連載官能小説『隣人は占い師』第15回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』第15回

「香菜さん、お尻どんな感じですか?」

「ふぁ、あぁん、何か変な感じです……。んんー」

と、身悶える香菜。

彼女は口には出さなかったが、感じ始めていた。

お尻で感じてしまうなんて。

何だか、自分が変態になったような気がする。

続けて、雅也は小指を軽く尻穴に挿れてみた。

酷く窮屈である。

指が食いちぎられるような感覚が広がっていくのだ。

(うぉ、かなり狭いな……)

と、雅也は思いを巡らす。

初めてのアナル責めは、彼をエキサイトさせていく。

「んんぁ、そんなところに指を入れないでぇ……」

「お尻も感じてるんですね。もっと気持ちよくなっていいですよ」

雅也は嬉々として愛撫を続けていく。

指を挿入していると、今度は舐めてみたくなるのが男の本心かもしれない。

スッと、顔を近づけ、菊筋に舌を沿わせる……。

まったく異臭はしない。

むしろ、馨しい性臭が漂ってくるのであった。

舌先でレロレロと尻穴を刺激していくと、香菜のカラダがブルブルと震えた。

どうやら、恐ろしく感じているようである……。

「きゃ、そんな場所舐めちゃらめぇぇ」

あまりの快感により、香菜の呂律が回らなくなっていく。

尻穴を舐められると、強い快感を覚えたのである。

こんな感じになるのは初めてであった。

アヌスをペロペロと舐めつつ、さらに指では陰唇を刺激していく。

つまり、二穴を攻略していったのである……。

こうなると、香菜も我慢の限界を迎え始めた。

やがて、断続的なアクメが襲ってきて……、心地いい快感が全身を貫いていく。

「あぁん、雅也さん、私、イッてしまいます……、んんぁ」

と、嬌声をあげて感じ続ける香菜。

その声を胸に、雅也は最後の仕上げにかかった。

尻穴を舐めつつ、指先でクリトリスを刺激したのである。

いよいよ、香菜は耐え切れなくなり、カラダを弓なりにさせて、昇天してしまったのだ……。

目隠しされている分、感度が高まっているかのかもしれない。

峻烈な快感が襲ってきたのである。

「香菜さん、イッたんですね?」

「はい、すごく気持ちよくて」

愛しの女性をイカせることができて、雅也も歓喜の念に打ちひしがれた。

同時に、既に彼のペニスは激しくいきり立っていた。

早く、この剛直を女壺に挿れたい。

そんな欲望に包まれていく。

「香菜さん、挿れてもいいですよね?」

「んぁ、挿れてほしいの、もっと気持ちよくしてぇ」

あられもない声をあげ、挿入を懇願する姿は、とても淫らに見えた。

手を拘束し、目隠しした状態で、雅也は香菜の足をゆっくりと広げていった。

女壺は、蕩けるチーズのようにトロトロになっていた。

このまま挿入しても、何ら問題はないであろう。

ヌラヌラと光る陰唇にペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

――ずぶずぶずぶ。

ペニスが、膣内に埋没していく。

膣ヒダのねっとりとした感触が、ペニス全体を覆い尽くしていくのであった。

やはり、セックスは気持ちいい。

果てしない快感を覚えながら、雅也は少しずつ腰を動かし始めた。

最初はゆっくりと、膣内の感触を味わうように、抽送を続けていく。

慣れてきたら、徐々にペースアップしていけばいい。

と、そんな風に彼は考えていた。

「ンンッ、あぁん、ハァハァ」

イッたばかりの敏感な陰部を突かれて、香菜はゾクゾクとしていた。

このままもっと気持ちよくなりたい。

果てしない欲望が、彼女を支配していくのであった。

体位はベーシックな正常位であるが、目隠しをしている分、感度が高まっており、通常のセックスではないような、悦楽が降り注いでくる。

特に手首を拘束されているから、抵抗もできない。

その独特な拘束感が、彼女の興奮を高めていくのであった。

少しずつ、雅也はピストンのスピードを速めていく。

グチョヌレのトロトロになった陰部は、ペニスを優しく包み込み、途轍もなく気持ちいいのである。

「うぉぉぉ。香菜さん、すごく気持ちいいです」

と、感嘆の声を漏らす雅也。

鋭い快感が、雅也を覆い尽くしていくのであった。

少しずつペースを上げていくと、途端に激しい射精感を覚え始めたのである。

まだ始めたばかりだというのに、この悦楽だ。

それでも、雅也はペースを落とさなかった……。

あくまでも、このままのペースを維持したい。

グッと下半身に力を入れると、幾分か余力が生まれてくる。

まだできる……。

そんな風にして自信を取り戻していく。

まだまだ、セックス初心者である雅也は、常に試行錯誤であった。

今回は、少し冒険してみたい。

そこで、香菜の足を大きく持ち上げ、姿勢を前傾にさせて、上から下に突き刺すような体勢でピストン運動を開始したのである。

正常位は、そこまで挿入が深くならないが、こうやって姿勢を前傾にさせると、膣の最奥に届くような気がしたのである。

ズコバコと、勢いよく腰を動かしていくと、心地いい刺激が襲ってくる。

目隠しをしている香菜に対し、雅也は口づけをかわした。

貪るように唇を奪うと、そのままディープなキスを展開していったのである。

チュチュッと淫音をあげながら、唇を吸いあげていく。

こってりとした、香菜の唾液は、ほんのりと甘く、まるで甘露のような味わいがあった……。

そんな濃密な唾液を堪能していくと、雅也も満足感に包まれていく。

同時に、もっと味わいたいという欲望が噴き出していくのだ。

彼は、香菜の唾液を啜りながら、さらに自分の舌を口腔にねじ込んでいった。

目隠しをされている分、感度が増している香菜は、濃密なキスをされて夢見心地になっていく。

何というか、頭の中がフワフワとした膜のようなものに包まれていくのである。

それはまさに、至上の時間であった。

「んじゅる、じゅるん、あぁん、雅也さん……」

甘い嗚咽を漏らす香菜。

その口元からは、ツツーッと、涎が一筋垂れていった。

「香菜さん、おま×こがキュッと締まってますよ。気持ちいいですか?」

と、雅也は問うた。

すると、香菜は、

「んんぁ、あぁん、気持ちいい……、おま×こ気持ちいいのぉ」

と、嬌声をあげる。

艶を帯びた声を聞いていると、雅也のイチモツも一層猛々しくなっていくのであった……。

さらに、雅也はギアを一段階あげた。

もはや、イクとかイカないとか、そんなことはどうでもよかった。

とにかく貪欲に肉欲を求める、性奴隷のようになっていたのである。

(うぉぉ、すごく気持ちいい……、あぁ、堪らないよ)

と、雅也は感じていた。

そして、一層腰を強めに動かし、ズボズボと膣壁を擦過していくのであった。

こうすると、恐ろしいほどの悦楽がやってくる。

ペニス全体が熱く反応していき、心地よくなっていくのである。

上から下に突き出すように抽送しているので、ペニスが膣ヒダに包まれて、至高の快感が発生するのだ。

独特の膣ヒダは、ねっとりとペニスに絡みついていくのであった。

「ハァ、香菜さん、ホントに気持ちいい……、最高ですよ」

「私も、目隠しされて、手を縛られているのに、感じてしまいます……、もっと、もっと突いて欲しいのぉ」

と、哀願する香菜。

愛らしいことを言ってくれる。

雅也はますます嬉しくなっていくのであった……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました