連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第13回

連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第13回

「由美さん、そろそろ、ち×ぽを挿れてもいいですか? 俺我慢できない」

と誠二は告げた。

すると、由美は、コクリと小首を上下に動かした。

つまり、肯定しているのである。

誠二は、由美の座席の方にカラダを移動させた。

車内であるため、結構窮屈である。

それでも、由美は小さいから、素直にカラダを横にできた。

車内は薄暗い。

ライトをつけると、外から丸見えになってしまうので、このままやるしかないだろう……。

誠二は、由美の足を持ち、左右に広げていく。

陰部は既にトロトロになっており、蜜が降り出したかのようになっている。

大丈夫。

できる……。

まだセックスの経験は浅いが、ここ最近、美香子や絢萌と経験して、それなりに経験値は積んだつもりだ。

誠二はズボンを脱ぎ、ペニスを解放する……。

いきり立った牡の象徴は、ドクドクと脈打っていた。

「い、挿れますね、由美さん」

そう言い、ペニスを淫裂にあてがっていく……。

ぬるんとした質感が、ペニスの先端を覆っていくのであった。

そして、そのまま一気に貫いていく。

「んん、ぁん」

由美の口から甘い声が漏れた。

その声を聞き、誠二もヒートアップしていく。

(うぉ、すごい窮屈だ……。美香子さんや、絢萌さんとは全然違う)

由美の蜜壺は、キュッと締まりを見せており、ペニスを甘締めするのである。

その時の快感が素晴らしく、挿れただけでイッてしまいそうになるのだ。

(最初はゆっくり動けばいいんだよな)

そう考えた誠二は、あまり無理をせずに、緩やかなペースで腰を動かし始めた。

にちゃ、にちゅ、くちゅ……。

結合部分から、卑猥な音がこだましていく……。

それが車内に染み渡っていき、淫らな空気を作り上げるのである。

「んんぁ、ハァ、ハァ、あぁん」

「由美さん、気持ちいいですか?」

「そ、そんなこと聞かないでくださいぃ……、あぁん」

由美は恥ずかしがっている。

しかし、そんなに反応は悪くない。

感じている様子が、ありありとわかるのであった。

誠二は、やや姿勢を前側に倒していき、由美に覆い被さるような体勢を取った。

こうやって、覆い被さると、由美の体温をダイレクトに感じることができるような気がした。

ピストン運動を続けながら、由美のカラダをヒシっと抱きしめる。

強く抱きしめると、折れそうなくらいか細いカラダである。

大切にしないとダメだ!

そんな気持ちが浮かび上がってくる。

ふと、由美の顔を見つめる。

彼女は、目をキュッと閉じ、頬を朱色に染めていた。

薄暗いから、誠二には、その色合いがわからなかったが、桃色の吐息を聞く限り、由美は感じているのだとわかった。

挿入しながら、彼は小ぶりな乳房を弄り始める。

乳首がプクっと立ち上がり、花の蕾のようになっている。

乳首を指先でコリコリと摘まみ上げると、由美も堪らなくなったのだろう。

甘い声をあげて反応していく。

(由美さん、すごく可愛い……、はぁ、堪らないよ)

由美に対する愛おしい思いが、どんどん浮かんできて、彼を支配していくのであった……。

自分は幸せだ……。

純粋に、そう思うことができた。

誠二は、少しずつ、ピストン運動の動きを速めていく。

一定のリズムで突き続けると、やはり、動きが単調になってしまう。

ここは、少し変化を出していきたい。

そこで、美香子や絢萌とした時を思い出し、浅く突いたり、深く突いたりするのを繰り返していった。

膣壁には、無数のヒダがあるようで、それがペニスにピッタリと張り付いてくる。

まるで、イソギンチャクの中に突っ込んでいるような感触になるのだ。

それは、至上の悦楽であり、誠二をトリコにしていくのであった。

(うぉぉぉ、すごく気持ちいい……、ち×ぽが締め付けられて……、あぁ、堪らないよ……)

ペニスを動かすほどに、快感はすさまじくなっていく。

まだ、始めたばかりだというのに、既に、この絶頂感である。

もしかすると、あまり長いこと持たないかもしれない。

誠二は、由美をもっと気持ちよくするために、陰核を弄ってみようと考えた。

正常位で行っているので、挿入しながら、クリを弄るのは可能である……。

ただ、薄暗いから、イマイチ陰核の場所を探るのに時間がかかってしまった。

それでも、美香子の時の体験があったため、彼は陰核の場所を探り当て、包皮に包まれた雌芯を器用に指で剥くと、飛び出してきた肉豆をソフトに触り始めたのである。

すると、由美がガクンとカラダを震わせた……。

「あぁん、そ、そこは、敏感だから……、優しくしてぇ」

やはり、クリトリスが感じるようである。

その証拠に雌芯を指で弄ったら、蜜壺がキュキュっと強く締まりを見せたのであった……。

陰核を丁寧に弄っていき。誠二は快感を生み出していく。

触るほどに、淫蜜が噴き出し、あっという間に指先はヌルヌルになってしまった。

クリトリスを弄りながら、同時に、ピストン運動を強めていく。

ずりゅ、めりゅと、勢いよくペニスが姦通していき、誠二は心地よくなっていくのであった。

「あぁ、由美さん、ホントに気持ちいいです。最高の気分ですよ」

「私も……、んんぁ、気持ちいい……、おかしくなっちゃいそう」

と、劈くような悲鳴をあげる由美。

おまけにかなり激しくセックスをしているので、ギシギシと車内が揺れているような気がした。

素早いペースで抽送を繰り出していると、やがて、強い射精感を覚え始める。

ゾクゾクとする、強い陶酔感である。

しかし、まだイクわけにはいかない。

まだまだじっくりとプレイしていたかったのである。

やがて、誠二は少し体位を変えてみようと考えた。

とはいっても、ここは車内である。

よって、あまりに大胆な体位は取れないだろう。

そこで、変則的な正常位の形を試してみようと思ったのである。

彼は、由美の足を持ち上げ、赤子のオムツを変えるようなポーズにさせた。

こうすると、秘部だけではなく、お尻の穴まで丸見えになってしまう。

かなり恥ずかしい体勢であるので、由美は驚きでいっぱいになっていった。

「やぁん、こんな体勢……、恥ずかしすぎます……」

「恥ずかしがってる由美さんが見たいんです。それに、こっちの方が興奮するでしょ?」

と、誠二は告げた。

確かに恥ずかしい体勢にさせた方が、由美も感じるようであった。

もしかすると、Mなのかもしれない。

もっと、気持ちよさを引き出してあげたい……。

そんな風に感じた。

まんぐり返しに近い形になっているので、上から下に突き刺すようなピストン運動になる。

その分、膣の最奥まで届くような気がした……。

子宮の入り口をノックしているような感覚が広がるのである。

「んんぁ、奥に……、奥に当たります」

「奥がいいんですか? 由美さん」

「わかんない……、あぁん、もう何もわかりません……」

狂乱していく由美。

恥ずかしさのあまり、頭は沸騰しそうになっていた。

(参ったな、そろそろ、イキそうになってきたぞ)

これまで、必死になって、射精感を抑えていた誠二であったが、それが難しくなってきた。

圧倒的な快感が降り注ぎ、耐えるのがしんどくなるのだ。

〈続く〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました