連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第10回

連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第10回

森の中で、二人の男女の息遣いだけが、静かに響き渡っていく。

こんな自然の中でセックスできて、誠二は嬉しくて堪らない。

美香子とのセックスもよかったが、絢萌との情交も素晴らしいものがあるのだ。

誠二は、少し大胆なことをしてみたくなった……。

彼も、少しずつセックスに慣れてきたのである。

なんと、絢萌の片足を持ち上げ、その状態でピストンを繰り出していったのである。

こうなると、絢萌も堪らなくなる。

ただでさえ、立っているのがしんどいのに、さらに不安定な恰好にさせられているのだから……。

「んぁ。あぁん、こんな体勢、ものすごく恥ずかしいわぁ」

「でも、興奮するんじゃないですか? おま×こが締まったような気がします」

その通りであった。

敏感になっている秘唇は、あられもない体勢にさせられたことで、さらに小刻みに動いていったのである。

誠二は、斜め下から突き上げるようにペニスを動かし、快感を生み出していく。

やがて、彼も強い射精感を覚え始めた。

カラダ中がゾクゾクとしていき、心地よくなっていくのである。

彼はまさに、セックスの魔力のトリコになりつつあった。

「うぉぉぉ。絢萌さん、すごく気持ちいい……、ち×ぽが蕩けそうだ」

「私も気持ちいいわ……、もっと、もっと突いてぇ」

絢萌の再度アクメを覚え始めた……。

誠二との交わりなら、何度だってイケそうである。

同時に、こんな風に乱れたのは、もしかすると初めてなのかもしれない……。

嬉しさがこみ上げ、女としても悦びを感じていく。

「あぁ、絢萌さん、俺もそろそろイキそうです……。どこに、どこに精子を出せばいいでsか?」

「好きな所に出してもいいわよ」

「好きなところ? じゃあ、中に出してもいいんですか?」

「うん。中に出してぇ。ビュビュって、濃い精子をたくさん出して欲しいのぉ……」

まさか中出しできるとは……。

嬉しさがこみ上げていくのであった。

誠二は、ズンズンと腰を動かしていき、最後の仕上げにかかる。

ペニスを素早く動かしていくと、快感の塊みたいなものが、全身を貫いていくのである……。

まさにカラダ中に電流が走ったかのような衝撃であった。

とうとう、誠二も限界がやってくる。

ペニスが熱く反応を示し、小刻みに痙攣していくのである。

そして――。

――ビュルビュルビュル。ドピュ、トピュピュ……。

勢いよく、白濁の色のスペルマが、絢萌の胎内に注がれていく。

それは、どこまでも熱く、こってりとした牡汁である。

膣内に流れ込んだスペルマは、大量であった。

その影響のため、治まり切らず、結合部分から溢れ出してくる。

ツツーと精液が流れ出ていく姿は、大変淫らであった。

「うぉぉ。精子がどんどん出ます。止まらない……」

射精時の素晴らしい快感が、誠二を襲って来る。

ドクドクと最後の一滴まで精子を絞り出すと、彼も立っているのがしんどくなるのであった。

こうして、二人のセックスは終わりを告げた。

濃厚な、セックスである……。

その余韻に浸りながら、誠二はキュッと絢萌を抱き締めた――。

 

 

翌日――。

誠二は、早朝に目を覚ました。

横を見ると、絢萌や由美がすやすやと寝息を立てている。

起こさないようむっくりと起き上がると、テントの外に這い出した。

朝の爽やかな空気が広がっている。

同時に、それを感じると清々しい気分になるのであった。

ふと、昨日の記憶が舞い戻る。

あの森の中で、絢萌とセックスをしたのである。

それは感動的な体験であった。

それを思い出すと、何だか顔が火照ってくる。

少し外を散歩しようか?

そう考え、誠二は一人森の中を歩いた。

すると。

「ちょっと待って、誠二君」

と、いう声が聞こえた。

よく見ると、絢萌である。

テントを出るときに、起こしてしまったのかもしれない。

「絢萌さん。おはようございます」

「おはよう。朝は早いのね」

「はい、ちょっと散歩しようと思って……。早朝って結構好きなんですよ」

時刻を見ると、まだ五時を少し回ったところである。

辺りは薄暗いが、朝日が少しずつ昇ってきているのが見えた。

「私も散歩に一緒に行ってもいいかしら?」

「はい、もちろんです」

こうして、二人は一緒に散歩に出かけた……。

森の中に入り、思いっきり空気を吸いこむ……。

清々しい森の空気である。

「朝の森ってなんだかいいわね」

と、絢萌が言った。

誠二は、あまり顔を見られなかった。

どうしても、昨日の記憶がチラついてしまうのである。

同時に、ペニスが朝立ちしてしまったようだ……。

それを咄嗟に隠そうとするが、絢萌に見つかってしまう。

「ねぇ。誠二君。どうしてそんなところを抑えているの?」

股間部を押さえているところを見られてしまった。

恥ずかしくなった誠二は、必死に言い訳を探そうとするが、なかなかいい答えが見つからない。

すると、クスッと絢萌が笑った。

「男の人って朝になると元気になるんでしょ?」

「そ、それはその、まぁ、生理現象と言いますか?」

「何だか窮屈そうね。ちょっとこっちに来て……」

と、絢萌が木の陰に誠二を案内する。

そして、何とズボンを下げたのである。

「え? ちょっと何をするんですか? 絢萌さん」

「元気になったおちん×んを、鎮めてあげるの……。それにちょっと味見もしてみたいし……」

そう言うと、絢萌は舌先をペロッと出した……。

そして、亀頭の先端に当てていく。

こんな場所で、まさかフェラチオをしてもらえるとは。

悦びはもちろんであるが、驚きの方が大きかったようである。

「不味いですよ。誰か来たら」

「大丈夫、木の陰に隠れたし、まだ辺りは薄暗いもの」

確かに薄暗く、余程近くに来ないと、何をしているのかはわからないであろう。

それに木の陰に隠れているから、目立たない……。

「おち×ぽ。こんなに大きくして……、辛かったでしょう」

「いえ、そんなには」

「すぐに気持ちよくしてあげるからね」

そう言うと、絢萌は舌先で亀頭を舐り始めた。

この辺の所作は、かなり手馴れていると感じられた。

カリの表側を、丁寧に舌で舐め回していくのである。

心地のいい刺激が。誠二を包み込んでいくのであった。

(うぉぉ。すごく気持ちいい……)

あまりの快感から、腰が砕けそうになる……。

それを必死に抑えながら、誠二は耐え忍んでいくのであった。

「このおち×ぽが、昨日私の中に入ったのよ。わかるでしょ? 誠二君」

「はい。わかります」

改めて言われると、何だか恥ずかしくなってしまう……。

しかし、昨日の体験は至福の時間であった……。

蕩けるほど気持ちよく、極楽に行ったような気持になったのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました