連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第9回

連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第9回

それを見ていた絢萌は、一旦誠二を落ち着かせた。

そして、自分の手でペニスを支えると、ゆっくりと秘部に導いていく。

「慌てないで、おま×こはここよ……」

「すみません、慣れてなくて」

「うふ。いいのよ、大丈夫だから」

ペニスが膣口に当たる。

蜜壺は、ヌメヌメと滑っていた。

まだ、愛撫も何もしていないのに、この濡れようである。

恐らく、誠二とこうなることを予期していたからこそ、こんな風に陰部がトロトロになっているのだろう。

「絢萌さん。挿れられそうです。いきますよ?」

「うん、来てぇ、思いっきりついて欲しいのぉ……」

と、甘い声で囁く絢萌。

その言葉を聞き、誠二はゆっくりとペニスを膣内に挿入していった。

膣内は、トロリと滑っており、スムーズにペニスを咥えこんでいく。

それでいて、体温に満たされているので、とても温かい。

温かい温泉の中に浸かっているかのような気分になる。

バックからの挿入は、誠二にとっては未知なる体験である。

常に手探り状態であるが、膣壁を擦過するときの衝撃は、やはり気持ちいいものがあるのであった。

(うぉぉ、すごく気持ちいい……、女の人のおま×こって、人によって違いがあるんだな……)

と、誠二は感じていた。

美香子とした時は、全体を淡く包まれているような感覚があった。

だが、絢萌の場合は少し違っている。

キュッと圧搾されるような刺激が襲って来るのであった。

締まりが強いと、言えるのかもしれない……。

絢萌は近くにあった大木に手を置き、カラダを支えた。

森閑とした森の中で、二人の男女が情交に勤しんでいる。

周りは静寂に包まれており、二人の呼吸音だけが、静かに響き渡っていった。

「あぁん、誠二君、気持ちいい……、すごくいいわよ」

「俺もです。おま×こがキュッと締まって気持ちいいです」

「あまりに気持ちよくて自然とおま×こが締まってしまうのよ……。はぁん」

一定のリズムで、誠二は突きの一撃を繰り出していく。

まだ挿入して間もないが、鋭い悦楽が遅くって来るのであった。

ペースを考えないと、忽ちイッてしまいそうになる。

その吐精感を何とか抑えながらが、誠二は、ピストン運動を続けていくのであった。

一心不乱に腰を振っているのだが、あまり単調な動きだと、すぐに飽きてしまうだろう……。

確か、美香子は、浅く突いたり深く突いたりを、繰り返すといいと言っていたはずである……。

その言葉を思い出し、誠二は、自分なりに工夫しながら、腰を穿ち始めた。

バックからの挿入は、正常位に比べると、幾分か挿入が深くなった。

膣の最奥を突きあげるというか、子宮の入り口に届くというか、そんな気がするのである。

また、絢萌の蜜壺は、ピッタリとペニスに吸いついて来て、締めつけられる感覚が強いのである。

それが強い快感となって、誠二を覆い尽くしていった。

「んぁ、あぁん、誠二君、気持ちいい……、子宮の入り口をノックされてる感じ」

「どうしたらもっと気持ちよくなれますか?」

「ちょっと乱暴に突いてみて。そっちの方が無理矢理されてる感じがして興奮するの」

と、絢萌は言った。

少し乱暴に……。

その言葉は、誠二の精神を昂らせる。

何だか、本当に女性を犯しているという、背徳感が浮かび上がってくるのであった。

女性を征服させているというか、屈服させているような感じである。

特に、絢萌は気が強そうなところがあるので、そんな女性を虐げているという感覚が、誠二を興奮させていくのであった。

絢萌の臀部に手を置いて、やや乱暴な形で突きの一撃を繰り出す。

ぐいぐいと、無理矢理膣壁を切り開いていくような感覚である。

これには、絢萌も強い興奮を覚えていた……。

彼女は結婚しているが、夫とは最近セックスをしていないのである。

この辺の性事情は、美香子と似ている面があるだろう。

二人は似ているからこそ、仲良くなれたのかもしれない。

そんな中、現れた誠二のような青年を前に、絢萌は淫らな心を掻き乱されていく。

性欲旺盛な誠二と情交を重ねるのは、とても気持ちいい……。

もちろん、これは浮気である。

つまり、夫を裏切っているのだ。

だが、その背徳的な感情が、彼女の性的な中枢に火を点け、燃え立たせるのであった……。

やがて、誠二は臀部をスリスリと摩り始めた。

肉感のあるヒップは、女性らしいラインが形成されており、とても魅力的だ。

月明かりに照らされたヒップは、神々しく輝きを放ち、プリッと張り出している。

こんな豊満なヒップを自由に弄べるということで、誠二はエクスタシーを覚えていった……。

「ねぇ、誠二君、おっぱいも弄って……、お願い、そうされるともっと感じるの」

と、絢萌は哀願してくる。

その言葉を受け、誠二はやや姿勢を前傾にさせていく。

絢萌に覆い被さるような体勢をとると、スウェットパーカーの上から乳房を摩り始めた……。

ブラを付けているから、固さが手のひらに伝わる。

これを外してダイレクトに触りたい。

そう考えた誠二は、絢萌の着ているパーカーを脱がし始めた。

半裸状態になった絢萌は、乱れに乱れた……。

こんなところを誰かに見られたら一大事である。

もしかしたら通報されるかもしれない……。

しかし、その危機感が、彼女を燃え上がらせた……。

性的に強く興奮してしまうのである。

パーカーを脱がせ、さらにブラジャーを外した。

すると、たわわに実ったバストが露になる……。

絢萌のバストは、かなり巨大であった。

巨乳と呼べるくらいの大きさであろう。

魅力的な女性らしさを形成しているのであった。

後ろから羽交い絞めにするように、誠二は乳房を揉み始めた。

美香子のバストも見ていたが、絢萌の方が大きい……。

決して巨乳好きというわけではないが、子の大きさには、驚くばかりである。

たっぷりとした乳房は、適度な弾力がありながら、マシュマロのように柔らかかった……。

こってりとしたクリームを揉んでいるかのような気分になるのであった……。

「はぁん、おっぱい揉まれると、興奮しちゃうのぉ」

と、嬌声をあげる絢萌、

かなり興奮しているようである。

彼女は、強いアクメを覚え始めた。

このような感覚を味わうのは、本当に久しぶりのことである。

「あぁん、誠二君。私、イキそうなの」

「イキそうなんですか?」

「うん。とっても気持ちいいから」

途端、カラダをガクガクと震わせる絢萌……。

昇天は間近にまでやって来ている。

最早、立っているのがしんどく感じられるのであった。

ただ、誠二は突きの一撃を緩めなかった……。

ガンガンと膣の最奥を突き上げるように、抽送を続けている。

そして、とうとう、絢萌は果ててしまった……、

ガクンとカラダを蠢動させると、秘唇をキュッと締め上げた。

蜜壺が痙攣していき、ペニスを甘締めていくのである。

この時の快感は。素晴らしいものがある……。

誠二も、強い悦楽を覚えながら、それでもピストン運動を続けていくのであった。

「あぁん。イッてるおま×こをそんなに突かないでぇ」

ビクビクと震える蜜壺を突かれて、絢萌は卒倒寸前になっていた。

膝がガクガクと震え、カラダのバランスを取るのが難しい。

すると、誠二は絢萌の腰をしっかりと押さえ、彼女のカラダを支え始めた。

彼は、まだイッていない。

だからこそ、このピストン運動を止めるわけにはいかなかったのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました