連載官能小説『隣人は占い師』最終回

連載官能小説

連載官能小説『隣人は占い師』最終回

ここまで、ずっと正常位を続けている。

射精感は発生しているが、まだまだ、余力はあった。

雅也自身、頗る調子がいいのである。

同時に、少しずつセックスにも慣れてきたようだ。

だからこそ、プレイに幅ができて、余力が生まれつつある。

そこで雅也は、別の体位を試してみようと思った。

一通りの体位はしてきたが、やはり後背位から犯したい。

縛り上げた美女を後ろから突く快感は、きっと素晴らしいものであろう。

「あぁ、香菜さん。後ろから、後ろから挿れさせてください」

と、雅也は強く懇願した。

それを受けて、香菜も了承した。

雅也は一旦、ペニスを引き抜くと、香菜を四つん這いにさせていく。

そして、お尻とツンと高く上げてもらった……。

こうすると、陰部がくぱぁと、押し開かれて、内部の様子がよく見える。

淫裂は、たっぷりと蜜で満たされており、溶けるほどねっとりとしていた。

「それじゃ、挿れますよ?」

「はい。早くおち×ぽでおま×こにフタをしてほしいのぉ」

その言葉を受け、雅也はゆっくりとペニスを挿入していった。

メリメリっと、ペニスが奥深くまで入っていく。

膣壁を擦り上げていく快感は、やはり素晴らしいものがあった。

ペニスはあっという間に胎内に吸い込まれていく。

膣内は、とても温かく、それでいてヌメヌメと滑っている。

そのため、ペニスがスムーズに動くのである。

雅也はなるべくゆっくりとペニスを動かし始めた。

同時に、奥が好きな香菜のために、ペニスを深く突いていく。

子宮の入り口にペニスが届くような気がした。

リズミカルに腰を振っていくと、やはり気持ちいい。

また、後背位からの挿入だけあって、征服感を強く覚えたのである。

手首を縛り、目隠しした香菜を後ろから犯している。

それが、雅也は熱く興奮させていくのであった。

もちろん、香菜も感じている。

無理矢理されているという背徳感が、彼女を襲い、恍惚とさせるのであった。

ゆっくりペースを徐々に速めていく雅也……。

腰の動きを俊敏にして、快感を貪っていくのだ。

動きを少し速くするだけど、鋭い悦楽がやってくる。

こんなにもセックスは気持ちいいものなのか?

改めてそう感じると、感慨深くなるのであった。

ここで雅也は少し趣向を変えてみたいと感じたのである。

そこで、香菜の尻を軽く打擲してみた。

パチン……。

と、乾いた音が室内にこだまする。

同時に、尻を叩いたことで、雅也は強くエキサイトしてしまった。

カラダの奥底が熱くなるような感じである……。

「あぁん、そんなお尻を叩かないでぇ」

と、香菜は告げる。

しかし、その声は決して嫌がっているようには聞こえない。

むしろ逆に、打擲を望んでいるような気配すらある。

そこで、雅也は腰を穿ちながら、尻叩きを継続して行っていく。

もちろん、ハードSMのように、鞭で叩くわけではないから、痛みはほとんどない。

ただ、白かったお尻には、僅かに手の痕が赤く残っていった。

それを見ると、雅也はますます興奮してしまうのである。

(うぉぉ、堪らない。俺、香菜さんを虐めているんだ)

と、彼の中に棲むS心が強く刺激されていく。

叩くほどに、ペニスが反応していき、より一層大きくなったような気がした。

継続して尻叩きをしていた雅也は、次なる行動に出る。

今度は、香菜の片足を持ち上げたのである……。

つまり、牡犬がおしっこをするような体勢にさせたのだ。

こうなると、陰部が丸見えになってしまう……。

ヌレヌレになった結合部がよく見えて、挿入されている感じがよくわかった。

結合部から、淫蜜が噴き出し、また、糸を引いている。

その光景は、かなり淫らであり、雅也はとても、奮起してしまった。

片足を上げているので、やや斜め下から、突き上げるような形での挿入になる。

ずりゅ、めりゅ、と、ペニスを動かしていくと、堪らない快感がやっていくのであった……。

もちろん、香菜もこの行為に感じまくっていた。

ただでさえ、手足を縛られて、抗相即されているのに、こんなに恥ずかしい体勢で突かれているのである。

興奮しないわけがなかった。

同時に、彼女の中にM性が、徐々に開花していくような気がしたのである。

「んんぁ、あぁん、雅也さん、激しい……、ンッん、あぁん」

「香菜さんは激しいのが好きでしょ? もっと突いてあげますからね」

と、雅也は強く叫んだ!

彼もまた、少しずつ限界を迎え始めていた……。

とにかく、気持ちいいのである。

女性を屈服させているという、征服感が強く、彼を満足感で包み込んでいくのであった……。

もちろん、香菜もアクメを覚えつつあった……。

こんな風にして、緊縛プレイを展開してみて、彼女は途方もない悦楽を感じていた。

これはきっと相手が雅也だから感じられるのだろう。

二人は、カラダの相性がいいのである。

だからこそ、ここまで愛し合える。

雅也は、最後の力を振り絞って、強く腰を動かし始めた。

一突きごとに腰が砕けそうになるくらい気持ちよくなる。

ペニスが熱く反応を示し、小刻みに痙攣を始めた。

つまり、イク前の兆候が現れたのである……。

これと同時に、香菜の蜜壺も激しく収縮を開始した。

ピタッとペニスに張り付き、キュウキュウと搾り取るように圧搾するのである。

この時の衝撃は、本当に計り知れないものがある。

エクスタシーが爆発するような、そんな感覚が広がっていくのだ。

「香菜さん、お、俺、そろそろイキそうです。精子を中に出してもいいですか?」

「ぁん、んんー。中に、中に出して……、思いっきり精子を出してほしいのぉ」

その言葉を聞き、雅也はとうとう果ててしまう。

鋭い快感に包まれて、いよいよ牡汁を炸裂させた。

――ビュルビュルドビュ、ドッピュ、ピョップ……。

白濁色のスペルマが、勢いよく膣内に注がれていく。

その量は、圧倒的である。

たちまち膣内を侵食すると、愛蜜と一緒くたになった精液が、ゴポっとあふれ出した。

止めどない射精の快感に、雅也は気分がよくなった。

この悦楽をいつまでも味わっていたい。

そんな風に思えたのである。

「うぉぉ、精子が止まらない……、ホントに気持ちいいです……」

「私も、中出しされると気持ちいいのぉ……、お腹が熱くなって満たされる感じです」

雅也は後ろから激しく香菜を抱き締めた。

愛情の溢れるセックスである。

雅也は抱擁を解くと、ゆっくりとペニスを引き抜いた。

すると、膣口からゴポリと精液があふれ出してくる。

トロリと蜜のようになったスペルマは、煌びやかに光って見えた。

「香菜さん、最高のセックスでした。ありがとうございます」

「私も気持ちよかったです。そ、その、これからもたくさんしてください」

「もちろんです」

二人は再び熱い抱擁を交わし、そのまま口づけをしたのであった。

 

 

雅也と香菜の二人は、正式にお付き合いをすることになった。

毎晩、夕食は共に取り、そのままセックスをする。

そんな日々が続いたのである。

やがて二人は、一緒に暮らすために新居を探し始めた。

二人共、仕事も上手くいき、これからも愛し合っていくだろう――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました