連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第12回

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第12回

後背位からの挿入の、心地いい刺激を覚えていき、浩二は蕩けそうになっていく。

あまりの快感により、耐えるのがしんどいのである。

それでも、浩二は一定のリズムを刻みながら、抽送を続けていった。

後ろからペニスを挿れていると、何だか、征服感のようなものが浮かび上がってくる……。

可憐な綾子を屈服させているような感覚になり、とにかく興奮してしまうのである。

この時、綾子も形容しがたい悦楽を覚えていた。

何というか、野性的な気分になるのである……。

後背位からの挿入は、どことなく、獣同士の交尾のようにも見える。

だからこそ、強い興奮を覚えるのであった……。

「伊藤さん、もっと、もっと突いて……、あぁん、激しいのがいいのぉ」

と、綾子が劈くような悲鳴をあげた。

彼女もセックスに慣れてきたようである……。

同時にもっと過激にしてもらいたくて堪らなくなった。

処女とは思えない、性欲の強さである。

恐らく、根っから性欲が強いのであろう……。

だからこそ、もっと大胆にしてもらいたかったのである。

「激しいのがいいの? 三浦さん」

と、浩二が問うた。

彼自身、激しくしてもいいのだが、すぐに果ててしまいそうになるのであった。

だが、ここで挫けるのは男の恥であると、気合を入れて抽送を続けたのである。

「んぁ、あぁ、あそこが気持ちいい……。ゾクゾクしちゃいますぅ」

ガクガクとカラダを震わせて、快感を貪っていく綾子。

その様子を見ながら、浩二は鋭い突きの一撃を繰り出していくのであった。

膣の最奥を目指して、突きまくっていく……。

膣ヒダが、ピッタリとペニスに張り付き、心地いい快感を発生させるのである。

恐ろしいスピードで、浩二は腰を動かしていった。

動かすほどに、快感の塊がやってくる。

とにかく、素晴らしい悦楽なのである。

この心地よさを、ずっと味わっていたい……。

と、浩二はそんな風に思いながら、腰を穿ち続ける。

ただ、やはりオーバーペースは限界を迎えるのを早めるようである。

「うぉぉ。三浦さん、俺、またイキそうだよ……」

「んぁ、ハァハァ、私も、私も気持ちいいのが来たのぉ……、だから一緒にイッてくださいぃ」

ズコバコと、勢いよく腰を動かし、媚肉を擦り上げていく。

限界が近い浩二であったが、同じように綾子も昇天を迎えつつあった。

じっとりとした、オルガスムスがやってくる。

カラダ中を快感の膜で包まれていくような気がした。

「あぁん、ダメ! 気持ちいいのぉ、変になっちゃうよぉ」

「変になっていいよ。俺もすごく気持ちいいから」

二人の声が、見事にシンクロしていった……。

そして、浩二は再び牡の欲望を炸裂させたのである。

ビュルっと、白濁液が膣内に注がれていく……。

二度目の射精とは思えない量の精液である……。

「あぁ、出てる、お腹が熱いのぉ」

「ハァ、気持ちいい……、精子が止まらないよ」

射精の心地いい快感を味わいながら、最後の一滴まで精子を絞り出していく。

二人は崩れ落ちるように、布団の上に寝転んだ。

そして、熱く抱擁を交わすと、貪るように口づけをしていく。

こってりと甘いキスをしていると、本気のセックスをしたのだという、感慨深さに覆われる。

キスの雨を降らせた浩二は、優しく綾子の髪の毛を撫でた。

しっとりとした、肌触りのいい髪の毛である。

それはまるでシルクのような感触であった……。

「伊藤さん、ありがとうございます。私、ホントに幸せです」

「俺もすごくよかったよ。三浦さんの初めての男になれて嬉しいよ」

可憐な綾子をイカせることができて、浩二も悦びに包まれていった。

二人は、眠気がやってくるまで、ヒシっと抱き合い、濃密なセックスの余韻に浸っていくのであった――。

 

 

麗禾だけでなく、綾子ともセックスをしてしまった。

今まで、女気のない人生を送ってきた浩二にとって、これは驚きの連続である。

同時に、大きな自信にもつながった。

生まれ変わったような気分になり、仕事にも熱が入るのである。

その日も、新商品の開発に向けて、着々と仕事を進めていた。

今日は、居酒屋を使って、食事をしながら、会議を進めるという手法が取られたのである……。

ただ、あまりに会議が白熱し、夜遅くなってしまった。

一人、また、一人と、帰宅していく人間がいる中で、最後まで残ったのは、三人の人間であった。

それは――。

浩二、麗禾、綾子。

この三名である。

時刻は、午前一時を回っている。

つまり、完全に終電を逃してしまったのである。

しかし、麗禾は焦っていなかった。

実は、彼女はあえて終電を逃しており、ホテルを既に予約していたのである。

麗禾の手はずで、三人はとあるホテルに向かった。

それは駅前にある普通のビジネスホテルである。

「今日はここに泊まるわよ」

と、麗禾が言った。

フロントに行き、鍵を受け取って、部屋に入る。

ただ、借りた部屋は一部屋だけであり、ベッドが二つに、簡易的なベッドを無理に詰め込んだ、三人部屋であった。

つまり、一つの部屋で、みんなで眠るのである。

それを受けて、浩二は興奮を抑えられないでいた。

「三人で寝るんですか?」

「えぇ、そっちの方は安上がりなのよ」

先日の一件があり、浩二は期待してしまう……。

何かこう、エッチなことができるのでないないかという期待感に包まれるのであった……。

「まずはシャワーを浴びましょうか? 私が先に浴びるわね」

と、麗禾が言い、颯爽とシャワーに消えていった。

すると、残された浩二と綾子は、ちょこんとベッドに座り、向かい合わせに座り合った……。

「何か、変な展開になってしまいましたね?」

と、綾子。

それを受け浩二も応える。

「うん、まさか三人で一部屋とはね」「

「伊藤さん、松本さんと何かあったんですね?」

図星を突かれ、浩二は固まってしまう。

事実、何かあったのだから、否定はできない。

彼が黙り込んでいると、綾子は続けて言った。

「もしかして、松本さんとセックスしたんじゃないですか?」

ぐぅの音も出ない。

焦った浩二は、何とか紛らわそうとするが、無駄であった。

既に、綾子は完全に見抜いているのである……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました