告白手記

告白手記

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』最終回 

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』最終回  すると、ツンとする性臭が漂ってくるのがわかります。 熟れた果物のような匂いとでも言えばいいのでしょうか。 馨しい芳香であると感じました。 私は舌先をペロッと出すと、秘部を舐め回...
告白手記

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』第2回

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』第2回 話を聞くと、麻理恵さんは処女のようでした。 同時に、処女だから彼氏ができないと悩んでいるのでした。 処女が重たいと感じる男性がいるのは事実です。 しかし、それはあまり多くないでし...
告白手記

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』第1回

告白手記『鉄道オタクの女性の願い』第1回 私は、雪国にある駅の駅員をしています……。 かなり田舎にある駅なので、仕事内容は単調です。 駅員の仕事は、いつかありますが、一番有名なとこでいうと、ホーム業務でしょう。 これは、...
告白手記

告白手記『美少女の秘密』最終回 

告白手記『美少女の秘密』最終回  ただ、決して不快な匂いではありませんでした。 生々しい女の香りは、私を強く興奮させていくのです。 「ねぇ、気持ちいいの?」 と、私は尋ねました。 由美さんを見る限り、感じている様子...
告白手記

告白手記『美少女の秘密』第2回

告白手記『美少女の秘密』第2回 再び、悪魔の囁きが脳内に響き渡りました。 それは、この写真を使って、由美さんをいいように弄べないかということでした。 そんなことはしてはならない。 そもそも、自分がした行為は盗撮です……。...
告白手記

告白手記『美少女の秘密』第1回

告白手記『美少女の秘密』第1回 ある冬の夕暮れ――。 私は仕事を終えて、駅のホームで帰りの電車を待っていました。 私が住むのは、都心から少し離れた地方都市で、まずまず暮らしやすいです。 学生時代は、東京の大学に通っていま...
告白手記

告白手記『同級生 今は人妻……』最終回

告白手記『同級生 今は人妻……』最終回 クリトリスを指で刺激しながら、さらに膣内を掻き回していきます。 止めどなく淫蜜が噴き出してきて、指先を濡らしていきます。 私はそこで、膣口に顔を近づけていきました。 舐めてやろうと...
告白手記

告白手記『同級生 いまは人妻……』第2回

告白手記『同級生 いまは人妻……』第2回 話しを聞くと、どうやら彼女の夫は浮気をしているらしいのです。 また、結婚して二年と、まだそれほど経っていないのですが、既にセックスレス状態になっているのだとか。 こんなにも美しい女性を...
告白手記

告白手記『同級生 今は人妻……』第1回

告白手記『同級生 今は人妻……』第1回 私は、都内のとある貿易会社で働く三十五歳の男性です。 大学進学を機に、上京して、そのまま都内の企業に就職しました。 既に、十年以上勤めているので、それなりに戦力になっていると自負していま...
告白手記

告白手記『温泉宿の思い出』最終回

告白手記『温泉宿の思い出』最終回 正直、私はどうしていいのかわかりませんでした。 混乱する頭で、ただ立ち尽くしたのです……。 難波先生曰く、自分のオナニーを見たのだから、あなたもオナニーをするのが筋、という話なのです。 ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました