告白手記

告白手記

告白手記『飲み会の帰りに』第1回

告白手記『飲み会の帰りに』第1回 私はとあるデザイン事務所で、デザイナーとして働いています。 今年三十歳になり、ようやく仕事でも戦力になりつつあるのです。 とはいっても、まだまだ精進が必要です。 決して、仕事ができるわけ...
告白手記

告白手記『デッサンモデル』最終回

告白手記『デッサンモデル』最終回 僕の問いかけに、玲子さんは迷っているようでした。 しかし、意を決したように、 「してもいいけど、誰にも言っちゃダメよ」 「もちろんです。二人だけの秘密です」 「それなら……。そした...
告白手記

告白手記『デッサンモデル』第2回

告白手記『デッサンモデル』第2回 僕は童貞です。 そして、心のどこかで玲子さんに憧れを抱いてきました。 その欲望が、今一気に爆発し、僕を包み込んでいくのです。 「和樹君。止めて、お願いだから」 「玲子さん。玲子さん...
告白手記

告白手記『デッサンモデル』第1回

告白手記『デッサンモデル』第1回 僕は服飾関係の学校に通う専門学生。 今、二十歳です。 僕は今、大いなる一歩を踏み出そうとしています。 それは、絵のモデルを頼むのです。 なぜ、絵のモデルを探しているのかというと、フ...
告白手記

告白手記『奥さんに首ったけ』最終回

告白手記『奥さんに首ったけ』最終回 「あの、小夜子さん、一ついいですか?」 陰部を手で擦り上げていくと、たっぷりと淫蜜があふれてきて、指先をしっとりと濡らす。 「何かしら?」 「おま×こ舐めたいんです。舐めてもいいですか...
告白手記

告白手記『奥さんに首ったけ』第2回

告白手記『奥さんに首ったけ』第2回 「あ、あの、小夜子さん、こんなんじゃ、満足できません」 「え?」 俺の唐突な問いかけに、小夜子さんは驚いたようだった。 「俺、小夜子さんとエッチしたいです」 「優希君、私なんてオ...
告白手記

告白手記『奥さんに首ったけ』第1回

告白手記『奥さんに首ったけ』第1回 大学生の俺には、古くから付き合いのあるお隣さんがいる。 芹沢小夜子さん。 それがお隣さんの名前だ。 実は、俺の母さんの高校時代の後輩らしく、とても仲がいい。 小夜子さんは結婚して...
告白手記

告白手記『隣人の美熟女』最終回

告白手記『隣人の美熟女』最終回 佐々木さんは、そう言うと、僕のペニスを握りしめ、優しいタッチで上下に扱き始めました。 「ん、くぅ、うぁ」 堪らない快感が降り注いできます。 これまで、性処理といったら、自慰行為しかありませ...
告白手記

告白手記『隣人の美熟女』第2回

告白手記『隣人の美熟女』第2回 佐々木さんは、挑発的な下着を身につけています。 その淫らな格好を見ていると、僕のペニスもますます大きくなっていくのでした。 「じゃあ、下着、脱いであげるね」 「はい。ホントなんですか?」 ...
告白手記

告白手記『隣人の美熟女』第1回

告白手記『隣人の美熟女』第1回 僕は大学生になり、一人暮らしを始めました。 その時の、思い出があるのでここでお話しします。 普通の二階建てのアパートで暮らしていて、引っ越しの際に、隣の住民に挨拶に行きました。 その時出て...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました