Suisui-Tadpoles

連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第5回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第5回 欲望の赴くままに、浩二は手を伸ばした……。 そして、ショートパンツの上から秘部を探る。 すると――、 「んぁ」 と、艶のある声を麗禾があげたのである……。 それは熱情的...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第4回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第4回 「寝ましょうか」 二人はベッドに入った。 シングルサイズのベッドだから、かなり密着してしまう。 マットレスの軋む音が、キィキィと聞こえる。 (参ったな。これじゃ眠れないや) ...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第3回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第3回 ゴクリと、彼女の咽頭を駆け巡る音が聞こえていく。 その様子を、茫然としながら浩二は見つめていた。 嬉しい気持ちもあるのだが、恥ずかしさもある。 不思議な感覚であった。 しばら...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第2回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第2回 浩二は、麗禾のカラダを思い描きながら、せっせと手淫に励んだ。 途端、バスルームのトビラがガラッと開いた。 「伊藤君、背中流してあげようか?」 と、意気揚々と麗禾が入ってきたのである...
連載官能小説

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第1回

連載官能小説 『魅惑の終電逃し』第1回 とある調理器具メーカーに勤めている、伊藤浩二は、間近に迫る新商品の発表会に向けて、着々と準備をしていた。 勤続十年。 大学を卒業してから、この世界に入ったから、今年で三十二歳になるの...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第125回『とろめき混浴マンション』

官能小説レビュー 第125回『とろめき混浴マンション』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、マンションにある混浴温泉が舞台の、官能小説をご紹介。 その名は、 「とろめき混浴マンション...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第130回『松坂季実子』

古き良きAV女優 第130回『松坂季実子』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、1990年代初頭に活躍したAV女優をご紹介。 その名は、 「松坂季実子」 です。 ...
官能小説レビュー

官能小説レビュー 第124回『欲情ハーレム病棟』

官能小説レビュー 第124回『欲情ハーレム病棟』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、エッチな看護婦たちとの情交をテーマにした官能小説をご紹介。 その名は、 「欲情ハーレム病棟」 ...
古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第129回『森下くるみ』

古き良きAV女優 第129回『森下くるみ』 画像引用元: こんにちは、蛞睡々です。 今回は、伝説的なロリータ系AV女優をご紹介します。 その名は、 「森下くるみ」 です。 ...
官能小説家の日常

重要なお知らせ

こんにちは、蛞睡々です。 今回、重要なお知らせがあります。 これまで、官能小説を毎日投稿していましたが、本業が忙しくなり、執筆時間がなかなか取れなくなりました。 そこで、今後は、出来上がった作品から不定期に掲載していく形に...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました