告白手記

告白手記

告白手記『ピザを注文する美熟女』第1回

告白手記『ピザを注文する美熟女』第1回 僕はとある商社に勤める三十歳の男性です。 仕事も一通り覚えて、ようやく会社の戦力になりつつあります。 現在、彼女はいませんが、それなりに生活は充実しており、満足かなぁという感じです。 ...
告白手記

告白手記『家庭教師』最終回

告白手記『家庭教師』最終回 「先生、しゃぶってください」 「で、でも……、そんな」 優希君のおちん×んは、逞しい牡の性臭を感じさせます。 栗の花というか、とにかく興奮を誘う香りなのです。 こんな匂いを嗅いでしまうと...
告白手記

告白手記『家庭教師』第2回

告白手記『家庭教師』第2回 ある日の授業が終わり――。 「冴子先生、今日はパンツを見せてほしいです」 と、授業が終わるなり、優希君は言いました。 あまりの発言に、私は言葉を失ってしまいます。 「下着を見たいの?」 ...
告白手記

告白手記『家庭教師』第1回

告白手記『家庭教師』第1回 私は、いわゆるブラック企業に勤めていたのですが、精神を病んでしまったため、退職しました。 無職になった私を待っていたのは、家庭教師という仕事でした。 仕事を辞めてから最初の数週間は、リラックスしてす...
告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回

告白手記『カフェオーナーの秘密』最終回 僕は、桜さんのおま×こに顔を近づける……。 初めて、生のあそこの匂いを嗅ぐ。 一体、どんなニオイがするんだろう? 鼻を膣口に近づけると、ツンとした香りが鼻を突いた。 リコッタ...
告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』第2回

告白手記『カフェオーナーの秘密』第2回 初めてのフェラチオは、どこまでも僕を気持ちよくしてくれる。 こんなにも気持ちいい体験があるのだと、感慨深くなるのである。 「んぉ、桜さんの口の中、温かくて、ヌメヌメして気持ちいいです」 ...
告白手記

告白手記『カフェオーナーの秘密』第1回

告白手記『カフェオーナーの秘密』第1回 僕は、とある喫茶店でアルバイトをしている。 そのお店は、決して繁盛しているわけではないから、アルバイト代は安い。 だけど……。 僕がその店で働く理由はただ一つ。 その理由とは...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』最終回

告白手記『アナルプレイ』最終回 「ふぁん……、あぁん、感じすぎちゃう……」 「瑞希、クリが大きくなってきたよ」 「雄介君。ダメ、イッちゃう。このままだと」 「お尻とおま×こ、どっちでイキそうなのかな?」 「んんぁ、...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』第2回

告白手記『アナルプレイ』第2回 「瑞希のお尻の穴、どんどん広がっていくよ。それに、締め付けも凄い感じだ」 「んんぁ、お尻が広がっちゃう……、指でズボズボされるて、感じちゃってるのぉ」 「二本くらい指は入るかな? やってみてもい...
告白手記

告白手記『アナルプレイ』第1回

告白手記『アナルプレイ』第1回 私には、付き合って一年の彼氏がいます。 今のところ交際は順調です。 ただ、彼氏の雄介君は、少し変化が欲しいようでした。 変化と言っても、よくわからないと思いますが、実は雄介君はエッチなこと...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました