連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第10回

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第10回

綾子の味を、浩二はたっぷりと堪能していった。

女の味をしっかりと味わいながら、彼はクンニリングスを続けていく。

舌先を、軽く膣内に挿れてみた。

僅かに塩気を感じる。

それでいて、火傷しそうなくらい熱くなっているのだ。

ペロペロと犬のように陰部を舐め回していくと、綾子も堪らなくなったようである。

「あぁん、伊藤さん……、何か変です……、あそこがおかしくなりそうです」

「おかしくなってもいいよ。変になった姿を俺見せて」

「気持ちいい……、ゾクゾクするのが来たのぉ……、あぁん、ダメェ、ダメだったらぁ……」

綾子は、処女であるため、イクということを知らなかったのである。

同時に、この止めどなく溢れた絶頂感にカラダがついていかないのであった。

「んんぁ、気持ちいい……、ダメ……、あぁん、すごいの来たのぉ」

ガクガクとカラダを震わせて、綾子は快感の頂点を極めた。

途端、ガクンとカラダを弓なりにさせていく……。

「三浦さん、イッたんだね?」

「私、イクってことがよくわからなかったんですけど、そうかもしれないです。すごく気持ちよかったんです」

陰部からはトロリと淫蜜が噴き出している……。

ここまでくると、浩二の興奮もピークを迎えつつあった。

もっと、綾子を味わいたい。

そんな風に思えたのである。

同時に、ここで止めるつもりはなかった……。

「ねぇ、三浦さん、このまま挿れてもいいかな?」

「はい。お願いします。私を女にしてください」

「ありがとう、じゃあ、挿れるからね」

そう言い、浩二は綾子を仰向けにさせて、足を左右に広げていく。

くぱぁと陰部が顔を出し、ヌラヌラと光っているのがよく見える。

「三浦さん、その、生で挿れてもいいのかな?」

「はい、大丈夫です。今日は安全な日なので……」

「そう、そうしたら、このまま挿れるからね……」

生で挿入できる。

これは、大きな悦びであった……。

そして、膣口にペニスを押し当て、そのまま一気に貫いていった。

ずぶっと、めり込むようにペニスが吸い込まれていく。

体位はベーシックな正常位。

というよりも、まだまだセックス初心者である浩二にとっては、他の体位は未知なる領域であった。

だからこそ、まずはシンプルな正常位から責めてみることに決めたのである。

ねっとりとした膣内の媚肉に包まれて、浩二はとても気持ちよくなった。

また、挿入と同時に、何か、「ブチ」と破れるような音が聞こえたような気がするのである。

どうやら、破瓜の衝撃により、綾子の処女膜が破れたようであった。

途端、綾子の表情が曇っていく。

処女の時は痛いと聞くが、疼痛がやってきたのである。

じんじんとした鈍い痛みが、あそこを通じて全身に広がっていく。

それを見た浩二は、優しく彼女に声をかけた。

「三浦さん、大丈夫?」

すると、綾子は冷静さを保ちながら、

「ちょっと、痛いです。だから、ゆっくり動いてもらえるとありがたいです」

「わかった、そうしたら、最初はゆっくり動くよ、それで様子を見よう」

そう言い、浩二はペースを緩めていった……。

綾子の膣内は、キュッと窄まっており、とても窮屈である。

そして、ペニスを甘締めするのであった……、

この時の感触が素晴らしく、浩二は感動していた。

麗禾とは違った意味での快感がある。

女性によって、あそこの形状がこうまで変わるのかと、感慨深くなった。

緩やかなペースで抽送を続けている浩二……。

彼にとっては、二度目のセックスであるが、少しずつ行為にも慣れてきたようである。

初体験の時は、全く周りを見る余裕がなかったが、今は少し違う。

相手をしっかり思いやる気持ちが生まれているのであった。

なるべく、浩二は綾子が痛くないように、ペニスをゆっくりと動かしていく。

ゆっくりペースで抽送をしていても、快感は素晴らしいものがあった。

ヌルヌルと滑る陰部の感触が、かなり気持ちよさを発生させるのである。

ふと、結合部分を見つめた。

結合部は、僅かに血が滲んでいる。

それが愛蜜と合わさって、仄かにアーモンドピンク色のなっているのであった。

それはどこまでも官能的な光景である。

一定のリズムを刻みながら、浩二はピストン運動を続けていく。

じゅりゅ、めりゅっと愛蜜に満たされて、ペニスがスムーズに動いていくのであった……。

とにかく気持ちいい……。

セックスの奥深さを、浩二はまざまざと体感していたのである。

「ねぇ、奥の方を突いてもいいかな?」

と、浩二は尋ねた。

確か、麗禾の場合は奥を突かれるのが好きだったはずである。

全ての女性に当てはまるわけではないだろうが、奥を突いた方が、心地よくできるのではないかと考えたのであった。

それを受け、綾子は答える。

「よくわかりませんけど、やってみてください、伊藤さんの好きにしていいですよ」

嬉しい言葉である。

それを受け、浩二は、グンとペニスを奥まで導いていった。

膣壁をペニスが擦過していき、途轍もない快感がやってくる。

一方、綾子も少しずつ感じ始めていた。

最初は、かなりの痛みがあったのであるが、それは、時を追うごとに治まっていったのである。

同時に、今では少し心地よさを感じていた……。

大きなペニスで、蜜壺を突かれると、とにかく気持ちよくなってしまうのである。

「んぁ、あぁん、気持ちいい……、伊藤さん、あそこが気持ちいいのぉ」

と、綾子はあられもない声をあげた。

浩二も、徐々にヒートアップしていく。

もっと彼女を感じさせてあげたくなったのである。

「ねぇ、三浦さん、少しペースを速めてもいいかな?」

と、浩二は問うた。

ゆっくりついてもいいのだが、やはり、拘束で突いて気持ちよくなりたかったのである……。

それを受け、綾子は答える。

「は、はい、大丈夫だと思います。私も少しずつセックスに慣れてきたみたいです」

「それはよかった。じゃあ少しだけ速くしてみるね」

そう言い、浩二は抽送のギアを一段階引き上げた。

腰を丁寧に動かしながら、リズミカルにピストンしていく。

先程よりも、快感が強まっていくような気がした。

突くほどに、陰部からは淫蜜が噴き出し、まるでとろけるナチュラルチーズのように、こってりと蕩けていくのであった。

「すごく気持ちいい……。三浦さん、最高だよ」

と、歓喜の声をあげる浩二。

彼も腰の動きもより一層高まっていくのであった。

「あぁん。伊藤さん。私も気持ちいい……、あそこがジンジンしちゃいますぅ」

徐々に、綾子も気持ちよくなってきたようである。

最初はあれだけ痛かったのに、今ではその痛みは消失しつつあった。

その代わり、鋭い快感がやってきたのである。

女になった悦びを感じながら、綾子は淫声をあげて感じ続けた。

ベーシックな体位で、抽送を続けていた浩二であったが、ここで少し変化を加えたくなったのである。

姿勢をやや前傾にしつつ、綾子に覆い被さるような体勢を取った。

こうすると、もっと奥まで届くような気がする。

正常位は、比較的挿入が浅い方だが、このようにして姿勢を前に倒していくと、奥の方に届くようになるのだ。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました