告白手記

告白手記

告白手記『欲情する団地妻』最終回

告白手記『欲情する団地妻』最終回 ずぶずぶといきり立ったペニスが埋没していきます。 洋子さんの膣内は、蕩けるほどしっとりとしており、それでいて熱を帯びています。 私は久しぶりに感じる膣内の感触に、大きな悦びを覚えました。 ...
告白手記

告白手記『欲情する団地妻』第2回

告白手記『欲情する団地妻』第2回 私は、洋子さんの着用しているスリップを脱がしました。 素材はシルクでしょうか? 肌触りがものすごくよく、蕩けてしまいそうです。 スリップの下は、白のセットアップのショーツとブラを着用して...
告白手記

告白手記『欲情する団地妻』第1話

告白手記『欲情する団地妻』第1話 私は、とある市営の団地で暮らしています……。 その団地は、結構近所付き合いが深く、昔ながらの人間関係が形成されているのです……。 私は、市内の企業で働く、極々普通のサラリーマン。 年は今...
告白手記

告白手記『ピザを注文する美熟女』最終回

告白手記『ピザを注文する美熟女』最終回 その日のアルバイトは、エッチなことが頭をよぎって、なかなか仕事に集中できませんでした。 あの日中の体験が、素晴らしすぎて、早く静香さんに会いたくなるのです。 ようやく仕事を終えると、僕は...
告白手記

告白手記『ピザを注文する美熟女』第2回

告白手記『ピザを注文する美熟女』第2回 昨日行っているので、道には迷いません……。 彼女の家に行くと、セクシーな格好をしている静香さんが出迎えてくれました。 今日の服装は、黒のニットに、ボトムスはミントグリーンのミニスカートで...
告白手記

告白手記『ピザを注文する美熟女』第1回

告白手記『ピザを注文する美熟女』第1回 僕はとある商社に勤める三十歳の男性です。 仕事も一通り覚えて、ようやく会社の戦力になりつつあります。 現在、彼女はいませんが、それなりに生活は充実しており、満足かなぁという感じです。 ...
告白手記

告白手記『家庭教師』最終回

告白手記『家庭教師』最終回 「先生、しゃぶってください」 「で、でも……、そんな」 優希君のおちん×んは、逞しい牡の性臭を感じさせます。 栗の花というか、とにかく興奮を誘う香りなのです。 こんな匂いを嗅いでしまうと...
告白手記

告白手記『家庭教師』第2回

告白手記『家庭教師』第2回 ある日の授業が終わり――。 「冴子先生、今日はパンツを見せてほしいです」 と、授業が終わるなり、優希君は言いました。 あまりの発言に、私は言葉を失ってしまいます。 「下着を見たいの?」 ...
告白手記

告白手記『家庭教師』第1回

告白手記『家庭教師』第1回 私は、いわゆるブラック企業に勤めていたのですが、精神を病んでしまったため、退職しました。 無職になった私を待っていたのは、家庭教師という仕事でした。 仕事を辞めてから最初の数週間は、リラックスしてす...
告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回

告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回 僕は、桜さんのおま×こに顔を近づける……。 初めて、生のあそこの匂いを嗅ぐ。 一体、どんなニオイがするんだろう? 鼻を膣口に近づけると、ツンとした香りが鼻を突いた。 リコッタ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました