、露になる……。

何度見ても、美しいバストである。

乳首は仄かにピンク色をしており、ツンと上を向いている。

乳房の形も申し分ない。

手ごろな大きさであり、過度の大きすぎないから、触り心地がいいのである。

スッと手を伸ばし、乳房に触れる。

縛られているからなのか、ビクビクッと香菜のカラダが震えた。

感度がいつも以上によくなっていると感じられる。

乳房に軽く触れ、スリスリと摩るようにマッサージしていく。

やはり柔らかい。

しっとりと、スベスベの肌。

それでいて、指に吸いつくような質感である。

雅也もどんどん変な気分になってきた。

なんというか、激しく興奮してしまうのである。

緊縛プレイが、こんなにも情欲を誘ってくれると思ってもみなかった。

次いで、雅也は香菜の乳首を指で摘まみ上げた。

そして、コリコリと刺激していったのである。

これには、香菜も堪らなくなる。

淡い快感がやって来て、彼女はカラダを捩らせて感じ始めた。

手を縛られていると、自由が利かない。

しかし、その不自由な感覚が、逆にいいと感じてしまうのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました