連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第7回

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第7回

麗禾は、少しずつ腰を上下に動かすと、快感を貪っていく。

ギンギンに膨れ上がったペニスで突かれると、やはり気持ちがいいのである。

特に、騎乗位は女性優位の体位だ。

だからこそ、自分の一番気持ちいいポイントを的確に抑えることができて、麗禾は夢見心地になっていくのであった。

「伊藤君、私の腰の動きに合わせて、下から突き上げて。そうするともっと気持ちよくなれるかぁ」

「したから突き上げればいいんですね? わかりました」

言われた通り、浩二は麗禾の腰が下がった瞬間を見計らい、一気にペニスを突き上げていった。

こうすると、より一層奥までペニスが突き刺さるような気がした。

膣ヒダのねっとりとした質感が、ペニス全体を覆っていく。

これが、ピッタリと吸いついて離さないのである。

頗る気持ちよくなり、浩二もリズミカルに腰を動かし始めた。

「んぁ、あぁん、いい、気持ちいいわぁ、伊藤君、その調子で突いてぇ」

あられもない声をあげて、感じ続ける麗禾……。

彼女の表情はうっとりとしており、心底感じているのが見て取れる。

浩二自身も快感に包まれていき、満足していくのであった。

ただ、麗禾にばかり任せていてもつまらない。

ふと、浩二はそんな風に思い始めた。

もっと、この女体を堪能したいのである……。

そこで彼は、仰向け状態から、ややカラダを起こし、麗禾の胸を揉み始めた。

たわわに実った麗禾のバストが、腰の上下運動に合わせてプルンプルンと震えていく……。

それをしたから支えるように、揉んでいくのである。

(すごく柔らかい)

と、浩二は感じていた。

小ぶりなメロンほどの大きさのある麗禾のバストは、非常に揉み応えがいい。

こってりとしたプリンを揉んでいるような気分になるのである。

「乳首も……、伊藤君、乳首も弄ってぇ」

と、麗禾が嬌声をあげる。

それを聞いた浩二は、指先をフルに使って乳首を弄り始めた。

コリコリと乳首を弄り回すと、プクっと硬くなっていく。

花の蕾のようになった乳首は、生ゴムのような質感があるのであった。

麗禾は、勢いよく腰を動かし、快感を覚えていく。

奥深くまでペニスが突き刺さり、ゾクゾクとする陶酔感に包まれていった。

「はぁ、んんー。気持ちいい……、あぁ、伊藤君、気持ちいいわぁ」

「俺もです。ち×ぽが蕩けそうだ」

浩二も、心地よさを感じていた。

じゅりゅっと、ペニスが膣の最奥まで滑り込み、膣壁を擦過していく。

その時の衝撃が素晴らしく。浩二は思わず声をあげた。

「うおぉぉ、気持ちいい……、またイキそうですよ」

「もう少し我慢して……、私も後少しでイケそうだから」

麗禾もアクメを覚え始めた。

最初は断続的な快感だったのだが、その感覚が詰まってくる。

脳髄が刺激され、頭の中フワフワとしていくのであった。

奥深くまでペニスが突き刺さるので、麗禾は狂乱の極みであった。

ロングヘア―を振りまきながら、カラダを激しく上下に動かしていく。

一方、浩二も強い陶酔感を覚えていた。

つい先ほどイッたばかりなのであるが、再び強い射精感を覚えたのである。

それだけ、快感が強かったのだろう。

なかなか耐えるのがしんどい。

鈴口から今にも精子が出そうなくらいヒクつき始めた。

「んぁ、あぁん、伊藤君、私もイキそう、最後にペニスを突き上げて、お願いぃ」

「わかりました。俺もイキそうです。また中に出してもいいんですよね?」

「もちろんよ。中に出して……、たくさん精子を出して欲しいのぉ」

と、劈くような嬌声をあげる麗禾。

その声を聞き、浩二もヒートアップしていくのであった。

彼は、最後の力を振り絞って、抽送を続けていく。

段々と一突きごとの衝撃が重くなり、じわじわとした快感がやってくる。

そして、二人はとうとうと昇天を迎えるのであった。

「あぁん、ダメェ、イク! イッちゃう!!」

強く叫んだ麗禾は、ビクビクとカラダを震わせた。

膣口がヒクヒクと震え、痙攣を始めていく……。

同時に、プシュッと愛蜜が噴き出し、それがトロトロと結合部分から流れ出していく……。

もちろん、浩二も果ててしまって言える。

本日三度目の射精であるが、その量は絶大である。

ドクドクと、白濁色のスペルマが、膣に注がれていくのであった。

「うわぁ。精子がどんどん出ます。すごく気持ちいい……。あぁ、蕩けそうです」

「私も気持ちいい……、最高よ、伊藤君」

二人は折り重なるように崩れ落ちると、ヒシっと抱き合った。

ゆっくりと結合を解くと、膣口からゴポリと精液が流れ出してきた。

それは、どこまでも淫らな光景であり、浩二を満足させていくのであった。

こんなにも美しい女性に中出ししてしまった。

それも連続で中出ししたのである。

男としての悦びを刺激されたような気がした。

「松本さん、ホントに気持ちよかったです。ありがとうございます」

「私も、久しぶりに満足できたって感じよ……。これでスッキリして眠れるわね」

その後、二人は深い眠りに就いたのであった――。

翌日――。

麗禾とのセックスを終えた浩二は、その日の仕事を終え、無事帰宅していた。

未だに、あのセックスの悦びが忘れられない。

(俺、松本さんとセックスしたんだ)

と、昨日の記憶を反芻させる。

未だに、細部にわたって再現できるほど、記憶は鮮明である。

煌びやかに光るラビアの質感は、とても素晴らしいものがあった、

ヌラヌラとしていて、ペニスをスムーズに動かしていくのである。

それは、素晴らしい体験であった。

同時に、またしたいという欲望が浮かび上がってくる。

浩二は童貞を卒業したが、また別の出会いが訪れようとしていた。

 

 

ある日のことである。

新商品の企画会議が長引き、会社に缶詰め状態になっている浩二であったが、そろそろ帰らないとならない。

終電を逃すと、布団のない会社で泊る羽目になってしまう。

それに、今日は麗禾も不在であり、彼女を頼れない。

しかし、彼の他に、もう一人遅くまで残っている人物がいた。

それは、三浦綾子という浩二の後輩である……。

綾子は、入社二年目のまだまだ新米の社員であり、少しおっちょこちょいのところがある。

会社に残っている人間が、浩二と綾子だけになった時、浩二は、綾子に向かって言った……。

「三浦さん、終電大丈夫なの?」

すると、綾子の顔がみるみる青くなる。

「あ、もうダメです。逃しちゃいました」

「どうするつもり?」

「う~ん、会社で泊ります、それしかないですよね?」

「この会社布団とかないから大変だよ。よかったら俺の家に来る? まだ終電大丈夫だから」

と、浩二は、勇気を持って誘ってみた。

麗禾に筆おろしをしてもらい、自分に自信を持ち始めていたのである。

一方、綾子は少し迷った素振りを見せた……。

「で、でも、伊藤さんに悪いですし」

「大丈夫だよ。少し狭いけど、布団ならあるし、ここで泊るよりはマシだと思う」

「じゃあ、お言葉に甘えてもいいですか?」

こうして、浩二は綾子を自宅に誘うことになったのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました