連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第9回

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第9回

浩二はふと、綾子の方を向いた。

ナイトライトの明かりに照らされた綾子の表情は、とても幻惑的であった。

綾子はスッと目を閉じる。

それを受け。浩二は自分の顔を近づけていった。

ここはキスをするのだろう。

そのくらいは、自分にもわかったのである……。

そして、自分の唇を綾子の唇を重ねた。

ぷちゅっと、些細なキス音が響き渡っていく。

堪らなくなった浩二は、すぐさま綾子の服を脱がし始めた。

Tシャツとスウェットパンツだから、あまり色気があるわけではない。

同時に、早く綾子の裸体が見たくて堪らなかったのである。

「は、恥ずかしいです……」

顔を朱色に染めた綾子がそう言った。

「大丈夫、俺も脱ぐから」

と、わけのわからないことを言い、浩二も服を脱いだ。

二人は生まれたままの姿になる。

浩二は、綾子のカラダを見つめた。

麗禾とは違い、スレンダー寄りの体躯をしている。

しかし、それでいて胸はしっかりと高さがあるようであった。

おまけに、ウエストはキュッとくびれていて、ヒップがボンと張り出している。

スレンダーでありながら、メリハリの効いたボティであると感じた。

「い、伊藤さん、あんまり見ないで、恥ずかしいから」

「すごくキレイだよ」

「そんな、キレイじゃないです」

と、謙遜しながら綾子が言った。

彼女は腕で胸を隠している。

それを、浩二はゆっくりと剥ぎ取るように、腕を動かしていった。

「やぁん、私、そんなに胸が大きくないから……」

「そんなことないよ。十分大きいと思うけど……」

麗禾と比べると、確かに小さいが、恐らくCカップ程度はあるだろう。

乳首がツンと上を向いており、釣鐘型の形をしている。

通常、釣鐘型は巨乳に多い形であるが、綾子のようにやや小ぶりなサイズであっても、このようなタイプである場合があるのだ。

浩二はそっと手を伸ばし、綾子の乳房に触れてみた。

すると、綾子のカラダがビクッと跳ねる……。

どうやら、緊張しているようである。

自分からこの展開を望んだのであるが、やはり恥ずかしいという気持ちが上回るようであった。

綾子の乳房は、とても柔らかい……。

まるでマシュマロを愛でているような感触が広がっていくのである。

円を描くように乳首を弄っていくと、今度は乳首も弄りたくなる。

乳首はツンと上を抜いており、そこを指で弄ると、瞬く間に硬くなっていくのであった……。

コリコリと硬化した乳首を弄っていくと、浩二も淫らな気分になってくる。

童貞を卒業したばかりの浩二であったが、少しずつ女性の扱いにも慣れてきたような気がした。

やがて、浩二は乳房に顔を近づけていく……。

すると、ふんわりとした、いい香りが漂っていくのであった。

シャワーを浴びたばかりだから、ボディソープのいい香りがするのである。

浩二は、カプッと乳首に吸いついた。

そして、赤子のようにチューチューと吸い始めていったのである。

「三浦さんにおっぱい、すごく美味しいよ……」

「はぁ、恥ずかしいです……、だけど、気持ちいい……」

「もっとしてほしいかい?」

「はい。お願いします」

乳首を舌先でレロレロと刺激していくと、綾子も感極まっていく。

淡い快感がやって来て、彼女を心地よくしていくのであった。

「んぁ、あぁん、おっぱい舐められるの気持ちいいです」

と、綾子の嬌声が響き渡る。

その声を聞いていると、浩二も益々興奮していくのであった。

乳房をたっぷりと刺激していくと、今度は下の方も弄りたくなる。

「おま×こ触るよ、いいよね?」

と、浩二は声をかけた。

すると、綾子は恥ずかしそうに顔を上下に振った。

どうやら、肯定しているようである。

下着は洗濯しているので、彼女はショーツを穿いていないのだ。

ふと、ヴィーナスの丘を見つめる。

そこには、ふわふわとした恥毛が生え揃っていた。

しかし、全体的に毛量が少ない。

控え目な恥毛の姿が、どこか愛らしく感じるのであった。

軽く、膣口に触れてみる。

女の部分は、とても熱くなっていた。

それでいて、湿り気がある。

キスをして、おっぱいを触られたことで、綾子も興奮したようだ。

下の口は潤みを帯びており、女の臭気が漂っている。

「おま×こ濡れてるよ」

「やぁん、そんなこと言わないでください……」

何というか、恥ずかしがっている綾子を見るのが、楽しくなってきた。

どんどんイタズラしたいという欲望が噴き出してくるのである。

ヌメヌメになっている陰部に指を挿入していく。

胎内は、体温で満たされており、とても熱くなっている。

それでいた、膣ヒダがピッタリと指先に吸いついてくるのであった。

(すごい、三浦さんのおま×こ、トロトロにになってる)

蜜壺は、既に大洪水になっていた。

指を縦横無尽に動かしていくと、どんどん愛蜜が噴き出していくのである。

下の口を弄っていくと、くちゅくちゅという淫音が響き渡っていく。

その淫らな音は、二人を一層興奮させていくのであった。

(んぁ、エッチな音がしちゃってる、……恥ずかしい)

と、綾子は感じていた。

同時に、顔は真っ赤になっている。

薄明りに照らされたら綾子の表情は、ゆでだこのようにも見えた。

浩二は、続けて陰核を弄ってみることにした。

クリトリスは、女性の一番敏感な部分でもある。

そこを弄れば、もっと興奮してくれるような気がしたのだ。

ラブジュースが流れ出し、浩二の指先はたっぷりと濡れ光っている。

おまけに、ヌルヌルとしているので、スムーズに指を動かすのである。

小陰唇を掻き分け、その上方部にある、包皮に包まれた一帯を目指す。

彼はクリトリスの存在を知っていたが、その場所はよくわからなかった。

それでも知識を総動員して、クリトリスの場所を探り出したのである。

陰核は薄い包皮に包まれており、浩二はそれを器用に剥いていった。

すると、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してくる。

大きさは小豆大くらい。

ぷっくらとしており、おまけにヒクヒクと震えている。

浩二は、雌芯を指先で軽く押してみた。

途端、綾子のカラダがガクンと蠕動したのである。

「んぁ、あぁん、そ、そこはダメですぅ」

かなり感じているようである。

それを見た浩二は、当然止めるつもりなどなかった。

執拗に陰核を弄り始める。

「ここ気持ちいいでしょ? 三浦さん、感じてるんだね」

少しずつ女体がわかり始めている。

だからこそ、浩二は自信を高めつつあった……。

ビクビクとカラダを震わせていく綾子を見ていると、もっとイタズラしたくなるのだ……。

次いで、浩二は陰部に顔を近づけていった……。

洗いたての性器からは、馨しい牝の香りが漂っている。

ツンとした花のような香りの中に、僅かに酸っぱいヨーグルトのような匂いがしている……。

それは、どこまで浩二を欲情させていった……。

「三浦さんのおま×こ、すごくエッチな香りがするね」

「やぁ、そんなとこの匂いを嗅がないでぇ、恥ずかしすぎますからぁ」

「すごくいい匂いだよ。興奮するんだ」

そう言いながら、浩二は舌先をペロッと出していった。

そして、陰部を丁寧に舐め回していくのである。

舐めるほどに、ラブジュースがあふれ出してくる。

同時に、その淫らな蜜が舌の上で軽やかに踊るのであった。

「あぁん。気持ちいい……、恥ずかしいけど、舐められるの気持ちいですぅ」

と、思わず嬌声をあげる綾子。

目元はウルウルとしており、官能的に見える。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました