連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第17回

連載官能小説

連載官能小説『キャンプ場から始まる潤蜜関係』第17回

陰核は一番敏感な部分であるので、美香子は乱れ狂った。

とにかく嬌声をあげながら、快感を味わっていくのである。

「はぁん、ダメ、私、このままだとイッちゃう! もうやめてぇ!」

しかし、誠二も絢萌の手を緩めたりしない……。

徹底的に彼女を虐げていくのであった。

「おま×こが痙攣しているわ。美香子さんイキそうなのね? イッていいわよ。たくさんイッちゃいなさい」

と、絢萌が相好を崩しながら告げた。

そして、とうとう美香子はアクメを迎える……。

途端、陰部からプシュッと淫蜜が噴き出した……。

いわゆる潮吹きというやつである。

アヌスにプラスして陰核を執拗に弄られたため、牝汁が噴出したのであった。

「すごいわ。美香子さんがイッてる。まるでお漏らししてるみたい」

「はぁん、見ないでぇ、お願いぃ」

乱れ狂った美香子はガクンとカラダを震わせ、その場に崩れ落ちた。

それを見た誠二と絢萌はようやく指を動かすのを止めた。

局部から指を抜くと、ヌラヌラと淫蜜が光っているのがわかる。

「美香子さん、すごく可愛かったです。お尻が気持ちよかったんですね?」

と、誠二が言う。

すると、美香子は恥ずかしそうに、

「酷いわ。誠二君ったら、こんなオバサンを虐めて楽しんでいるのね」

「でも気持ちよかったんでしょ? ならいいじゃないですか」

二人のやり取りを見ていた絢萌が声を出す……。

「ねぇ。誠二君、今度は私を気持ちよくしてくれない? おま×こにおち×ぽ注射が欲しいの」

「もちろんですよ。次は絢萌さんの番です……」

誠二はそう言うと、絢萌を仰向けに寝かせた。

対して絢萌は、されるがままに横になっていく。

ゆっくりと彼女を押し倒すと、誠二は、絢萌の足を左右に広げていった。

彼女の陰部は、既にトロトロに濡れている……。

これだけ濡れていれば、挿入はスムーズであろう。

誠二は、自分のイチモツを扱くと、そのまま淫裂にあてがい、ゆっくりと挿入していった。

ずぶっと、めり込むようにペニスが埋没していく。

やはり、気持ちいいがいい。

絢萌の蜜壺は、キュッと甘締めを見せて、ペニスに絡みついてくるのであった。

「あぁん、おち×ぽが入ってきたぁ」

と、淫らな声をあげる絢萌。

誠二は、グッと下唇を噛みしめながら、ピストン運動を始めた。

あまりに気持ちがいいため、気を緩めると忽ちイッてしまいそうになる。

その感覚を辛うじて抑え込みながら、彼は腰を動かしていくのであった。

二人の光景を、イッたばかりの美香子が見つめている。

自分も早くおま×こに挿れて欲しい。

そんな欲望で覆われていくのであった。

「誠二君、いいわ、すごく気持ちいいのぉ……、もっと、突いて、奥を突きまくってぇ……」

「わかりました。遠慮せずにやりますよ」

そう言い、少しずつ抽送のリズムを押し上げていく誠二。

彼もセックスに慣れ始めてきたのである……。

だからこそ、少しだけ余力が生まれつつあった。

「さっきのお返しよ、絢萌さん」

と、美香子が徐にカラダを起こし、絢萌の乳房に吸いついた。

思わぬ反撃を受け、絢萌は驚いてしまう……。

「あぁん、美香子さん、おっぱい吸わないでぇ……」

「ダメよ。私を虐めた罰なんだからね。誠二君、どんどん突いてあげて、私は胸を刺激するから」

その言葉を聞き、誠二は意気揚々と答える……。

「はい、わかりました」

攻守が完全に逆転したようだ。

今度は、美香子が絢萌を責める番である……。

乳首を執拗に舐っていくと、さらに手で乳房を揉みしだいていく。

その愛撫は、こってりと濃厚であり、かなり淫らに見えた。

まさかこんな風なレズプレイを間近で見られるとは思っていなかったので、誠二もますます興奮してしまう。

肉竿は破裂寸前な程膨れ上がり、膣壁を勢いよく擦過していくのであった。

「んんぁ、ぁん、気持ちいい、誠二君のおち×ぽ最高なのぉ……、ハァ、癖になってしまうわぁ」

人妻とは思えないほどの乱れっぷりである……。

見た目の印象は完全な淑女である絢萌が乱れた姿は、どこまでも妖艶である……。

艶やかに光り輝くダイヤモンドのようにも見えた。

誠二は、素早く腰を動かしつつ、膣の最奥を目指して突きの一撃を繰り出していく。

これにプラスして、美香子が乳房を愛撫し続ける。

ダブルの刺激に、絢萌は忽ち絶頂感を迎え始めた。

カラダ中が性感帯になったかのような気分である。

これまで満足のいく性生活でできていなかったため、その爆発力も絶大であった。

「誠二君。クリも弄ってあげて……。絢萌さんをイキ狂わせてあげましょうよ」

と、美香子が告げる。

それを受け、誠二はピストン運動を続けながら、陰核を刺激し始めた。

途端、絢萌はガクガクとカラダを震わせて感じ始める。

「あぁん、ダメェ、そこは敏感だから優しく弄ってぇ」

とはいっても、誠二は手を緩めなかった……。

この乱れまくった人妻は、少し乱暴にした方が、相性がいい。

と、そんな風に感じたのである。

やや強めにクリトリスを刺激すると、陰部からプシュッと潮が噴き出し始めた。

「あぁん、ダメェ、それ以上されたら、出ちゃう……、エッチなおしっこが漏れちゃうのぉ……」

「まぁ、殿方の前でお漏らしするなんて、絢萌さんはホントにエッチなのね……」

と、美香子が告げる。

彼女も彼女で乳房への愛撫を忘れていない……。

絢萌の乳首はプクっと立ち上がり、勃起したかのように膨らんでいる。

その蕾のような乳首を、丁寧に指で弄んでいく美香子。

ビビッとした峻烈な悦楽が、絢萌を貫いていく。

「絢萌さんがお漏らししてる……うぉぉ、興奮します」

この時、完全に誠二は野獣と化していた……。

とにかく、激しい動きをしながら、ペニスで蜜壺を突きまくったのである。

こうされると、絢萌も堪らない……。

乳首だけでもかなりの刺激なのに、膣の最奥を突かれ、さらにクリトリスまで弄られている。

もう、彼女は限界寸前であった。

彼女の蜜壺が、キュキュッと痙攣を始める……。

ペニスが圧搾されるような刺激である。

その感覚は、とにかく素晴らしく誠二を満足感で覆っていく。

ただ、誠二の精力も高まっている。

彼はさらにペースを上げながら、絢萌のカラダを徹底的に攻略していくのであった。

「あぁん、ダメ、私、イッちゃう……、イク! イッちゃうのぉ」

途端、絢萌の悲鳴が室内に轟いた。

そして、ガクガクとカラダを震わせながら、昇天を迎える。

こうして、絢萌は完全にイッてしまったようだ。

ぐったりと倒れ込み、ヒクヒクと痙攣している。

それを見た誠二は、強い征服感に襲われた……。

この人妻たちをもっと徹底的に愛したい……。

そんな欲望に包まれていくのである。

「美香子さん。寝てください」

「次は私にしてくれるのね? 嬉しいわぁ……」

先ほどイッたばかりの美香子であるが、早くペニスで突いて欲しかった。

それくらい我慢の限界に来ていたのである……。

しかし、誠二は意外な行動を取った。

美香子を四つん這いにさせると、なんと尻穴にペニスをねじ込んでいったのである。

これには、美香子は驚いてしまった。

ついさっき尻穴を弄られていたので、穴は自体は広がりを見せている。

しかし、ペニスのような太い異物を入れられるのは初めてなのだ。

強い排泄感に襲われながら、身悶えしていくのであった。

「いやぁ、そこは違うわぁ。おま×こに、おま×こに入れてぇ」

「美香子さんはお尻の方が感じるみたいですからね、こっちで犯してあげます」

と、悪魔的なことを言ってのける誠二。

彼自身、性の魔力に取り憑かれつつあったのだ。

だからこそ、もっと過激なプレイを求めてしまう。

誠二は、美香子の尻穴をグイグイとペニスで広げていき、徐々に開拓していく。

同時に、美香子にも変化が出てきた。

最初は、強い排泄感を抱いていたのに、それが鎮まっていくと、逆に激しい快感を覚えたのである。

「あぁん、ダメェ……、こんな風にお尻に挿れられたら、癖になっちゃうからぁ」

美香子はアナルの刺激にトリコになりつつあった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました